スポンサーリンク

PUNPEE 池袋BEDの思い出を語る

PUNPEE 池袋BEDの思い出を語る SOFA KING FRIDAY
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PUNPEEさんがJ-WAVE『SOFA KING FRIDAY』の中で閉店が決まったクラブ・池袋BEDの思い出を話していました。

(PUNPEE)お送りしたのはジュースワールドで『Lucid Dreams』でした。

先日、久しぶりに『レオン』を見ていた時に、スティングの『Shape Of My Heart』がかかっているっていうか、それを聞きたくなって。で、それをサンプリングしたこの曲をなんとなくかけさせていただきました。去年の5月らへんにリリースされた曲で、すごいですね。再生回数を見たらもう3億回ぐらい行っていて。なんかその若手の人が昔のぐっとくるサンプルをサンプリングすると、すごいやっぱり上がるっていうか。あのSmoke DZAがスカーフェイスの『Guess Who’s Back』のネタをサンプリングしていた時も結構上がりました。

はい。というわけで、かけさせていただきました。メッセージを読みます。ふじみ野市の男性の方。「PUNPEEさん、こんばんは。寒い日が続きますね。池袋BEDが22年の長い歴史に終わりを迎えるということで驚いています。PUNPEEさんは2006年のUMB東京大会やDJなどで過去に池袋BEDに何度も出演されているとのことですが、思い出話があったら聞かせてください。よろしくお願いいたします」。はい。UMB東京大会じゃないっすね。UMBはたしか恵比寿のみるくと新宿のロフトだった気がするんですけども。

自分が初めて出たMCバトル……2005年はたしかに池袋BEDでした。それはGUINNESSくんがたしかやっているですね、『TUFF CITY』っていうイベントで。その時に、もう体中震えながら緊張して出たのが最初のMCバトルで。いまでも憶えてるんですけど、TOMOHIさんっていう人と当たって。二回戦目にDEJIくんと当たって負けたっていう感じ。DEJIくんはもうその時、MCバトルでは有名だったんで。なんか「変な襟シャツ、着てんじゃねえ、このサル!」みたいな、自分なりに当時頑張ったラインで(笑)。2文字しか韻を踏んでないですけども。言ったらDEJIくんがその返しで「おっ、なんかこいつ、俺に勝とうとしてるぞ」みたいな感じで言ってきて。それが最初のMCバトルで。

BED、1月27日、明後日にまた板橋兄弟で出演する感じになったんですけど。言ったら『Refugee Market』っていうイベントは相当お世話になっていて。DownNorthCampですね。ISSUGIくん、仙人掌にあとはMONJUだったりとかYAHIKOくんだったりCENJUくんとかいるグループ。5lackもファーストの『MY SPACE』はそこから出していて。レコードを出す時はDOGEARで。いま、そこからKID FRESINO、佐々木とか出したりしているんですけども。

とにかくBEDは2006、7年ぐらいに出ていたDa.Me.Recordsがやっていた3 on 3のMCのバトルも出させてもらっていたし。はじめて、たぶんMONJUを見たのもそこのBEDだったっすね。で、『Refugee Market』に5lackが出るってなった時に「うおお、やべえ!」って。「DownNorthのボスがお前のことを気にしていたぞ」っていうのを5lackから聞いて、2人で舞い上がっちゃって……っていう記憶がありました。BEDは結構いろいろと思い出があるんですけど。なんか結構ハードコアな思い出が多めかもしんないですね。

なんだろうな。昔、PSGか5lackかな? なんかのイベントでライブしていた時に、持ち時間を過ぎちゃって。当時はライブって大体1組で15分ぐらいしかなかったから。それで持ち時間を過ぎちゃった時に……持ち時間をなんで過ぎちゃったのかっていうと、フリースタイルを始めちゃったんですよね。オープンマイクみたいなのを始めちゃったら、枠に入りきらなくて。時間の。次の出番のMCの人たちが怒って出てきちゃったんですよね。舞台に上がって。で、「おいっ! 長えよ!」って。で、マイクを持って、たぶんそれをラップで言ったみたいな。

そしたら、うちのメンバーがみんな結構「ああっ? おい!」みたいになっちゃって。で、「うわっ、ヤバッ!」みたいな。で、自分は結構……当時、何を考えていたのかよくわかんないですけど。結構笑いながら「フーッ!」みたいな感じでなっていたら、「おめえ、なんなんだよ?」みたいな。1人、こう殴りかかってきそうになって。それをメンバーが止めて。で、結構そこで落ち着いたりした感じだったんですけど。「これ、メンバーにこの先、活動していくあれで迷惑かけちゃうのもあれだな」って。で、「申し訳なかったです」って謝って帰った記憶があります。

その際はご迷惑をおかけして申し訳ございませんでしたって感じなんですけど。もうだいぶ昔の話なんですけど。ただ、最近は全然BEDに行くことができてなくて。もう2、3年ぐらい行ってないんじゃないかな? 『Refugee Market』自体がユニットに移っちゃったっていうのもあると思うんですけど。あまり行くイベントも、その知り合いだったりが出るイベントがなくなっちゃったりとかして。結構久しぶりにBEDに行くっていうことになるんですけど。

すごい人が入った『Refugee Market』があって。それはSWANKY SWIPEのBESくんと田我流氏。あとはNORIKIYOくん、MONJU、自分とかがDJで。なんだろう。当時、『CONCRETE GREEN』のちょっと後とかだったと思うんですけど、すげー盛り上がっていて。で、人がもう外で入場規制になっちゃって。中もすごくて。で、楽屋的な控え室みたいのなのがないから、演者もそこにずっといるしかないっていう場所。だから自分がDJ終わった後に、NORIKIYOくんのライブ中にもうステージから出れなくなっちゃって。「ヤバい!」っつって。

なんか早く飲み物飲みたいし。酒飲みたいし。ずっと裏にいるのもあれだなと思った時に、NORIKIYOくんのライブで盛り上がってた時にダイブしたんですよね。そのお客さんに向かってブワーッて。そしたら、うまい感じにダイブが成功して、お客が運んでくれて。ストンと降りたところがバーカウンターだったっていう、「BEDの一体感、すげえ!」っていう風になったその時の記憶とか、ありました。やっぱりでも、いろいろ記憶がありますね。もう何も考えないで酒もずっと飲んでたし。なんかかっこいいビデオとかDVDがスクリーンで流れたりとか。

で、人が入んないと、お客さんがあんまり入ってないと、真ん中に仕切りみたいなスクリーンが垂れてるんですけど。人が入ってくると、それを上に上がるんですよ。上にあがってフロアが解放されるっていうか広くなるっていう感じの。「あ、いま人、入ってきたな」みたいな感じにそこでなるっていう時の、なんかちょっとしたそのまだ平日とかにしかイベントやってなかった時の高揚感だったりとか。あとは「池袋BEDの妖精」って言われてる山ちゃんっていう人がいて。結構もう歳行ってるおっちゃん。でも、すごいみんなに愛されてる山ちゃんがいて。

山ちゃん、挨拶を……もう浮間公園っていう公園でスケボーを高校1年の時にしてた時から知ってるんですけど。いつも挨拶して「おう、おつかれ!」って言ってくれるんですけど、10何年間、自分の名前覚えてくれてなかったと思うんですけど(笑)。弟の名前とかは覚えてくれていると思うんだけど。今回も山ちゃん、久しぶりに会うことになるんですかね? 明後日、もし会えたら……っていう感じなんですけども。そんな感じのいろんな記憶があるBEDの最後の『Refugee Market』、BEDでやるっていう感じなんすかね。良ければお越しくださいませ。

自分は早い時間がいいな。やるんだったら。もうパッと終わらせて、そのへんで遊びたいっすね。というわけで、『SOFA KING FRIDAY Vol.43』、今回も退屈しのぎの退屈な30分間。あなたの親愛なる隣人の凡人、板橋区のダメ兄貴PUNPEEがお送りさせていただきました。最後はですね、どうしようかな? そしたらいろいろな記憶があるのですが、2011年の3.11の震災の後にですね、やった『Refugee』かな? 結構もうみんな大丈夫かな?ってなっていた『Refugee Market』がたしかあったと思うんですけど。そのDJの時にかけたのが、SWANKY SWIPEの『Bunks Marmalade』っていう曲で。

フックのフレーズに「余裕だぜ、じゃね、ホーミー」っていうところがあって。なんか結構この曲に救われたと言うか、「大丈夫、大丈夫。心配しなくても多分、大丈夫」みたいな感じなのをですね、かけながら自分で結構ハッと我に返った記憶があるので、最後にそれをかけて終わろうと思います。というわけで、今週もありがとうございました。さよなら、さよなら、さよなら……。

スポンサーリンク

SWANKY SWIPE『Bunks Marmalade』

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました