スポンサーリンク

バニラビーンズ 吉田豪 杉作J太郎 バニビ解散危機を語る

バニラビーンズ 吉田豪 杉作J太郎 バニビ解散危機を語る dommune
スポンサーリンク

(レナ)あ、2曲目はまだ、実は公開してないんですけど・・・

(吉田豪)まだ解禁してないんですよね。

(レナ)いいんじゃないですか?どう思います?あ、OKきました。じゃあもう、DOMMUNEでバニビの、初公開!すっごいいい曲です。

(杉作J太郎)じゃあ、2曲目いってみよう!

(レナ)大好きです。なんか、歌詞が深すぎてちょっと辛い。バニビのいまの状況を歌った歌詞です。

『ビーニアス』

(レナ)どうですか?

(吉田豪)これが『ビーニアス』という。

(レナ・リサ)『ビーニアス』です。

(吉田豪)ねえ。まさかここが初解禁になるとは。

(レナ)ねえ。ありがとうございます。

(リサ)かけちゃったー。

(杉作J太郎)3曲、あるんでしょ?でも。

(レナ)トリプルA面なんで、3曲あります。

(吉田豪)3曲あって。だからこの頭2曲はavex感というか、いままでと違うバニビな臭いがしますね。

(杉作J太郎)これ、ぜんぜん違うね。いままでとね。

(レナ)あ、かっこよくないですか?でも。今回でも、大隅さんって方で、もうずっとバニビ、お世話になっている方に書いてもらいました。

(杉作J太郎)まあでも、ゴマをするわけじゃなくてね。お二人はもともとかっこいい部分もあるから。ほら。

(レナ)そうなんですよ。

(杉作J太郎)そうなんだよ。かっこいい部分があるから。ぜんぜんおかしくないですよ。

(吉田豪)かっこよさを初めて全面に出した感じで。で、3曲目でいままでの路線のバニビが入っています。

(杉作J太郎)これ、割とファンにもこの路線は好評なんじゃないの?

(吉田豪)まあ、まだ聞いてないですからね。

(レナ)そうなんですけど。今日、振り入れしてきました。今日、まだ初披露してないです。今日、ようやくこの曲の振りが・・・ちょっと待って。Jさん、1曲目と2曲目の違い、わかってます?

(杉作J太郎)わかってます。

(吉田豪)1曲目が今日、初めてライブで披露して。

(杉作J太郎)あ、全部は披露してないの?

(吉田豪)2曲目はそもそも曲自体、いま初めて流れている。

(杉作J太郎)3曲目は?

(吉田豪)3曲目は昨日、僕の・・・

(レナ)ラジオで。

(吉田豪)bayfmで初めて流して。

(レナ)かけていただきました。

(杉作J太郎)ああ、じゃあ人前では今日は歌ってないのね?

(吉田豪)ないです。

(レナ)今日はこの曲は歌ってないです。世の中にも出てないです。この曲は。

(杉作J太郎)ああ、本当?3曲目は?

(吉田豪)3曲目は昨日流したばっかり。

(杉作J太郎)違う違う。違うんだよ。いま、歌ってきたか?ってこと。

(吉田豪)歌ってないですよ。今日は1曲目のやつを、今日初披露。

(リサ)Jさんさ、私たちに興味ないでしょ?

(レナ)本当に、もーう!

(リサ)ちょっと会わないうちに、ぜんぜん興味なくなったでしょ?

(杉作J太郎)違うんだよ。違うんだよ。今日、『お客さんの前で歌った』って言うから・・・

(吉田豪)1曲目だけですよね。

(杉作J太郎)なるほどね。じゃあ、2と3はまだお客さん、見てないのね?

(レナ)まだ。

(吉田豪)じゃあせっかくなんで、3曲目も聞きましょう。じゃあ。

(レナ)お願いします。『lonesome X』というクリスマスソングを歌っております。

『lonesome X』

(吉田豪)はい。というトリプルA面です。Jさん、理解しましたね?

(杉作J太郎)しました。

(吉田豪)この3曲が入っております。

(杉作J太郎)そして、これは明日は聞けるの?

(レナ)明日はこの曲は歌わないです。1曲目の『女はそれを我慢しない』。

(吉田豪)あれしか振りが入っていない。

(レナ)そうです。まだできあがってないです。この曲は。

(杉作J太郎)明日、渋谷のCIRCUSというところでね。掟ポルシェ。もちろんL.L.COOL J太郎先生も出演します。

(レナ)先生も来てくれるんですか。何を歌うんだろう?(笑)。

(杉作J太郎)そして、なんか扮装したら安く入れるみたいなことを言ってたね。

(レナ)あ、そうなんですか?

(杉作J太郎)いろんなグループ、出ますけど。やはり見どころはバニラビーンズだと思いますんでね。

(レナ)ありがとうございます。もう今日、タイムテーブルも出てましたね。

(杉作J太郎)出てましたね。何時ですか?

(レナ)私たちは1時20分かな?

(杉作J太郎)僕がその前ですよ。たぶん。L.L.COOL J太郎-バニラビーンズで。

(レナ)ああ、いい並びになってる!

(リサ)いい流れ!

(レナ)私たち、そして2時台にDJもやらせてもらいます。

(杉作J太郎)ラウンジでやるんだよね?

(レナ)サイプレスさんの裏でやらしてもらいます。

(吉田豪)ぜひともね、明日予約をしたりね。

(レナ)そうですね。特典会は開場後すぐ。22時からですね。

(リサ)ライブとかが始まる前に。

(杉作J太郎)じゃあ、早く行ってください。

(吉田豪)そして、シングルも買っていただきたいということですよね。

(レナ)ぜひ、予約していただきたいと思います。解散の危機でございます。バニラビーンズ、もう来年、いないかもしれない。

(吉田豪)はいはい。そんなわけでそろそろ・・・

(杉作J太郎)それはちょっと寂し過ぎますよね。

(リサ)えっ?もう帰るんですか?

(レナ)まだまだ。エンディングまでいますよ。私たち、最後までいますよ。

(吉田豪)(笑)

(杉作J太郎)向こうは何時に帰らなきゃ行けないの?

(レナ)ええと、最後、9時半・・・ギリギリで9時半だと思います。

(吉田豪)じゃあ、一緒に最後まで駆け抜けますか?一緒に北島三郎の話をすることになりますよ。いいんですか?

(リサ)えっ、わかんないですけど。できるかわからないけど(笑)。

(吉田豪)もうバニビの宣伝、しなくなりますよ。こっから。

(レナ)なんでしたっけ?馬でしたっけ?

(リサ)なになに?

(杉作J太郎)あのね、いま、何枚でも買ってくれるよ。北島先生。

(吉田豪)(爆笑)。

(リサ)えっ、先生が?

(吉田豪)サブに売り込めばいいんですか!?(笑)。

(杉作J太郎)うん。

(リサ)なんでですか?

(杉作J太郎)菊花賞で一位になったんだよ。馬が。

(レナ)馬でね。京都の競馬場で。

(吉田豪)馬でボロ儲けしたんですよ。

(杉作J太郎)170頭目にして初めて一位になったの。

(レナ)なんていう名前でしたっけ?あの馬は。

(杉作J太郎)キタサンブラックっていう。で、なんといっても芸能界の大先輩だから。北島三郎さんもね、何度もの解散の危機を乗り越えて。

(レナ)いやいや!

(吉田豪)解散はしないですよ。北島ファミリーが?

(杉作J太郎)何度もね、『北』と『島』と『三』と『郎』になろうというピンチがあったんですよ。

(吉田豪)(笑)

(リサ)分裂しすぎじゃないですか?

(吉田豪)(笑)

(杉作J太郎)じゃあちょっと、聞いてみましょうかね?あとでもう一度、バニラビーンズにお戻しするとして。それでは、『女(ひと)シリーズ』でね。『女シリーズ』の2曲目になります。尾道(の女)。尾道って行ったこと、あります?

(レナ)尾道?どこにあるんですか?

(杉作J太郎)広島県の。

(吉田豪)映画でね、いろいろ。

(杉作J太郎)大林宣彦さんと、大林素子さんが出会ったところです。

(吉田豪)素子さんは出会ってないんじゃないですかね?

(レナ)どういうこと?どれが本当?

(吉田豪)大林映画のモチーフによくなっているところですね。

(杉作J太郎)大林組ができたのはそこかな?

(吉田豪)違うんじゃないですかね?

(杉作J太郎)それではちょっと聞いてもらいましょうね。

(吉田豪)(レコードの)頭出し、できてます?それ。ぜんぜん違うところいってないですか?

(杉作J太郎)うーん・・・CDと違ってね、このアナログっていうのは・・・

(レナ)見えにくいですよね。

(杉作J太郎)どこから歌が始まるかがね。こりゃあ、無理かもしれませんなあ、もう。

(吉田豪)(笑)。ええーっ!?

(杉作J太郎)こりゃあ、今日はもうやめよう。

(吉田豪)やめるんですか!?聞けばいいじゃないですか。尾道。ええと、最後の2曲目?

(杉作J太郎)いや、三曲目なんだよ。だから1、2、3・・・この辺なんだよ。筋がね。スージー・クアトロって言うぐらいでね。ちょっとこのへんだと思いますんで。

(吉田豪)Jさんが筋を狙い撃ちしてますよ。スタートです。

(杉作J太郎)さあ、いきますよ。せーの、1、2、ドン!

『尾道の女』

(吉田豪)『函館の女』じゃないですか(笑)。完全に(笑)。さけ茶漬けじゃないですか(笑)。

(杉作J太郎)失礼な!ぜんぜん違う曲じゃない?

(吉田豪)ほぼ替え歌のレベルですよ、これ(笑)。あのメロディーで歌えますよ、これ(笑)。

(杉作J太郎)ちょっと待ってくれ!もういい加減にしろ!ぜんぜん違う曲じゃないか!ねえ?違う曲だったでしょ?あ、(函館の女をかけた時は)いなかったんだ。

(リサ)わかんない・・・

(吉田豪)さけ茶漬け、知らない世代ですよね?

(杉作J太郎)知らないよ。さけ茶漬けなんか。

(リサ)えっ、この曲じゃないんですか?

(杉作J太郎)この曲であってますよ。それをこの人が、『1曲目に聞いた「函館の女」と同じ曲じゃないか。ははは・・・』なんて言って。言われたら、どう思います?『さっきの1曲目と2曲目がおなじ曲じゃないか。ははは・・』なんて言われたら。

(レナ)『まあ、似てますけど』っていいますけど。

(リサ)Jさん、おなじことしたから、おなじことをされちゃいましたね。

(杉作J太郎)俺、言ってないよ!この人は北島三郎さんにそんなことを言ったんですよ、いま。みなさん。北島先生、申し訳ございませんでした!

(レナ)申し訳ございません!

(杉作J太郎)吉田に成り代わりまして、お詫びいたします!

(レナ)本当に申し訳ございません!

(リサ)申し訳ございませんでした!

(吉田豪)だって尾道なのに、『北国』って話から始まる・・・

(杉作J太郎)吉田さん!先生に買っていただかなきゃいけないんだから!

(吉田豪)(笑)

(レナ)先生!先生、買ってください!

(杉作J太郎)北島先生がプッシュしてくださったら・・・

(レナ)そうですね。やっぱり私たちに大事なんですよ。そういうプッシュしてくださる方みたいな。

(杉作J太郎)そうなんですよ。我々ではもうダメなんですよ。だから、北島先生が・・・

(吉田豪)(レコードの次の曲で)まだドラマ、始まってますね。

(レナ)ドラマが始まるんですか?

(吉田豪)ほら。サブ朗読。まだ流氷、乗ってるんじゃないですか?

(レコードの北島三郎朗読)そこにいた君は・・・君は・・・

(吉田豪)ああー、もういっちゃった。

(杉作J太郎)吉田さん、なんか三郎先生のことをバカにしてませんか?『また始まった』とか。まあ、たしかにしゃべり方がちょっと鶴光さんみたいでしたけどね。

(吉田豪)(笑)

(杉作J太郎)ええ。『入れて・・・入れて・・・ああ、いやっ!いやっ!気持ちいいわ・・・入れて!ああー、気持ちいい。気持ちいいわね、目薬って』みたいなね(笑)。

(吉田豪)(笑)

『博多の女』

(杉作J太郎)いいねぇー!

(吉田豪)不倫なんだ。

(杉作J太郎)博多まで追いかけて行ったら、人の奥さんだったっていう。

(レナ)すごい歌ですね。

(杉作J太郎)うん。やっぱりまだメールとかないからね。SNSもないから、なかなかその人が結婚してるかどうか、わかりにくい。昔は。

(レナ)いまよりね。大変ですね。

(杉作J太郎)まあでもあの、僕もね、がんばりますよ。我々にできることで。

(吉田豪)映画製作以外にも?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
dommune
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました