スポンサーリンク

星野源 SAKEROCK『千のナイフと妖怪道中記』を語る

星野源 SAKEROCK『千のナイフと妖怪道中記』を語る 星野源のオールナイトニッポン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

星野源さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中でSAKEROCK『千のナイフと妖怪道中記』を紹介していました。

(星野源)じゃあ、次の曲に行きたいと思います。さっき、20代真ん中ぐらいにマリンバだったりビブラフォンだったりの曲をたくさん聞いてましたっていう話の流れから、その頃にこんな感じで曲を録音していましたっていう曲を聞いていただこうと思います。

星野源 Harry Breuer and his Quintet『Farmerette』を語る
星野源さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中でHarry Breuer and his Quintet『Farmerette』を紹介していました。

これ、カバーで。坂本龍一さんの『千のナイフ』という曲と『妖怪道中記』というゲーム。覚えてますかね? みなさん、昔あった……僕はPCエンジンでやっていたんですけども。『妖怪道中記』という、結構おどろおどろしいアクションゲームがあって。それがすごく好きで。それのテーマ曲が僕、すごく好きだったんですよ。

で、ある時、この2曲がめちゃくちゃ似ているということに気づきまして。『千のナイフ』のマネをしているのが『妖怪道中記』だということで。

でも、どっちも好きだということで、マッシュアップしてみようということでマリンバで叩きながらSAKEROCKというバンドのみんなと一緒にカバーした曲です。SAKEROCKで『千のナイフと妖怪道中記』。

スポンサーリンク

SAKEROCK『千のナイフと妖怪道中記』

千のナイフと妖怪道中記
Posted at 2018.5.2
Sakerock
カクバリズム

懐かしい……お送りしたのはSAKEROCKで『千のナイフと妖怪道中記』でした。ああ、懐かしい。これ、『ホニャララ』っていうアルバムに入っているんですけど。これもよく考えたらもう10年前だなと思って。もうすっごい、すっごい時間がたったな。そうかー。ねえ。「懐かしい」ということでね。いまのでマリンバを叩いていたのが僕で、あとギターも弾いてましたね。で、ドラムを叩いていたのがだいちんこです。フフフ(笑)、もう1人のだいちんこっていうね。

星野源と三浦大知 「だいち」呼称問題を語る
三浦大知さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』にゲスト出演。それぞれが持ち寄った音源を聞きながら2時間に渡って音楽談義をする中、まず星野さんが三浦さんのことを何と呼べばいいのか? 問題に結論を出していました。

そんな感じで、今日は自分でブースの中でCDとかレコードをかけるという日でございます。この後も続きます。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました