スポンサーリンク

吉田豪と志磨遼平 キングレコード・宮本純乃介を語る

吉田豪と志磨遼平 上京直後の高額バイト経験を語る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドレスコーズの志磨遼平さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんとももいろクローバーZやドレスコーズのプロデューサーを務めるキングレコードの宮本純乃介さんについて話していました。

(吉田豪)(コメントを読む)「ももクロに曲提供をした経緯は?」。

(志磨遼平)レーベルが同じなんですよね。キングの中のEVIL LINEっていうところで。で、5ヶ月連続とかでシングルを5枚出すっていうのの企画に呼んでもらって……という。

(吉田豪)あのレーベルの代表が変わった人だってよく聞いていて。

(志磨遼平)変わった人ですね。

(吉田豪)1回、町山智浩さんに「豪ちゃんさ、インタビューやった方がいいよ!」みたいな感じで。1回、ゴールデン街かなんかで飲んだのかな? で、「あの人、すごいネタいっぱいあるよ! 絶対に掘りなよ!」みたいなことを言われたことがあるんです。

(志磨遼平)僕もね、そこまで深くは経歴とか聞いたことないんですけど。でも、どう考えてもやっぱりおかしいですね。レーベルごとおかしいんで。

(吉田豪)レーベルごとおかしい。(コメントを見て)「宮本(純乃介)さんはどんな人?」っていうのが来ていますね。

(志磨遼平)宮本さんは豪快な人で。いちばん最初の方で話した曲の直し。夢アドの時に結構直したっていう。で、キングに移籍したばっかりの時は割と僕も言われたんですよね。で、それまで曲とか直したことがなかったんで、ちょっとムッとして。「ええーっ?」とか言っていたんですけども。ももクロちゃんがキッスのジーン・シモンズじゃなくてポール・スタンレーに曲を提供してもらって。で、キッスとやっていたじゃないですか。

(吉田豪)はいはい。

(志磨遼平)で、あの曲を書いてもらいに直談判をしに行ったんですって。で、最初はジーン・シモンズに曲を書いてくれって言って。「ああ、やるやる」みたいな感じになったんですって。で、書いてきてもらったのに対して宮本さんが「こんな曲、日本で売れるわけがない。日本のマーケットではこれはちょっと受けないから、書き直してほしい」って言って。「俺にダメ出しする気か!」ってブチ切れたところにポール・スタンレーが「えっ、俺が書こうか?」って横から入ってきて……。

(吉田豪)ええっ? そういう経緯?(笑)。

(志磨遼平)あ、これ、大丈夫かな? でもまあ、いい話じゃないですか。

(吉田豪)いい話ですよ。

スポンサーリンク

ジーン・シモンズにダメ出し

(志磨遼平)で、僕も「ジーン・シモンズにダメ出しした人だったら、言うこと聞いたろかな」って思いましたよ。やっぱり。で、直しましたね。僕も。でも、いい話。

(吉田豪)いい話。基本、だいたいのことは「いい話」って言えばなんとかなります!

(志磨遼平)フハハハハハハッ!

(吉田豪)僕もよくやるんですけども。「いい話!」って(笑)。

(志磨遼平)そう。いい話だと思いませんか?

(中略)

(吉田豪)あ、そうだ。いまの仮歌で思い出しましたよ。ももクロの仮歌、聞きたいですよ。志磨バージョン。

(志磨遼平)ああ、たぶんありますよ。あるはず。あとで送ります。

(吉田豪)嘘? お礼に(部屋にあるものを)なんでもあげますよ(笑)。

(志磨遼平)なんでもくれるんですか? やった! ああ、もちろん。

(吉田豪)ジュリーのマイクラジオとかあげましょうか?

(志磨遼平)えっ、なんですか、それは?

(吉田豪)ダブっているんで。それを取ってください。ジュリーのおもちゃです。

(志磨遼平)えっ、嘘でしょう!? えっ、マジっすか?

(吉田豪)それ、あげますよ。パッケージ、最高なんで。

(志磨遼平)えっ、最高すぎません? ええっ? いいんですか?

スポンサーリンク

ジュリーのマイク&ラジオ

(吉田豪)すごいデタラメなグッズで、ラジオで……当時すごいジュリーの曲が流れていた時代だから、ジュリーの曲が流れた瞬間に一緒にこのマイクで歌おう、みたいな(笑)。

(志磨遼平)全然音がするわけじゃないんですね?

(吉田豪)音は出るけど、ただのラジオにマイクがついているだけ。「ジュリーと歌おう」ってどういうタイミングだよ、それ?っていう(笑)。

(志磨遼平)拾った電波と一緒に歌おうっていう(笑)。

(吉田豪)偶然性に任せているっていう(笑)。

(志磨遼平)ええっ、これ、めちゃくちゃ……いいんですか?

(吉田豪)あげます、あげます。パッケージ、最高じゃないですか?

(志磨遼平)最高です。ええっ、やったー! 嬉しい!

(吉田豪)かわりに、デモをください!

(志磨遼平)もちろんですよ! 即送りますよ。

(吉田豪)やったー!(笑)。すげえ嬉しい。

(志磨遼平)やったー、嬉しい!

(吉田豪)本当、デモ音源がいちばん好きなんですよ。

(志磨遼平)前もおっしゃってましたね。送ります、送ります。

(吉田豪)ローリーさんのデモも結構もらいましたよ。

(志磨遼平)へー!

(中略)

(吉田豪)(コメントを読む)「オーケンさんもThe Go! Teamも宮本さんにダメ出しされたって言っているね」。

スポンサーリンク

大槻ケンヂ、The Go! Teamにもダメ出し

(志磨遼平)ああ、じゃあもうしょうがない。The Go! TeamってあのThe Go! Teamですか?

(吉田豪)あのThe Go! Team。

(志磨遼平)洋楽の?

(吉田豪)そうです。

(志磨遼平)えっ、関係あるんですか?

(吉田豪)『労働讃歌』はそうですよね。オーケン作詞、The Go! Team作曲。

(志磨遼平)おかしいな、やっぱり宮本さんは。ええっ、The Go! Teamに曲を頼んだのか! どうかしているぜ……。ええっ?

(吉田豪)フフフ、さらにダメ出し(笑)。

(志磨遼平)いい迷惑ですよね(笑)。

(吉田豪)「お前、頼んでおいて……」って(笑)。

(志磨遼平)すごっ! へー!

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました