スポンサーリンク

PUNPEE トラックメイク機材の習得方法を語る

PUNPEE トラックメイク機材の習得方法を語る SOFA KING FRIDAY
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PUNPEEさんがJ-WAVE『SOFA KING FRIDAY』の中でリスナーから「トラックメイク機材の習得をどのようにしたんですか?」という質問に回答していました。

AKAI Professional スタンドアローン音楽制作システム・7インチ高解像度マルチタッチディスプレイ MPC Live

(PUNPEE)神奈川県の方からメッセージです。「Pさん、リスナーのみなさん、こんばんは。去年の暮れからヒップホップにハマった若干19才のBボーイです。最近の話題と全く関係ない私的な質問ですが、トラックメイクに興味を持ち始めたら人生初のボーナスでMPC LIVEを衝動買いしてしまいました。説明書から何から何まで英語でライセンスの認証をするのがやっとといったところでした。正直、挫折しかけています。いま、ネット上の日本語ユーザーガイドと動画を漁りながらにらめっこする毎日でやっとそれっぽいものがひとつできました。はじめにMPCを買った時はインターネットなどの情報も少なかったと思いますが、どこで情報を仕入れてトラックメイクできるようになりましたか? PS フジロック2018も参加します」。ありがとうございます。

なんですかね? なにで情報を仕入れたか……説明書じゃないですか? うん。当時はインターネットとかあんまりまだ使い方もわからなかったんで。17年前。で、ピート・ロックっていうレジェンダリーなヒップホッププロデューサーがいるんですが、その方が「どうやったらトラックメイクを上手く覚えられますか?」って言った時に「いや、説明書を読め!」って言っていて。「ああ、説明書読めばいいんだ」みたいな(笑)。正直、でも説明書ってプログラムの感じとかが当時のMPCはすごい業務的に書いてあって。結構「うわあ……」ってなった記憶があるんですけど。

スポンサーリンク

「説明書を読め」(ピート・ロック)

でも、なんだろう。「先人の人はこれをもうとっくに覚えているから、どうやったら追いつけるかっていうととにかく覚えないとダメだ」っていうことで当時、渋谷のNUTSですかね。DJでやっていた時に早く覚えたいからクラブに説明書を持っていってクラブのラウンジで読んでいたんですね。MPCの説明書を。そしたら「お前、なんでクラブに来て説明書読んでるんだよ!」って怒られた記憶があります。それはクラブに来て漫画を読んでいたら変ですよね。いま、自分のイベントに来て漫画読んでいたらちょっと……(笑)。「なんだ、こいつ?」ってなる気がします。

最初のクラブとかに通い始めた時って「顔出し」みたいなのがあって。いまもあると思うんですけど、イベントに来てもらったから自分も相手のイベントに行くっていうか。いまももちろんありますよね。誰かに来てもらったら、その恩返しにそっちにも行くみたいなのがあった時、とにかく来てもらったのはうれしいんですけど、顔出しっていうのをするっていうのが結構……申し訳ないんですけど、面倒くさくて。すごい不義理な男なんですが。早く帰りたいからパジャマの上にパーカーとか着て行って50分ぐらいで出て、帰ってすぐにパーカーを脱いで寝るっていうよくわかんないことを19才ぐらいの頃にしていました。

なので、でもひとつが上手くいくとだんだん楽しくなってくるんですよね。「ああ、こうやって作ったらドラムが太くなるんだ」っていうのがわかると結構連鎖的にできるようになってくるんですよね。そしたらもっと面白くなってくると思います。いまは結構、たとえば好きなトラックメイカーのHow Toっていうか。YouTubeにそいつが何の機材を使っているのか? みたいな動画とかが上がっていて。当時は機材も教えない人とかもいたし。何のレコードをかけているのかも知られたくないからレコードにステッカー貼っている人もいたし。だんだんもう変わってきてると思うんですけども。

このビート、作っているの誰だろう?って調べて。たとえばメトロブーミンとか、そういう人のを調べて。調べたらその人が何のビートを使っているのか、どんなビートパターンか、みたいな。

そういうところから「あっ、なんだこれ……レックス・ルガーキックを使っている! スネアはドレイクの○○スネアだ!」みたいなのとかを調べたりして。ドラムのキットを検索したりとかして作るのとかも面白いと思うんで。やってみてください。で、いちばん最初に食らったヒップホップの曲、これはもう鼓膜にタコができるぐらい言っていて「しつこいよ!」って思うかもしれないですけど。いちばん最初に結構食らったヒップホップの奇妙な感じというか怪しい感じにやられたのがナズの……最近、カニエとのアルバムを出したナズの『Nas Is Like』っていう曲を聞いてもらいましょう。

と……行きたいところなのですが、それはもう鼓膜にタコができるぐらいみなさん、聞いていると思いますので。あえて自分のナズが参加している好きな曲ですね。クール・G・ラップの『Fast Life』という曲。『Norfside Mix』っていうやつなんですけど。当時プロモオンリーですごく高かった気がしますのでこの機会にかけたいと思います。どうぞお聞きください。

スポンサーリンク

Kool G. Rap feat. Nas『Fast Life (Norfside Mix)』

お聞きいただいたのはクール・G・ラップ feat. ナズで『Fast Life (Norfside Mix)』でした。かっこいいですね。いまだにこれはかかると上がってしまいます。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました