スポンサーリンク

宇多丸と三浦大知 武道館公演とKOKOUを語る

三浦大知と宇多丸 洋ゲーの魅力と『メタルギアソリッド』を語る 宇多丸のウィークエンド・シャッフル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

三浦大知さんがTBSラジオ『タマフル』にゲスト出演。宇多丸さんと自身の武道館公演を振り返りつつ、『タマフル』の過去の人気投稿コーナーKOKOUについて、自身のKOKOUエピソードも交えつつ話していました。

(宇多丸)先日は日本武道館、お疲れ様でした。

(三浦大知)ありがとうございます。出ていただいて。本当にありがとうございました。

(宇多丸)この番組でもすごい、翌日にたっぷり話しちゃって。

(三浦大知)そうですよね。それも聞かせてもらいました。すごく熱く、宇多丸さんが愛を持って。

(宇多丸)熱く語ったんだけど……やってから、そんなに大事には言っていないけど、「本当は風邪を引いていて」とか勝手に言っちゃったから。すいませんねっていう。

(三浦大知)ああ、いえいえ。全然。こちらが体調を崩してしまって申し訳なかったです。

(宇多丸)でもそんなの、見ていたら全くわからなかったですけどね。すごかったですよ。

(三浦大知)はい。それは……がんばります!っていう感じで(笑)。

スポンサーリンク

実は風邪で体調不良だった武道館公演

宇多丸 三浦大知 武道館公演へのゲスト出演を語る
宇多丸さんがTBSラジオ『タマフル』の中で三浦大知さんのライブツアー『DAICHI MIURA BEST HIT TOUR』のファイナル、武道館公演にゲスト出演した際の模様をトーク。三浦大知さんの超絶ライブパフォーマンスを絶賛していました。

(宇多丸)ねえ。大知くんだったら絶対に表に出さないようにがんばるし。あと、きっと風邪を引いていたなんて話も自分からはしないだろうから。俺ならめっちゃアピールするよ!

(三浦大知)アハハハハッ! 「あん時、すっごい具合悪かったんだよ!」って(笑)。

(宇多丸)俺はその時に言うね。「俺、いますげー具合悪いんだけど!」って(笑)。

(三浦大知)あ、そのステージ上でですか?(笑)。

(宇多丸)そう。「具合悪いのに、俺はがんばっている!」みたいな。

(三浦大知)本当、言えるぐらい強くなりたいです。だから。

(宇多丸)フフフ(笑)。いやいや、でも本当に素晴らしいライブでした。

(三浦大知)いえいえ、ありがとうございます。

(宇多丸)もう、なんか唖然としてしまいました。レベルが高すぎて。

(三浦大知)本当ですか? 本当に宇多丸さんに出ていただいてめちゃくちゃ盛り上がったんで。はい。

(宇多丸)で、その後にあんまりうれしくて、KREVAと僕と千晴で朝まで飲んでしまいました。

(三浦大知)そうなんですよね。すっごい参加したかったです。本当に。

(宇多丸)ねえ(笑)。ぜひぜひ、改めて三浦大知の偉大さを称える会というのを、私が主催でね。

(三浦大知)いや、そのタイトルだとすっごい行きにくいんですよ(笑)。だから、普通に食事に誘っていただけたら。

(宇多丸)またね、ぜひ行きましょうね。ということで、大知くん。この番組は終わってしまうんですよ。

(三浦大知)そうですよね。びっくりしました。

(宇多丸)ということで、投稿コーナーにお付き合いいただくんですけど……なに? しまおさん、ニヤニヤ笑って?

(しまおまほ)いやいや、話に入る余地がないって……(笑)。

(宇多丸)あ、ごめんごめん。

(しまおまほ)レベルが高すぎて(笑)。……武道館、お疲れ様でした。

(三浦大知)ああ、いえいえ、ありがとうございます。

(宇多丸)ごめんごめん。こっからレベル、合ってくるから。

(しまおまほ)こうなると宇多丸さんもそっちの方なんで。ダメなんですよ。そこの階段を登っていけないんですよ。

(宇多丸)でも、大知くん、とはいえ、いまはさ、本当に大大大ブレイクしているけど、僕の番組にも出ていただいてますし。この番組に出ていただいたのは2009年にスタジオライブに来ていただいて。

(三浦大知)そうなんですよね。そんなに前だったんだってさっき気がついてびっくりしました。

(宇多丸)2009だから……もう9年前ってわけだもんね。だし、何度も出ていただいているし。だって、スタープレイヤーズのあらいまりと仲がいいんですよ?

(しまおまほ)ねえ。だって、結婚式にいらっしゃって。

(三浦大知)そうです、そうです。

(宇多丸)あんな、獣のような……(笑)。あんな野生の人にっていうことですよねー(笑)。

(しまおまほ)大丈夫かな? 入っていけるかな? この会話。ちょっと、相撲でも取ればよかったです。出る前に。

(宇多丸)相撲? あ、リラックスするために?

(しまおまほ)リラックスするために。

(宇多丸)大知くんに怪我させないでくださいね。

(しまおまほ)相撲も取れないか。どうすればいいだろう?

(三浦大知)アハハハハッ!

(宇多丸)でも、これから始まるのは投稿コーナーですから。むしろ、いまの大知くんにこういうレベルの話を聞かせていいのか?っていう。

(三浦大知)いやいや、僕はずっと聞いていたんで。好きで。

(宇多丸)マジですか? ありがとうございます。

(三浦大知)僕、KOKOUとかすごい好きですよ。

(宇多丸)おっ! KOKOUですか。大知くんもKOKOUだった時期とか、あるんですか?

(三浦大知)KOKOU側なんで(笑)。

(宇多丸)「KOKOU側」(笑)。いまやね、ご家庭もありますけども。

(三浦大知)そもそも、友達が少ないんで。

(宇多丸)そうなの?

スポンサーリンク

KOKOU側の男・三浦大知

(三浦大知)そうです、そうです。だから結構1人でいる時間も多くて。

(宇多丸)まあ、ゲームばっかりやっている問題っていうのもあるし。

https://miyearnzzlabo.com/archives/42993
https://miyearnzzlabo.com/archives/42904

(三浦大知)はい(笑)。なんか、ふとさっき思い出したんですけども、レッスンを昔、受けていて。午前中に受けて、その次のレッスンが夜だったんですよ。で、8時間ぐらい空いた時があったんですよね。「もうこれはインプットの時間だ!」っつって、8階建ての当時あったCDストアがあったんですけど。そこの上から下まで、試聴機をずーっと片っ端から聞いて歩くっていうのをやったんですよ。それ、いま考えたらただ友達がいないだけで……「俺はいま、インプットしているぜ!」って試聴機をずっと8時間。で、「ああ、レッスンの時間が来た」ってレッスンに行ったんですけど。

(宇多丸)それは……結構KOKOU。

(しまおまほ)なにも食べないで?

(三浦大知)なにも食べないで。

(宇多丸)そのさ、意気やよしなんだよね。「インプットしよう」っていう意気はいいけど、なんかさ、でも結局買ってないだろ? みたいなところとかも含めて。

(三浦大知)そうです、そうです。そん時はたぶん買ってなかったと思う(笑)。聞くだけ聞いて。

(宇多丸)ちょっと「低み」も感じさせるっていう(笑)。

(三浦大知)そうなんですよね。それは学生の時だったですけど。高校生だったと思います。

(宇多丸)ああ、そう?

(三浦大知)「これ、ただ誘う友達がいないだけなんだ」って思って。それに気づいてすごいがっかりしたんですよ(笑)。

(宇多丸)ああ、そう? でも、それもまた大知くんのいいところじゃないですか。

(しまおまほ)かっこいいですよ。

(三浦大知)いやいや、かっこよくはないですよ(笑)。

(宇多丸)かっこいいし、ほら、大知くんにしょうもない友達とかつかなくてよかった!っていうね。1人で視聴している感じ、よかった!っていうね。

(三浦大知)本当ですかね? 「あいつ、ずっといるな」って絶対に思われていたと思うけど(笑)。

(宇多丸)絶対にマークされてるよ。○○Gメンが後ろから見ていたと思うよ。「あいつ、いつやるのか?」って思われていたと思う(笑)。

(三浦大知)アハハハハッ!

(宇多丸)いまはきっとそこで大知くんのCDを売っていると思いますけどね。

(三浦大知)そうですね、はい(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました