スポンサーリンク

5lackとPUNPEE 音楽制作機材を語る

5lackとPUNPEE リリックを書く/書かない問題とラップのトレンドを語る SOFA KING FRIDAY
スポンサーリンク
スポンサーリンク

5lackさんがJ-WAVE『SOFA KING FRIDAY』に出演。PUNPEEさんと音楽制作の機材などについて話していました。

View this post on Instagram

2018年。これで何度目だろうか、我々の日本にヒップホップのブームが再来している。実際、きっかけは何処にあったのだろうか。 歴史の更新と共に過去が埋れて行く最中、この男が約3年ぶりにアルバムを発表する。アルバム-KESHIKI-では、時代と共に変化していくラップやビートを 独自の解釈で優雅に乗りこなす5lackの奇才ぶりは 世界的に見ても新しく、どこか懐かしさや愛おしさすら感じられる とても不思議な作品だ。常に変化し続け、そして常に状況を変えてきた5lackの行動は、昔から何一つ変わっていないのかもしれない。MV発表曲を多数含めた極上の11曲。今作も勿論聴き逃す手は無い。 アーティスト: 5lack タイトル: KESHIKI レーベル : 高田音楽制作事務所 発売日 : 11月21日 (水) 価格: ¥2400(税込) 品番: TOSJ-020 Track List 1. Intro(KESHIKI)/Beat by 5lack 2. DNS/Beat by Fumitake Tamura 3. Twiligh Dive/Beat by 5lack 4. SITT/Beat by LISACHRIS 5. Turn/Beat by 5lack 6. CUS(Chois Ur Self)/Beat by 5lack 7. 影道 Feat.RUDEBWOY FACE/Beat by Budamunk 8. YES/Beat by 5lack 9. 24365 Feat.KOHH/Beat by 5lack 10.Last day/Beat by 5lack 11.進針/Beat by Howlin’ Bear Profile 5lack a.k.a 娯楽 (またはs.l.a.c.k.)。日本・東京出身のラッパー / トラックメイカー。実兄のPUNPEE、地元の先輩GAPPERと組むPSGの一員としても知られ、他にもBudaMunk、ISSUGIと結成したSick Teamに、Olive Oilとのユニット・5Oとしても活動する。ソロとしても、計5枚のアルバムの他に、EP / MIXCD / Free DL作品などを発表しており、野田洋次郎のソロプロジェクト・illion / DJ KRUSH / KOHH / Kojoe / RUDEBWOY FACEらとの共演作も発表している。また、2015年の年末から放送されている、NTTドコモによる2020年東京オリンピックのキャンペーンCM “Style ʼ20 “にも楽曲提供を行うなど、アンダーグラウンドな立ち位置はそのままに、活動の幅を広げ続けている。 今年に入ると2月に5Oとしての新作を発表し、3月に行われた恵比寿Liquid roomでのワンマンはチケット即完売。7月には新曲’ Twiligh Dive’を配信シングルとして発表すると同時に、これまで一部のみDL配信を行っていた過去作も一挙にDL & ストリーミングの解禁。その直後に行われた、Fuji Rock Festival 2018・RED MARQUEEでのライブは、豪雨の中にも関わらず、満員の会場で初出演とは思えぬ貫禄のライブを披露した。

@ 5lack6がシェアした投稿 –

(5lack)なんかさ、最近俺が機材を変えたりパソコン関係のシステムのインストールとか、そういうのでめっちゃ電話したり相談してたりしてんじゃん?

(PUNPEE)うん。電話かかってきたね。

(5lack)そうそう。で、すっげー大変で。本当に俺、RPGとかロールプレイングとかさ、全然進まなかったじゃん? ちっちゃい時から。

(PUNPEE)まあ、そこにあるMPCも説明書で苦戦して俺にくれたもんね。

(5lack)そうそうそう。

(PUNPEE)まあ、くれたっていうか買ったっていうか。

(5lack)フフフ、MPCなんて1ページ目の途中ぐらいで「もういいや」って思ったもんね。

(PUNPEE)うん。説明書はキツいね。誰かに教えてもらわないと難しいかもしれない。

(5lack)なんかいまならまあ、読めるけど。それにしても……めんどうくさ! みたいな。

(PUNPEE)でも、SPはよく使ったよね。そう考えると。

(5lack)まあ簡単だったから。でも結構パソコンもそういうインストールとか、意味がわかんなかったから。

(PUNPEE)やっていたね、最近。

(5lack)そんな最中、パソコンがめっちゃおかしくなっちゃって。起動しなくなっちゃってさ。で、いろんな業者に持っていったりとかした時、1回修理業者に見てもらって。で、そしたらなんか若いすごいできる人を呼んできて、現れて。なんかその時のドクターがすごい頼りになるっていうか……。

(PUNPEE)フハハハハハハッ!

スポンサーリンク

パソコン不調時のドクター

(5lack)めちゃめちゃ風邪ひいている時とかに限って医者とかってすごく「お願いします……」って感じになるじゃん? こっちが。

(PUNPEE)その若い人がそうだったんだ。

(5lack)そう。っていうか機械がすごいやつ、すごっ! みたいな感じでめっちゃ尊敬しちゃって。

(PUNPEE)フハハハハハハッ!

(5lack)もう知識がさ、もう才能じゃん?

(PUNPEE)うん。まあまあ、そうだね。

(5lack)なんか、「こうやって直すんですよ」みたいな。「ここから入り込んで、これで起動させて……」って。それはひさびさになんか、めっちゃ友達になりたい!っていう。まあ、メリット的な話だけども。

(PUNPEE)フフフ、ああ、なるほどね。

(5lack)だからめっちゃ……「僕でよかったら。5lackの機械関係だったらいつだって速攻相談に乗りますよ」みたいな友達がほしいです(笑)。

(PUNPEE)アハハハハハッ! すごいよね。

(5lack)すごかった。いや、もうなんかお医者さんだなっていうか。

(PUNPEE)ああ、うん。お医者さんだよね。でも。

(5lack)でも、ペットを飼っていないけど。犬とか猫とかは。亀は飼っているけど。「直るんですか?」ってずっと思っていて。

(PUNPEE)フフフ、「直るんですか?」って、そうだね(笑)。獣医みたいな?

(5lack)そうそう。

(PUNPEE)じゃあ、ちょっと心当たりがある方は、話しかけてみたら。もしかしたら普通のヘッズよりもお話が弾むかもしれないので。話しかけてみてください。というわけで、今回のゲストは『KESHIKI』をリリースした5lackでした。ありがとうございました。

(5lack)ありがとうございました。

(PUNPEE)他にかけたい曲、ある? ない? もういい?

(5lack)うーん。

(PUNPEE)あとは適当でいいか?

(5lack)大丈夫。

(PUNPEE)その、日本のヒップホップの先輩とかで「この人はずっとかっこいいな」って思っているのとか、ないの? 最近また聞いているとか。

(5lack)でもなんか、Spotifyで流していたら、ジブさんの『Untouchable』っていうDJプレミアの……。

(PUNPEE)『Untouchable』ってたしか2つぐらいパターンがあったと思うけど。プレミアのはジブさんが1人でやっているやつだよね。それ、Spotifyにあるんだね。

(5lack)そう。

(PUNPEE)なんでそれ、聞いてるの? たまたま流れてきたの?

(5lack)流れてきて、「ああ、かっこいい」って思って。

(PUNPEE)うーん。それはラップがかっこいいんだ。

(5lack)ラップもかっこいいし、そのトラックももちろんかっこよくて。そういう、ああいう時代のラップのフロウとかがすごい好きで。

(PUNPEE)すごいよね。でもプレミアとやっている。あと、スウィズ・ビーツとかともジブさん、やっているよね。

(5lack)やっている。

(PUNPEE)じゃあ、それをかけたいと思います。ZEEBRAで『Untouchable』。どうぞ。

スポンサーリンク

ZEEBRA『Untouchable』

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました