スポンサーリンク
スポンサーリンク

PUNPEEとGO a.k.a. 男澤魔術『大峠』を語る

PUNPEEとGO a.k.a. 男澤魔術『大峠』を語る SOFA KING FRIDAY
スポンサーリンク

GO a.k.a. 男澤魔術さん、nozle graphics a.k.a TSUNEさんがJ-WAVE『SOFA KING FRIDAY』に出演。D.L.さんに捧げた楽曲『大峠』について話していました。

(PUNPEE)というわけで突然、ゲストの方がやってまいりました。Who is he?

(GO)あ、どうも。こんばんは。GOでーす。

(PUNPEE)そして……?

(GO)と、TSUNEね(笑)。

(PUNPEE)フハハハハッハハッ! TSUNEさんはもう1回出ているんで。突然、どうも。

(GO)ごめんね、急に(笑)。

(PUNPEE)というわけで今日はなにかを持ってきてもらったという感じなんですか? わかんないですけど。

(GO)新しい曲ができて、それをなんか聞いてもらいたくて来たっていう感じ。

(PUNPEE)ヤバいっすね。ええと、発売しているというか発信元は黄金の里っていうレーベルなんですけど、これはTSUNEさんのレーベルっていうことなんですか?

(TSUNE)いや、俺のレーベルじゃなくてGOさんが立ち上げた……。

(PUNPEE)ああ、そうなんですか。

(GO)TSUNEと俺とKASHI DA HANDSOMEっていう。

(PUNPEE)FLICKの。

(GO)そう。俺の相棒。その3人でなんかやりたいことを勝手にやっていこうよっつって始めたんだけど、とりあえず作品を出しているのはいま、自分だけっていう。

(PUNPEE)フハハハハッハハッ! ここからTSUNEさんがなんか出しているとか、そういうわけじゃない?

(TSUNE)ではない。

(PUNPEE)で、届いたのですが、これタイトルがGO氏 a.k.a. 男澤魔術 feat. CQさん、GOCCHIさん、KASHI DA HANDSOME氏、そしてD.L.さんと書いてあるのですが……これはすごいですね。EL DORADOですね。

(GO)そうそう。

(PUNPEE)はっ、ええっ? 『大峠』っていうタイトルなんですけどもこれは……新曲っていうこと? みんな新しく録ったっていう感じなんですか?

(GO)そう、簡単に言うと最初に俺が『大峠』って……DEV LARGEって「大峠雷音」っていう名前でやっていたんだけど。

(PUNPEE)そうですね。a.k.aで。

(GO)『大峠』っていう曲をCQとGOCCHIとKASHIと4人でやって。まあ、DEV LARGEが亡くなってからDEV LARGEに対しての気持ちとかそういうものを全く曲にして整理もしていなかったから。まあ、突然死んですぐにそういうことをやるのも俺、あんまり好きじゃなくて。誰か勝手にやるだろうなって思っていたんだけど結局誰もやらないし。じゃあまあ、俺は自分の気持ちもあるし、やろうかなっていう風に思って。で、スタジオに入って。

(PUNPEE)じゃあこれはD.L.さん以外、DEV LARGE氏以外は亡くなった後に録ったっていう?

(GO)そう。この間っていうか去年に録ったんだけど。で、やっている間にTSUNEが「D.L.のバースを入れたい」っていう風に言い出して。

(PUNPEE)これは生前に録った、出てないバースっていうことなんですか?

(GO)そうそう。EL DORADOでみんなでもう1回集まって曲をやろうよって。TSUNEとD.L.が旗振り役になって俺らが集められて。

(PUNPEE)それは何年ぐらいですか?

(GO)何年だっけ?

(TSUNE)2004年?

(GO)ぐらいか。

(PUNPEE)はー。に、録ったぐらいのバースっていう?

(GO)そうそう。で、みんなその頃、全部バースも録り終えて実はあるんだけど、それを当時のD.L.のところはそのままで入れて完成させたら、ちょうど聞いてくれればわかるんだけど、GOCCHIが言っている部分とCQが言っている部分、そこの間にD.L.を入れるといいよねっていう風にTSUNEの方から言われて。

(PUNPEE)ああ、そのバースをハメたらしっくりと来たっていうか、意味が持たされたっていうか? へー。ああ、すごいっすね。じゃあ結局、すごい貴重なこれはバース。そして新しいバースも聞けるっていう?

(GO)そうだね。図らずもっていうか(笑)。

(TSUNE)想定してなかったというか。ハマりそうだなって思ったらBPMも全くドンピシャ一緒で。

(PUNPEE)へー! そのアカペラっていうかそのBPMが。

(TSUNE)そう。あれ?って思って。

(PUNPEE)これはじゃあ、新しくいつリリースっていう感じなんですか?

(GO)もう今日だね。

(PUNPEE)フフフ、今日この後っていうことですか?

(GO)いや、もう売ってる。

(PUNPEE)あ、売ってるんですか? えっ、告知とか……。

(TSUNE)3月1日発売だよね。だから。

(PUNPEE)じゃあ、もう日付をまたいで出たばっかりみたいな。全く告知がされていないっていう(笑)。

(一同)(笑)

(PUNPEE)まあ、らしいと言えばらしいけど……(笑)。

(GO)いや、ドサ回りでいろいろと持っていって……みたいな(笑)。

(PUNPEE)マジっすか? で、これを今回、かけてもいいという感じなんすかね?

(GO)うん。もしよかったら。

(PUNPEE)はい。じゃあかけさせていただきます。じゃあ、俺から紹介するのはあれなので、GOさんから紹介してもらってもいいですか?

(GO)じゃあ、聞いてください。GO a.k.a. 男澤魔術 feat. CQ, D.L., GOCCHI, KASHI DA HANDSOMEで『大峠』。

GO a.k.a. 男澤魔術 feat. CQ, D.L., GOCCHI, KASHI DA HANDSOME『大峠』

(PUNPEE)たしかに、そう。いまGOさん、言ったら『人間発電所』思い出しました。メロウだけど全然ラップでスピットしている、殺しに行く的な感じの美学っていうのはDEV LARGEさん、なんか言っていたような気がしているから。これはたしかに感謝的な意味ではこういう形がいちばんベストな……。

(GO)たぶんご本人がいちばん「うん、うん!」って喜んでくれるっていうか、まあ俺なりに歳を取ったからやっとそういう、なんて言うかな。素直になれるっていうか。お礼が言える歳になったかなって。

(PUNPEE)でもそのお礼の仕方っていうのはすごいしっくり来るっていうか。

(GO)これがその全員でぶっ殺しに行こうみたいなあれだったから。まあ、そういうのが好きな人だったからね。すげーかっこよくて。みんなラップが。

(PUNPEE)じゃあ、気合いが入るんじゃないですか。やっぱり。すごいっす。これはじゃあ、もう今日からネットでカートに入れられるというか?

(GO)CD屋さんでは買えないです。これは。

(PUNPEE)CD屋さんでは買えない。黄金の里で?

(GO)黄金の里のオフィシャルWEBでのみ発売。今ん所。

(PUNPEE)それはじゃあ、自分がこの放送の後にリツイートしたりするので。アカウントはじゃあ「ogonnosato」とかですか?

(GO)ショップは「https://o-gon.com/」っていう。

(PUNPEE)フフフ、それでよくドメイン取れましたね。そんなシンプルなので(笑)。だいたシンプルなのだと後に「03○○」とか。

(GO)っていう風に行くんだけど、なんか空いていたね。これもまたなんかのあれなのかな?(笑)。

(PUNPEE)そこで購入できるそうなので。気になった方はチェックしてみてはと思います。というわけで『SOFA KING FRIDAY』Vol. 48。今回もこれにて閉幕となります。最後にその『大峠』のもう片面の『魔術の休日』。GO a.k.a男澤魔術氏の曲をかけて終了しようと思います。あなたの親愛なる隣人の凡人、板橋区のダメ兄貴がナビゲートさせていただきました『SOFA KING FRIDAY』、来週も適度によろしくお願いいたします。さよなら、さよなら、さよなら……。

GO a.k.a男澤魔術『魔術の休日』

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SOFA KING FRIDAY
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました