スポンサーリンク

安住紳一郎と中澤有美子 2018年和歌山パンダ赤ちゃん命名最終候補を語る

安住紳一郎と中澤有美子 2018年和歌山パンダ赤ちゃん命名最終候補を語る 安住紳一郎の日曜天国
スポンサーリンク
スポンサーリンク

安住紳一郎さんと中澤有美子さんがTBSラジオ『日曜天国』の中で和歌山アドベンチャーワールドで2018年に生まれた赤ちゃんパンダの名前についてトーク。公式発表された最終候補4つについて話していました。

(安住紳一郎)さて、それから和歌山のパンダの名前に進展がありました。

(中澤有美子)はい。

(安住紳一郎)11月20日に名前の応募の締切がありまして。今回は12万票を超える応募があったそうですが。前回の和歌山のパンダの時は5万6千通でしたので、2倍近い応募があったということで。大変に「名前をつける」という行為に人気が出てきたという側面を感じるわけですが。12万票を超える応募の中から、今回はいつもと名前の決め方が違っていまして。まずは実行委員のみなさんが応募の中から4つの候補を発表し、そしてその4つの候補を提示した上で今度はみなさんの人気投票となり、得票数の多かった名前に決まるということのようですね。

(中澤有美子)うん!

(安住紳一郎)4つの候補が11月20日。先週の火曜日に発表になりました。4つ、ひとつめは「恵浜(けいひん)」。2つ目は「彩浜(さいひん)」。3つ目は「舞浜(まいひん)」。4つ目は「夢浜(ゆめひん)」という4つになったということですね。

(中澤有美子)はいはい!

(安住紳一郎)ここでね、感想を述べてしまいますとこれから行われる人気投票の大勢に影響を与えてしまい、それは本意ではありませんので感想は本決まりになるまで控えるのが理想ですけども。「恵浜(けいひん)」「彩浜(さいひん)」「舞浜(まいひん)」「夢浜(ゆめひん)」という4つに絞られたわけですね。

(中澤有美子)ええ。

(安住紳一郎)この中から、どれが決まるでしょうか?

(中澤有美子)でしょうかね!

(安住紳一郎)そして、中澤塾長の命名塾改めパン能研。

(中澤有美子)はい。

中澤有美子 和歌山パンダ視察とパン能研・命名メンバー選抜を語る
中澤有美子さんがTBSラジオ『日曜天国』の中で和歌山赤ちゃんパンダ命名予想のための視察の模様についてトーク。安住紳一郎さんに命名予想の方針やパン能研のメンバー選抜などについて話していました。

(安住紳一郎)名前をどういう風に決めたのでしょうか? お聞きください。

スポンサーリンク

パン能研の奮闘

<パン能研 命名検討音源スタート>

(BGM『スネ夫が自慢話をするときに流れている曲』)

(中澤有美子)(プルルルルッ……)パン能研、塾長の中澤といいます。

(塾生・男児)あ、はーい。

(塾生・高齢男性)塾に入れるんですか?

(塾生・男児)考え、ましたー……。

(塾生・女性)褒めて伸ばしてくださる……。

(塾生・男児)それも、いいですねー。

(塾生・女性)希望が、持てるような感じで。

(塾生・高齢男性)ちょっとウトウトしてたんですよ。

(中澤有美子)ええ、ええ。

(塾生・女性)つかないパターンとか、ありですか? なしですかね?

(中澤有美子)そう……ですねー。

(塾生・男児)もう1回、言ってください。

(塾生・女性)ちょっといまどきっぽいかな? みたいな。

(塾生・女性)えっ、本当ですか?(笑)。なんかすごく共感してくださってうれしかったです……。

(中澤有美子)シカクいアタマを……?

(塾生・男児)うーん……。

(塾生・女性)そうだなー。ええと、うんと、なんですかね? うーん……。

<パン能研 命名検討音源おわり>

(中澤有美子)フフフ(笑)。

(安住紳一郎)8名の塾生のみなさんと中澤先生で考えて応募をしたと思います。

(中澤有美子)はい(笑)。あれ? も、もうちょっとあの、テキパキとした塾だったと思ったんですけどね。あれ?

(安住紳一郎)そうですね。

(中澤有美子)ぺっぽこぴーな感じになっていましたけどね。あれ?

(安住紳一郎)ぺっぽこぴーにはなってないでしょう?

(中澤有美子)BGMがちょっと、悪意があるっていうか……。

(安住紳一郎)ああ、そうですか?

(中澤有美子)うんうん。

(安住紳一郎)ふーん。これはあの今朝5時すぎぐらいまで私が立会いのもとで編集しましたので。

(中澤有美子)フハハハハハハッ! 検閲があったんですね(笑)。

(安住紳一郎)検閲っていうか、ほとんどもう自分が手を動かしてましたけども。

(中澤有美子)フフフ、うーん……。

(安住紳一郎)いやいや、まあまあ。

(中澤有美子)はー(笑)。ご本人たちの思いを第一に。

(安住紳一郎)そうですね。8名の塾生がいて、8通り応募されたということですね。

(中澤有美子)そうです。

(安住紳一郎)この4候補の中に、残っていますか?

(中澤有美子)ひとつ、残りました!(笑)。

(安住紳一郎)おおっ、素晴らしい! ひとつ、残りましたか! やった! やりましたね! よかった!

(中澤有美子)フハハハハハハッ!

(安住紳一郎)今回はね、二段階選抜で。一段階で落とされると、とても寂しい人気投票になるからね。まだひとつ残っていたら、8名でそこにガッと投票をしちゃうっていうのも手だもんね。

(中澤有美子)そうですね。はい。

(安住紳一郎)そうね。一致団結っていうこともありますもんね。よかったー!

(中澤有美子)よかったです。よかった! 引っかかった-!

(安住紳一郎)うん。ちょっとね、4つのうちの3つに残っているっていうとちょっとね、大阪桐蔭的な感じの、「怖えな!」っていう感じになりますもんね。そうですか。ひとつ、残っている。そうですかー。

(中澤有美子)うんうん。

(安住紳一郎)私もね、一応プライベートで応募したんです。これ、私の応募用紙。ちょっと見て?

(中澤有美子)あっ! あらやだ!

(安住紳一郎)残ってるぅー! あたしのも残ってる! これ、プライベートだから。

(中澤有美子)やだー!

(安住紳一郎)残ってるー! 中澤塾、ひとつ。私のプライベートひとつっていうことね。

(中澤有美子)フフフ、うーん!

(安住紳一郎)盛り上がってきたー!

(中澤有美子)フフフ、ふん!

(安住紳一郎)ふん!っていうね。盛り上がってきたー! 「恵浜(けいひん)」「彩浜(さいひん)」「舞浜(まいひん)」「夢浜(ゆめひん)」、どれになるでしょうね? 今回は4候補の中から人気投票ということでいつもと違った選び方ですね。だいたいパンダの名前って人気投票では決まらず、応募総数でいうと7位とか8位ぐらいに入るもので実行委員や有識者のみなさん方が「これがいい」と決めたりするものなので。今回は4候補の中から最終的には人気投票で決めるということで。いつもとは少し違ったような結果になるのかな? というような予想もありますが。どうなるでしょうか。

(中澤有美子)どうなるでしょうかね。

(安住紳一郎)12月の中旬ぐらいに結果が発表になり、命名式が行われるというような予想を私は立てております。

(中澤有美子)はい。

(安住紳一郎)12月11日から14日ぐらいの3日間で決まるんじゃないかなという風に予想を立てていますけども。

(中澤有美子)ええ、ええ。

(安住紳一郎)かわいい盛りになりましたので、和歌山に旅行の際にはぜひ、かわいい赤ちゃんパンダを見てきてはいかがでしょうか。

(中澤有美子)本当にそう思います。

(安住紳一郎)上野のパンダもかわいいですけどね。

(中澤有美子)そうですね。ひとり立ちして。うん!

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました