スポンサーリンク

荻上チキ『笑ってはいけない』ブラックフェイス問題を語る

荻上チキ『笑ってはいけない』ブラックフェイス問題を語る 荻上チキSession22
スポンサーリンク

荻上チキさんがTBSラジオ『Session-22』の中で、2017年末に放送されたTV番組『笑ってはいけない』の中で、浜田雅功さんが顔を黒く塗るメイクで黒人の扮装をし、「差別的表現だ」と物議を醸している問題について話していました。

(荻上チキ)まあ、そんなこんなでまた年末のテレビ番組とかがネットで炎上したりとかしていて。

(南部広美)そのようですね。

(荻上チキ)帰ってくるなり、「なんじゃ、こりゃ?」みたいなね。まあ、ダウンタウンの『ガキの使いやあらへんで』の年末特番『笑ってはいけない』というシリーズがあるじゃないですか。

(南部広美)はい。

(荻上チキ)「あれ? 『去年で終わり』って言ってなかったっけな?」みたいな、そんな気もしつつ。でも、そこで登場していたコメディアンの方が黒人の扮装をして出てきたということがいろいろとハレーションを呼んでいるわけですけども……。

「笑ってはいけない」浜田の黒塗りメイクが物議 黒人作家が語った不安
オリンピックで「やらかすんじゃないかって真剣に不安だ」

これ、ナチスの制服問題とかなり似た問題があるわけですね。

黒塗りメイク問題はナチス制服問題と似ている

欅坂46の衣装が「ナチスそっくり」 Twitter炎上、英紙も報道
人気アイドルグループの「欅坂46」がライブで着た黒い衣装がナチス・ドイツの制服に酷似しているとTwitter上で批判を受け、海外メディアも報じる事態になっている。

要は、その服装をすることとか、その格好をすることに、「本人の意図でリスペクトがある」とか「番組演出上、笑いのためであって蔑みのためではない」みたいな感じで意図をくもうとしたり。あるいは日本の文脈を説明しようとしたりするんだけども……ただ、その意図というものが国境を超えたり、あるいは別の当事者に届いた場合にどんな効果を生みうるのか? ということは、より広く繊細でなくてはいけない。

(南部広美)うん、うん。

(荻上チキ)だから僕はいつも言っているわけですよ。そういったいろんなチャレンジをする……笑いを取るということはある種チャレンジをするということだと思うんだけど、どんなチャレンジがウケるのか?っていうのは、ちゃんと客席を見なくてはいけない。で、客席の座っている人が変わったり、座っている人の意識が変わったんだったら、「こういった文脈です」って説明すればそれで十分ということにはならないわけだから。

(南部広美)うん、うん。

(荻上チキ)どんな問題でも、客席にちゃんと説明できるのか? 客席がウケてなくて白けているんだったら、「いや、こういった意図です」っていう風に言うのは、いちばん寒いじゃないですか?

(南部広美)そうですね。

(荻上チキ)そのあたりをどこまで攻めているのかがわからない、不用意なネタというのが結構散見されるので。

荻上チキ とんねるず「保毛尾田保毛男」問題を語る
荻上チキさんがTBSラジオ『Session-22』の中でフジテレビ『とんねるずのみなさんのおかげでした』で数十年ぶりに復活して非難を浴びているキャラクター・保毛尾田保毛男問題について話していました。

(南部広美)うん、うん。

(荻上チキ)そのあたりについてはたぶんこれからもね、話題になっていくんだろうなとは思ったりもしましたけども。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
荻上チキSession22
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました