スポンサーリンク

吉田豪と古森結衣 NGT48問題を語る

吉田豪と古森結衣 HKT48時代を振り返る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

元HKT48の古森結衣さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんとNGT48問題について話していました。

(古森結衣)いやー、でもちょっと夢を持った人たちが悲しい思いをする世界は本当に嫌だなって。いまのこの事件とかを見ていても思いますね。なにが本当かわからないけど。

(吉田豪)AKSとは接点はあったんですか? 当時。

(古森結衣)AKS……うーん、誰がAKSか全然知らないんですよ。

(吉田豪)そもそも大人はよくわからない?

(古森結衣)わからない。マネージャーはみんなAKSですか?

(吉田豪)わかんない。

(古森結衣)わかんないんですよ。

(吉田豪)HKTがどうなっているのか、僕もよくわからない。

(古森結衣)HKTはでもAKSですよね、たしか。AKSからたぶんお給料は発生していたと思うんですけども。なにひとつわかんないです。でも、何人か……舞台監督さんとかはすごいよくしてくださっていましたけど。他は知らないです。

(吉田豪)フハハハハハハッ! まあね。会いもしないし。

(古森結衣)みんな怖いなって思っていました。「大きい大人が怖いな」みたいな。本当に初期だし、端くれメンバーだし、みたいな。仕事もそんな、売れている子たちの方が撮影あったし、みたいな。その時はそんな格差とか気にならなかったですけども。

(吉田豪)まだ格差もそんなにできてない時だったわけですよね。

(古森結衣)そうなんですよ。だけど、途中からラジオとかが始まって、毎回呼ばれるメンバーとか。それこそ本当に劇場公演引きこもりメンバーとか。そういうので気づきましたね。「ああ、こうやって分かれていくんだな」っていうのは。

(吉田豪)まあね。そりゃあ揉めますよ。そりゃあ揉めるでしょう。

(古森結衣)そうなんですよ。結構、そうなんですよね。

(吉田豪)ねえ。僕の大好きな話があるんですよ。1個。この騒動の時にもとある番組で1回、言っちゃいましたけども。某NGTメンバーから聞いた話。握手会の時に……っていうね。

(古森結衣)あらっ! 出た、その話。大好きです、その話!

(吉田豪)いい話ですよね。最高ですよね!

(古森結衣)これ、いい話ですよ!

(吉田豪)握手会の時、握手会でファンに嫌なことを言われて、控室に戻ってきたら、その時間に戻ると思っていなかった他のメンバーが、なぜか彼女のカバンを漁って、彼女の財布を漁って、給与明細をチェックしていたっていう(笑)。

(古森結衣)マジでヤバい! この話、マジでヤバいって!

(吉田豪)マジでヤバいですよね?

(古森結衣)めっちゃ好きですもん。この話。

(吉田豪)たしか、前に一緒にイベントした時に言ったんですよね? 実名で(笑)。

(古森結衣)そう。それをお聞きして。だからその子のこと、めっちゃ好きになっちゃって(笑)。Twitterでフォローしましたもん(笑)。ただのファンになっちゃった。

スポンサーリンク

NGT48の特色

(吉田豪)そう。いい話でね。でもそれぐらいたぶん、推しメン、推されメンの金銭的な差みたいなものが他のメンバーはすごい気になっていたらしくて。

(古森結衣)まあ、気になるんでしょうね。でも、その子は本当に特に売れているじゃないですか。だから気になるだろうけど……。

(吉田豪)でもね、それこそHKTみたいに本人に直接「給料、いくら?」って聞けるぐらいの関係ならいいんだけど……。

(古森結衣)そうなんですよ。だからそういうところで結構お察し……っていう感じですよね。NGTって。

(吉田豪)フハハハハハハッ!

(古森結衣)あ、言っちゃった(笑)。

(吉田豪)大丈夫ですよ。問題ないですよ(笑)。

(古森結衣)本当、当時私たちは聞けていたし。なんなら、みんな紙で(明細を)もらっていたんですけど。普通にロッカーとかに置いていたんですよ。だからたぶん見えてましたね。

(吉田豪)へー。

(古森結衣)なんかプラスでバックダンサー代みたいなのが入っている子とかもいたし。そのチームに入っていたけど、チームでユニット曲にバックダンサーで出て、自分のユニット曲にも出たら、プラスで入っていた時もあったし。自分も。だからそんなにあれだったですけどもね。

(吉田豪)たぶんそれほど金銭的な差もついていない時代だったから、たぶん他のテレビだなんだっていう大きな仕事の差とかがないっていう。

(古森結衣)なかったですね。いやー、大変だな、女の子。なんかそれこそ、いまの騒動を見ていて思うんですけども。本当に「女の子が集まっちゃったな」っていう印象です。

(吉田豪)そうですね。思います。

(古森結衣)サバサバした子がいないんだろうなって。本当にちょっとネチネチしていたんだろうなっていうのは思いますね。

(吉田豪)ある、元48のメンバーに聞いたんですよ。いろんな各グループの印象を聞いたら、SKEは体育会系。HKTはロリ。そしてNGTは陰湿って言っていて(笑)。

(古森結衣)ヤベえ!(笑)。それ、言われちゃうグループ、普通にヤベえよ!

(吉田豪)フフフ、中からはそんな印象なんだ!っていう(笑)。

(古森結衣)ヤバい! そんな、できてまだそんなじゃないですか。ヤバいですね。っていうか、運営が悪いと思うんだけどな。私、本当に。心底。

(吉田豪)本当にそう思います。

(古森結衣)育て方ですよね。

(吉田豪)まあ、野放しだったって聞きますね。

(古森結衣)本当にヤバいな。そりゃあ、ああなるよ。

(吉田豪)競争が激しいグループで野放しにしたら、たぶんいい方向には行かないと思うんですよ。

(古森結衣)絶対にそうですよ。バチバチの……。

(吉田豪)それがたぶん体育会系の感じでうまくやったりとか、いろんなことによってそれがたぶんうまいこと競争になったりもするけども。

(古森結衣)うんうん。ちょっとヤバいっす。

(吉田豪)ヤバいと思った。

(古森結衣)だってニュースの速報ですよ? びっくりしましたもん。いやー、大変だったろうな。

(吉田豪)うんうん。やっぱりいいですね。この経験者が、本当に一般視聴者の視点で……っていう(笑)。

(古森結衣)いや、本当にそうなんですよね。第三者の目でしか見れなくて。

(吉田豪)いいです、いいです。このスタンスでの話が聞きたいっていう。

(古森結衣)いや、でも大変だな。

(吉田豪)単純にそんな感じですか? 本当に見ていると。自分の古巣の姉妹グループではあるけども……。

(古森結衣)でも、あそこまでよくわかんないと……「みんな、真実を言ってくれ!」って思いますね。どれが真実かはわからないですけども。

(吉田豪)僕もね、面識のあるメンバーに聞いても、「本当になにが本当だかわからない」っていう言い方をする人が多くて。内部でも情報が錯綜しているっていう。

(古森結衣)どうにもならないですもんね。それだと、本当に。

(吉田豪)本当にどうにもならない。僕は本当、運営が全部出すべきだと思っていて。

(古森結衣)本当にそうですよ。なんで出さないんだろう? だからこんなに時間がかかって、責められる子が責められて。

スポンサーリンク

厄介オタ問題

(吉田豪)あと、厄介オタ問題っていうのが今回、すごいクローズアップされているわけじゃないですか。当時HKTにはそんなにそれはなかった?

(古森結衣)でもなんかたぶん、数人いたと思うんですけども。若い子たちが。

(吉田豪)つながろうとするタイプが。

(古森結衣)それこそその人たちがそうだった。

(吉田豪)はいはい。辞めさせられるきっかけになった人っていうのも。

吉田豪と古森結衣 HKT48脱退の経緯を振り返る
元HKT48の古森結衣さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんとHKT48を脱退することになった経緯を振り返っていました。

(古森結衣)あの人たち、いましたね。いま、何してんだろう?って思うけど。

(吉田豪)まだどこかで厄介オタ活動をしているのか。

(古森結衣)気をつけてくださいね、アイドルのみなさん。

(吉田豪)フフフ(笑)。

(古森結衣)巻き込まれないように。でも、それこそホテルにいたことはありますよ。違う階ですけど。「えっ、見たことあるよね?」みたいな。

(吉田豪)要は違う階にその人たちも泊まっていたっていう?

(古森結衣)たぶんそうだと思います。で、部屋に何回か電話が来たっていうメンバーがいたのは覚えています。

(吉田豪)おおう! そうか。内部だったら電話ができちゃうのか。

(古森結衣)そうなんですよ。だって、マネージャーさんかもしれないし。フロントかもしれないし。それで出たら、叫ばれたみたいなのは当時ありましたね。正直。でも、そこからホテルは変わったんですよ。握手会に行く時の。

(吉田豪)ああ、ちゃんと対策はしてくれた。

(古森結衣)してましたね。懐かしいですけども。

(吉田豪)本当、AKBの登場によって文化が変わったと思っていて。それまでの昭和のアイドルってファンはもうちょっとピュアっていうか。「アイドルと結婚したい」ぐらいの感覚っていうか。「つながりたい」っていう欲はそんなに見えなかった気がするんですよ。

(古森結衣)なるほど。

(吉田豪)もうちょっとそれが、僕の周りのオタの友達が言っていたのは、AKBが衝撃だったのはファンが本当に「付き合える」と思って来る人っていうのが一気にあそこから増えて。ファンもそれで一気に若返ったし。握手会の直前にみんなが髪の毛を整えて、いい匂いをさせて……みたいな。それはそれまでのオタクの文化にはなかったんですよ。それまではそんなお金を使うぐらいなら、グッズを買ったりとか。

(古森結衣)うんうん。CDを買ったり。

(吉田豪)そういうことをしないっていう、身なりに気を使わない人が多かったのが、身なりをすごい気にする、そんな格好でなんなら近付こうとするオタっていうのがあそこで一気に増えたっていう。それはプラスでもあり、マイナスでもあった。

(古森結衣)うんうん。

(吉田豪)だから、あからさまにビジュアル的にヤバいオタは減ったっていうプラスはあったけど、他の問題は出たっていうことですね。

(古森結衣)その他の問題っていうのの方がデカい気がするけどなって思いますよ。だからこうなっちゃったみたいな。

(吉田豪)そうそうそう。

(古森結衣)うわー、でもそう考えると、そうなんですね。たしかに。

(吉田豪)それは思う。明らかにあそこで時代が変わって。それ以前は本当におニャン子からずっと続けているオタが中心だったんですよ。だから30代、40代が現場でまだがんばっていて。「これは未来がないな」ってたまに現場に行って思っていたんですよ。それがAKBきっかけで一気にファン層が若返って。「ああ、これはAKBに感謝だ」ぐらいに思っていたんですよ。正直、AKBは全然興味がなかったけど、ジャンルとしてファンを増やしてくれて感謝っていう。若いファンがいないと現場に元気がないですからね。

(古森結衣)ああ、そうですね。活気がありますもんね。たしかに。でも、それはそうかもしれないですね。HKTは大学生が多かったですね。たぶん。当時は。それこそ劇場公演が1000円とかの時代だったんで。安かった。でも、それでも当時、埋まってなかったですよ。だからそういう人たちが来てくれて、増えていったんですけども。そうか。そうなんですね。

(吉田豪)だから痛し痒しなんですよ。

(古森結衣)うん。ちょっと難しい問題なんですね。

タイトルとURLをコピーしました