スポンサーリンク

吉田豪と山田ルイ53世 ラジオ好きアイドルを語る

山田ルイ53世 プロレスのトラウマを語る SHOWROOM
スポンサーリンク

髭男爵の山田ルイさんが2020年12月8日放送のSHOWROOM『豪の部屋』に出演。吉田豪さんとラジオ好きアイドルについて話していました。

(山田ルイ53世)(まどもあ54世は)移動とかもちゃんとスタッフさんが車を用意したりしたんです。結構高待遇だったんですけども、なんか全然跳ねずに……正直、僕もこの子たちが跳ねることによって、この一発の泥沼から抜け出せるじゃないか、みたいな気持ちもちょっとあって。そういうところがダメだったんじゃないかなとも思うんですけども。あんまり評価されなかったですね。今はもう散り散りバラバラになってます。

(吉田豪)まあでもね、1人、メンバーが結構サバイブして。

(山田ルイ53世)室井ですね。

(吉田豪)室井ゆうさんという、エレクトリックリボンのメンバーであり、グデイっていうグループもやっていて。最近はラジオ好きアイドルとしても……。

(山田ルイ53世)フハハハハハハハハッ!

(吉田豪)AMラジオ大好きアピールをしていて。

(山田ルイ53世)ラジオ好きアイドルが増えましたね。ラジオ好きの人、増えましたよね!

(吉田豪)増えましたよね(笑)。

(山田ルイ53世)ラジオ好きのやつが増えたから、やきそばかおるさんがちょっとえらそうになったのか……(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハハハッ!

(山田ルイ53世)いや、ええ人なんですよ(笑)。

(吉田豪)悪い人じゃないですよ(笑)。

(山田ルイ53世)ただ僕もね、YBS山梨放送の話ばかりして申し訳ないですけど。僕のやっている『木曜キックス』っていう番組を取材してくれるいうて。やきそばかおるが。それで僕、Twitterとかのアイコンでしか見たことなかったんですよ。だいたいどんな人かは知ってたんですけど。そしたらそのローカル局の悲しさなのかわかりませんけども。YBSの人間が「やきそばかおるが来るぞ!」ってなって。みんなもう、ペコペコペコペコ……「あのやきそばかおるさんが来るぞ! 彼に取り上げてもらえばうちも!」みたいな。なんかね、ラジオ界の吉田豪が誕生する瞬間を垣間見たような気がして。いや、まあまあ、豪さんはそんな方じゃないけど。

(吉田豪)わかります、わかります(笑)。

「やきそばかおるさんが来るぞ!」

(山田ルイ53世)なんか感覚的にわかるでしょう? でも、「そういうことをするからおかしなんねん」って僕は思って(笑)。いや、やきそばさん自体は話したらすごい常識的な、すごい謙遜、謙遜の方でしたけど。僕の目にはそう映りましたけど。なんかね、やっぱりそういう人も生まれてくるなと思って。

(吉田豪)古くはね、リリーさんのラジオの常連の人ですからね。

(山田ルイ53世)ああ、やきそばさんですか? そうですか。

(吉田豪)それで最初に認識してます。

(山田ルイ53世)その僕の見立てというか、「ああ、この人はちゃんとした人やな」っていうのは合うてますよね?

(吉田豪)僕は会ったことはないんですけども(笑)。

(山田ルイ53世)ああ、会ったことない人のことは言えないですもんね。なかなかね(笑)。(コメントを見て)いや、違うのよ。「最近、調子こいているな。やきそばかおる」って違うからね! それを恐れるからこそ、「ちゃんとした人や」って何回も言うてるのに(笑)。だからやっぱり、各業界にそういう名伯楽というか、目利きの方っていうのはいらっしゃると思うんですけど。室井ゆうはお眼鏡にかなっているんですか?

(吉田豪)まあ、面白いことはやろうとしてて。個人的にはいいと思いますよ。

(山田ルイ53世)活動の仕方とか、あるいはエレクトリックリボンの……僕はもう全く関係ないすけど。エレクトリックリボンは。その楽曲とか、そのへんは評価いただいている?

(吉田豪)そうですね。

(山田ルイ53世)ああ、よかった!

(吉田豪)音楽的にも面白いことをやっていますし。

(山田ルイ53世)あの子、ハングリーですからね(笑)。本当に。俺もそこまで詳しくは知らないですけど。なんかね、貧乏から抜け出すべく……みたいなね話を聞きましたから。頑張ってほしいんですよ。エレクトリックリボンでグッズと作るっていうことで、なんかビールジョッキ型サイリウムいうのをあいつ、作ってましたわ。

(吉田豪)明らかにその流れ(まどもあ54世のワイングラス型サイリウム)の……(笑)。

(山田ルイ53世)パクっとるやないか!っていう(笑)。「それは俺の発想や!」っていう(笑)。

(山田ルイ53世)まあまあ、でも伝統を引き継いでいただいたみたいなので、嬉しくもありますけどもね。

(吉田豪)グラビアのDVDまで出していますからね。相当なガッツですよ。

(山田ルイ53世)あれは僕、ちょっと注意しましたけどね。僕もその、あれはだからDMMさんとか、あのへんので動画の冒頭が見れるやつ、あるじゃないですか。「出した」って聞いたからちょこっとだけ見たら、なんかこんな……バランスボールでぴょんぴょんとか。アイスキャンディーをペロペロとか。まだ、それで俺たちが興奮すると思っているのか?っていう(笑)。なんでそこのギミックは進化せえへんのや?っていう。

(吉田豪)わかります、わかります(笑)。あの、DVDって仕事でもらうことってあるじゃないですか。あれ、正直困るじゃないですか。まず見ないし。見たとしてもそういうので、また困るんですよ。

(山田ルイ53世)困る。「うーん……」っていう(笑)。

(吉田豪)「これを僕に渡してどうしろと?」っていう。

(山田ルイ53世)そうなんですよね。ちょっとそう思われてるのかな?っていう。「これでしょ? これで、そうなんでしょ?」みたいな思われてるのかなっていうのも嫌やし。

(吉田豪)「あなたもこういうので喜ぶんでしょう?」っていう。

(山田ルイ53世)そう思われているようで嫌やし。「そんなん、すな!」って言いましたけども。まあ、でも必死やからやっぱりいろいろ……何が引っかかるかわからへんからっていうことで。そうですよね。脱力タイムズのエンディングテーマかなんかもね、自分で応募してゲットしたらしいですからね。楽曲を。

(吉田豪)だって最近のラジオリスナーフェスでしたっけ? あれも出ていましたからね。ラジオリスナーアイドルとして。

(山田ルイ53世)そうか。いろんな方がいるじゃないですか。「ラジオ好き」をフックにされてる方。いや、僕は素晴らしいと思うんですけど。かといって、「じゃあ、ラジオ界は盛り上がっているのか?」って言われたら……。

(吉田豪)フフフ、残念ながらね(笑)。

(山田ルイ53世)正直、まあ豪さんはもっと長くでしょうし。僕もまあ、言うても10何年、ラジオを何かしらずっとやっていて。「いやいやいや、結構しんどいぜ?」っていう思いが……。

ラジオ好きアイドル的な人が聞く番組

(吉田豪)あの、ラジオ好きアイドル的な人が引っかかるラジオっていうのもある程度、決まってるじゃないですか。ローカルラジオまではまず行かないし。「YBSのキックス、聞いてます!」ってまず、あまりないじゃないですか。

(山田ルイ53世)ないし。あと、まあ大概がまず『霜降り明星のオールナイトニッポン0』とか。『菅田将暉のオールナイトニッポン』とか。「いやいや、ミーハーやないか!」っていう(笑)。めちゃめちゃミーハーやないかっていう(笑)。なにもマニアックでもないっていう。

(吉田豪)せめてね、「伊集院光さんが好き」とかだったら「おおっ!」ぐらいにはなるじゃないですか。

(山田ルイ53世)そのラインはわかります。いの一番に「伊集院光さん」っておっしゃる感じならまだわかるんです。

(吉田豪)「ラジオの爆笑問題が好きなんですよ」とか言ったら「おおっ!」なりますけども。

(山田ルイ53世)はいはい。くすぐられますよね。

(吉田豪)「オードリーさんが好きで」ぐらいだと「うん、まあいいけど……」ぐらいの。

(山田ルイ53世)そら、好きやろ。ラジオじゃなくても好きやろ? オードリーのことは。

(吉田豪)まあね。好感度が高いですよ。嫌いな人、いないですよ。

(山田ルイ53世)ほんでやっぱりね、なんかあるなと思ったんが僕、ついこの間、東野幸治さんに呼んでいただいて。ただただ東野幸治さんが僕のやっている番組を聞いてくれていたというだけで、東野幸治さんがオールナイトニッポンをやる時に呼んでもらったんですよ。

東野幸治と髭男爵・山田ルイ53世 企業営業を語る
髭男爵の山田ルイ53世さんが2020年9月21日放送のニッポン放送『東野幸治のオールナイトニッポン』に出演。東野幸治さんと企業営業について話していました。 『東野幸治のオールナイトニッポン』スペシャルゲスト髭男爵・山田ルイ53世さん、...

(山田ルイ53世)それ以降、どうもね、「ルネラジを聞いてます」っていうアイドルっぽい方にもちらほら、お会いするようになって。「なんじゃ、これ?」って思って(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハハハッ!

(山田ルイ53世)「なんや、これ! 何年やっても結局、それがないとアカンのか? こちとら12、3年同じやつをやってんねん。文化放送で流れもせえへんのに文化放送で録って。毎年、4局ネットが5局ネットになったらバンザイ言うて……っていうのをやってきて。でも結局はオールナイトニッポンなんやな」って思って(笑)。

(吉田豪)有吉さんとか東野さんぐらいですかね? 比較的名前とかを出しているのは。

(山田ルイ53世)有吉さんも、そうですね。ご自分の方で聞いているみたいなことをサラッとおっしゃってくれて。でも、逆になんか有吉さんが聞いてくださっていて、東野さんが聞いてくださっていても、世間的には聞いてないっていうことですよね?

(吉田豪)そういうことですね(笑)。意外と、だからradikoで課金している人が少ないってことですよ。たぶん。エリアフリーとかタイムフリーを使いこなす人がそんなにいないんじゃないですかね。

(山田ルイ53世)なるほどね。

(吉田豪)(コメントを読む)「ラジオ好きとひとえに言っても意外と話が合わなかったりする」。これね、僕がラジオ好きな声優さんを取材した時に「ラジオ、どんなのを聞いてるんですか?」って聞いたら……。

(山田ルイ53世)それ、2つ胡散臭いじゃないですか。

(吉田豪)なんですか?

(山田ルイ53世)「ラジオ好き」で「声優」って。もう2つ、胡散臭いですよ、これ(笑)。

ラジオ好き声優が聞いているラジオ

(吉田豪)でも、確認はしたいじゃないですか。聞いたんですよ、取材で。「主にJ-WAVEです」って言われて(笑)。

(山田ルイ53世)フハハハハハハハハッ!

(吉田豪)「それはラジオではない……」っていう感じになって(笑)。

(山田ルイ53世)「J-WAVEはラジオじゃない」っていう(笑)。

(吉田豪)「FMと言ってください」っていう(笑)。AMとFMの違いって本当に大きいんで。そこははっきりとしてほしいっていう(笑)。

(山田ルイ53世)そうですね(笑)。だから今そういう状態で……それはもちろんありがたい話ですよ。ラジオは僕、大好きでずっとやっていることなんでありがたいですけども。「今、ラジオが盛り上がっている!」って言って。それでやきそばさんあたりがローカルラジオをちょっと取り上げようとしている。その一連の流れが全て終わった後、ラジオは一斉になくなるんじゃないかなという怖さがあるんですよね。なんか。ローカル局の皆さんは喜んでいらっしゃいましたけどね。

(吉田豪)「ちゃんと取り上げてもらえる」みたいな。

(山田ルイ53世)「取り上げてもらえる」ということがありましたけどね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHOWROOM
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました