PUNPEE 池袋BED最後の『Refugee Market』を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 78
スポンサーリンク

PUNPEEさんがJ-WAVE『SOFA KING FRIDAY』の中で閉店を目前に控えた池袋BEDでの最後の『Refugee Market』の模様を話していました。

(PUNPEE)はい。メッセージですね。東京都練馬区の会社員の方。「PUNPEEさん、こんばんは。昨日、『Refugee Market』、行きました。池袋BEDに行くのは初めてでしたが、前回のラジオで話されていた山ちゃんさんに会えて、目が合った瞬間にハイタッチ、握手をされました。いままでいくつかのクラブに行きましたが、いちばんいろいろな人から話しかけてもらえて、お酒もご馳走になり、IWGPに出てくるようなもたくさんいましたが、すごく楽しい空間でした」。……これ、ナンパされたっていうことっすよね、たぶん?(笑)。すごいっすね。「ナンパされた」とかの表現をこう、「いろんな人に声をかけていただき、お酒もご馳走になりました」っていう書き方。すごいポジティブでいいと思いました。

「……板橋兄弟のDJだけでなく『夜を使いはたして』からの『Pride』ライブも見ることができて、とても嬉しかったです。ちなみに途中から手袋はめたのには理由があったんでしょうか? 意味がなかったら、ごめんなさい」。はい。ステッカーをお送りします。最初にかけた曲(『PSG現る 1972 Sound bureill remix Smif-N-Wessun blend』)をなんでかけたか?っていうと、先日池袋の結構お世話になったクラブBEDが1月で閉店ということでですね、『Refugee Market』というダウンノースキャンプ主催のイベントで板橋兄弟でDJした時にかけさせていただいた曲だったので、かけました。

山ちゃん、自分も久しぶりに会えて。入り口で。この前言ってたBEDの池袋の妖精……最近は原宿の妖精にもなりつつあるという噂を聞いたんですけど(笑)。「おう、久しぶり! お前を離さねえぞ! お前は離さないぞ!」ってずっと言っていて。「わー! 久しぶり! 山ちゃん、久しぶりに会えた。わー!」って自分も上がっていたら、結構離さない時間が長くて(笑)。「山ちゃん、もう入んないと……」っつって。山ちゃんが他の方を向いた瞬間にスッと入った感じでした。

んで、「山ちゃん、覚えてた」って思って。昨日もISSUGIくんとかSORAくんとかヒデオくんとか佐々木とかと飲む機会があったんですけど。その時にちょうど外に出たら山ちゃんがいて。「おう! 久しぶりじゃん!」ってまた言っていて。「あれ? 山ちゃん、3日前ぐらいに会ったんですけど……」「えっ?」って言っていて。いつもの感じの「えっ?」っていう感じの山ちゃんで安心しました。

で、『Refugee Market』、1月27日は無事に終わった感じだったんですけど。なんかこう途中で停電しちゃったりとかして。BESくんのライブ中に。「すごいな、これなんか昔もあったな」って思い出したら、GAMEでやったもう10年以上前ぐらいのSCARSのライブ。多分アルバムを出す前か出した後。ファーストアルバムぐらいの時、自分は普通に見に行ってたんすけど。その時にもGAMEがたしか停電してて。なんかそれを思い出して。停電するとやっぱり記憶に残る感じがするっすね。うん。

スポンサーリンク

BESのライブ中に停電

で、人の数もいままでで結構最高の人数だったらしくて。もう身動きがほとんど取れないぐらいの状態だったので、ほとんどフロアには出ず、後ろの方でちょこちょこしたりしておりました。お越しいただいたみなさま、ダウンノースキャンプの面々、ありがとうございました。で、昨日もその出た面々でちょっと酒を飲んだりしてたんですけど。結構いろんな昔の話が出てきて。「そういえば昔、BEDってベッドが本当にありましたよね」っていう話をしていて。自分はその次代、たぶんいなくて。なんか普通に寝れるベッドじゃないけど、そういうのが置いてあって。途中から上に宙吊りになっていたりしたらしいんですけども。

「なんかそんなのあったよね」っていう話とか。ファーストアルバムを出した時ぐらいのリップスライムとかが普通にその当時、ライブしてたっていう。で、なんかステージに板がなくて、ブロックの上にあるステージなんですけど、その板をどけて、そのブロックの上をすごいバランスを取りながら、そのブロックを行き来しながらリップスライムがライブしてたみたいなみたいなことを言っていて。それがすげーかっこよかったみたいなことをSORAくんが言っていて、「へー! そんな時代があったんだ!」って。

でも、FGクルーの『ダイナマイト』っていうイベントとかもやってたし。いろんな人が本当に出入りしてたんだなっていうのを、いろんな話を聞いて改めて思ったりしました。佐々木も最初、KID FRESINOじゃなくて、DJ佐々木っていう名義で出たりしてたことを思い出したりとか。でもあんまり昔の話に花を咲かせると、KID FRESINOのリリックでも言ってたっすけど。「またお前らすぐバック・イン・ザ・デイズしすぎ」って言われそうなので、こんなところにしておきますが。

でも久しぶりに会えた人とかもいっぱいいて。なんかすごい懐かしい気持ちというか、なんかでもだらしない期の自分に完全にちょっと戻りそうになったっていうか(笑)。酒飲んでもうベロベロになって、フロアで横たわって寝て朝になるみたいなのとか、思い出しちゃって。なんか結構……複雑な心境になったっすね。ああ、そんな恥ずかしい、だらしない感じだったな、みたいなこととかを思い出したりとか。

あとは後輩のMCバトルを見に行った時に、バーカンのところいた時に、下の方ですごい人差し指がペチャペチャペチャ……って湿ってるような感覚がして。「うん?」って下を見たら、全然知らない女性の方がなんか俺の指舐めてたりとかしたことを思い出しちゃって(笑)。「えっ?」みたいにその時はなって。結構ハードコアな記憶なんですけども。たぶんPSGのアルバムを出した直後で、「ああ、CDを出すとこんなこともあるんだなー」って、冷静にその時はその場を去った感じだったんですけど。まあ、いろんな初期の自分というか……「初期の自分」ってことは結構基本的な土台の部分を形成してくれた場所だと思いますので。いろいろと思いだせて感慨深かったっす。

というわけで、ありがとうございました。あと、BEDのスタッフのみなさん、22年間……ずっといた方はたぶんいないかと思うのですが、JOMOさんだとか、一時期お世話になった竹細工くんとか、ありがとうございました。はい。で、その停電をした時、実は自分、中にいなくて。飲み屋でご飯を食べていたんですけど。そしたらダウンノースキャンプのCENJUくんが入ってきて「いやー、BED停電しちゃったね!」なんて入ってきて。「えっ?」っつって言った時、ちょうどCENJUくんの『バタフライ』という曲を思い出したので、この曲をかけたいと思います。お聞きください。どうぞ。

CENJU and QROIX『バタフライ』

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする