スポンサーリンク

ZEEBRAとアンジャッシュ渡部建 日本語ラップを語る

ZEEBRAとアンジャッシュ渡部建 日本語ラップを語る HIP HOP
スポンサーリンク

(ZEEBRA)ちょっとそこを目指して。だから本当、コーナーだったら勝ち抜きでもいいわけ。毎週1人出てきて、何週勝ち抜くとグラチャンじゃないけど。そんなのでも。

(渡部建)だから深夜に生放送が始まるといいんですよね。生はあれかもしれないですけど。なんかこう、昔からお笑いもそうですけど。『オールナイトフジ』があって。オールナイターズがあったりとかって。

(ZEEBRA)そうだね。『オールナイトフジ』なんか、まさにそう。『オールナイトフジ』みたいなものの中でやってくれたら、超面白いよね。

(渡部建)たしかに。そうなるといいっすけどね。

(ZEEBRA)まあ、そうなった時にはな、俺が(ブラザー・)コーンさんとかの代わりにオールナイトに出れたらいいなと思うんですけどね。

(渡部建)(笑)。そうか!当時のコーンさんですね。もう。そうですね。絶対的・・・グランドファーザーっていうか。

(ZEEBRA)なんかそんなような。

(渡部建)ボスというかね。すげーな。

(ZEEBRA)まあ、そんなこと・・・『ふざけんな!俺がまだ出るぞ!』って怒られちゃいますけどね(笑)。一緒に出てください。本当に、もう。

(渡部建)(笑)。絶えず先輩も。後輩もガンガン来て。いやいや、ご尽力いただかないと。まだまだ、ZEEBRAさんに。このムーブメントはね。

(ZEEBRA)いや、でもね、それこそ本当に渡部くんがいろんなところでね、いろんなやつをピックしてくれて。本当に感謝してます。

(渡部建)いやいや、もう、それこそ僕のやっているJ-WAVEの番組が、だからそのね、戸田っていう作家がいるんですけど。もともとね、ZEEBRAさんのTFNの番組のADだっていう流れもあって。だからヒップホップだって好きだし。当時がすっげー大変だったって。申請人数よりぜんぜん多く来るし、どこでもタバコ吸わせてるし。『これ、かけろ』っていうのがテープだったりアナログだったりするから、それを探しに行かなきゃとかで。で、すっごい大変な思いをしてやっていた番組で出入りしていた人たちが、いま言ってみたら僕らの番組に来て。『かけてくれてありがとね』みたいに言ってくださるじゃないですか。ZEEBRAさんとかも。

(ZEEBRA)うん。

(渡部建)あれがもうね、涙が出るぐらいうれしいんですって。なんか、『ああ、そうか!』って。ZEEBRAさんに『ありがとね、戸田くん』って言われることが本当に幸せだと。っていうのでだからね、もううちは受け入れ体制。もうアルバムが出たら、ぜったいに3曲ぐらいかけますし。もう、みなさん、そうっすね。あんまりガッツリとヒップホップをかけられる番組はないと思うので。うちの番組はいつでも。いつでも来ていただければと思いますからね。はい。

(ZEEBRA)ちょっとまた、近いうちに。

(渡部建)ぜひ。またよろしくお願いします。

(ZEEBRA)またいろいろとお誘いして。

(渡部建)そんな時間ですよね。そろそろね。

(ZEEBRA)なんでしょ?時間がタイト目なんだよね。

(渡部建)すいません。ありがとうございます。そんな新春から、お話させていただいて。

(ZEEBRA)ちょっと、なんかヒップホップ絡みのこと、1個やりません?

(渡部建)ああ、ぜひぜひ。

(ZEEBRA)よかったら俺、企画振るんで。みんな、だからそのね、品川くんとか。こっちゃんとあばれる君とかっていうのも。

(渡部建)ぜひぜひ。それはぜひ、お願いします。

(ZEEBRA)ということで、本日の『BOSS TALK』、ゲストは渡部くんでした!

(渡部建)ありがとうございました!楽しかったです!

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HIP HOP
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました