D.O 『証言』アナログレコード狩りを語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 68
スポンサーリンク

D.OさんがBSスカパー!『BAZOOKA!!!』の『日本語ラップの歴史を学ぶ勉強会』に出演。日本語ラップの名曲『証言』のアナログレコードのプレミア化と、それに伴い発生した『証言』狩りについて話していました。

(小藪一豊)若林くん、どうでしょうか? ここらへんから聞き出したと?

(若林正恭)そうですね。スチャダラさんとかキングギドラさんとか。先輩が(学校の)中庭でBUDDHA BRANDのラップを歌っていたんですよ。

(小藪一豊)へー!

(若林正恭)それで、「それ、なんの曲ですか?」って聞いて。当時はタワレコとかでも、日本語ラップのコーナーがもう一角しかないんですよね。2メートルぐらいの。そこに買いに行ったのを覚えてます。いまはもう、ズラーッですけど。

(小藪一豊)そうですよね。

(D.O)少年課の留置所でも聞けたって話。

(一同)(笑)

(小藪一豊)ヒップホップは。

(D.O)『ブッダの休日』を子供が口ずさんでるっていう。

(小藪一豊)あっ、子供が? へー!

(D.O)少年課だから。やっぱり10代のね。塀の中もそう。

(小藪一豊)ああ、なるほど。すごい人気があったということですね。さあ、1995年。LAMP EYE『証言』という歌がありまして、ストリートで大ヒットでございます。こちら、レコード発売日はヘッズによる争奪戦。

(一同)へー!

(小藪一豊)これはもう、むちゃくちゃ売れたということで。争奪戦、参加されましたか? D.Oさんは。

(D.O)争奪戦に参加できないで、裁判に行っちゃっていたタイプなんですけど。

(一同)(笑)

(D.O)僕が聞いた話では、ものすごかったらしいですね。

(小藪一豊)D.Oさんはガチの『証言』を(笑)。

(一同)(笑)

(D.O)ストリートで勉強させてもらっていたんで。LAMP EYEはちなみに雷(家族)の兄さんのRINOとGAMA。それとDJ YASの3人のグループなんです。雷とはまた別の。

(ANI)だから雷っていうのは、LAMP EYEだの、YOU THE ROCK☆だの、いろいろあるファミリー。

(小藪一豊)なるほど。

(D.O)全ての原因はRINOです。良くも悪くも。

スポンサーリンク

『証言』狩り

(小藪一豊)良くも悪くも(笑)。悪くはないでしょう(笑)。さあ、ということでこの時期、世界一レコード店が密集していた渋谷宇田川町の伝説をまとめてあるので、こちら見ていただこうということで。さあ、ヒップホップ人気沸騰、渋谷日本語ラップ熱狂伝説。「『証言』狩りが発生……」と。

D.O 『証言』アナログレコード狩りを語る

(D.O)アーイ!

(小藪一豊)ナイキとかみたいなもんでしょうかね。ええ、ええ。

(D.O)そういう話!

(小藪一豊)「買ったそばからプレミア化。10倍の値段で売れる」。

(一同)ええーっ?

(D.O)こういうのを、普通の人たちじゃ「狩り」っていうの? ストリートの狩りはぜんぜん違くて。行列している人たちがいる中で、その本当のストリートのやつらは、裏の路地裏にこういう風にいて。買ったやつから取る。そういうスタイルの狩りが流行った。

(小藪一豊)ホンマに?

(D.O)先輩たちの話よ。俺の話じゃないよ。(ボードに書いてある90年代ヒップホップファッションの絵の)ティンバーランドにも、あの迷彩のジーンズにも、ジャケットのラルフローレンにも、血がついているっていう。買わないやつ。取ったやつ。

D.O 『証言』アナログレコード狩りを語る

(小藪一豊)なるほど!

(D.O)『証言』のレコードも相当血がついてたって話。

(一同)ええーっ!

(D.O)「やめろ」って? カモン、メーン!

(小藪一豊)いやいやいや!

(D.O)そんぐらいにしとくぜ。

(小藪一豊)いやいや、そういう歴史的な証言を。まあ、言えばこれは10倍の値段で売れる場合もあるけども、だいたい奪われたりとかしてたんでしょうね。「日本語ラップ放出日には前日の時点で……300人の列。警察沙汰に」。

(一同)へー!

(小藪一豊)「レコード店CISCO 当時の1日の最高売上……1000万」。

(一同)ええーっ!

(小藪一豊)その最高売上を出した日の映像があるそうなので、こちら(のVTRを)をご覧ください。

DJ YANATAKE CISCO渋谷店『証言』アナログ放出セールを語る
DJ YANATAKEさんがニコニコ生放送『俺たちの一番長い日 タマフル24時間ラジオ』の中で、渋谷のレコード店 CISCOで1997年に開催された『証言』など日本語ラップのアナロ...

(若林正恭)へー!

(D.O)This is 雷! わかる? 真面目に並んでいる場合は、誰も警察なんて来ないから。路地裏が危ねえから、警察がいんだよ。

CISCO本店前の行列 徹夜組

(小藪一豊)(笑)。路地裏ね!

(D.O)悪党が集まりそうな匂いしかしねえぜ。

(店内に客が雪崩れ込む映像が映る)

(若林正恭)おっ、すごいすごい!

(紗羅マリー)みんなわかって買ってるのかな?

DJ YANATAKE CISCO渋谷店『証言』アナログ放出セールを語る

(若林正恭)これ、後ほど取られた人もいるんですよね?

(ANI)がんばって買ったのに。

(D.O)2枚買いとか言って、ターンテーブルが2台あるから、2枚レコード買ったりするんですけど。もうどんどんプレミア化してくるシーンつれて、3枚買いとか、5枚買いとかって、売るようにみんな何枚も取ったりして。千円、2千円で買ったレコードが5万になったりするわけですよ。

(一同)へー!

(小藪一豊)これね、どうでしょうか。若林くん、こういうの、知ってました?

(若林正恭)もちろん曲は有名なんで知ってましたけど。ここまで強烈で、狩りが行われていたとは知らなかったです。

(小藪一豊)怖いですね。

(若林正恭)ないですよね? なかなか、曲で。こんなに行列って。

(小藪一豊)もうね、ナイキとかドラクエとかね、そういうのはありましたけど。こういうのは、なかなか。こういうぐらい沸騰していたということです。

<書き起こしおわり>

スチャダラパーANI さんピンCAMPと大LB夏まつりを語る
スチャダラパーANIさんがBSスカパー!『BAZOOKA!!!』の『日本語ラップの歴史を学ぶ勉強会』に出演。オードリー若林さんらに日本語ラップの歴史を解説する中で、さんピンCAMP...
D.O ヒップホップスラング超基礎用語解説
D.OさんがBSスカパー!『BAZOOKA!!!』の『日本語ラップの歴史を学ぶ勉強会』に出演。オードリー若林さんや小藪一豊さんにヒップホップで使用するスラングの基礎用語を解説をして...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする