スポンサーリンク

吉田豪 岡田斗司夫愛人騒動続報 退院後のニコ生放送と今後の展望

吉田豪 岡田斗司夫愛人騒動続報 退院後のニコ生放送と今後の展望 モーニングCROSS
スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉田豪さんがMXテレビ『モーニングクロス』で岡田斗司夫さんの愛人騒動の続報を紹介。病院から退院後のニコ生放送の模様や今後の展望について話していました。

(堀潤)さあ、豪さん。お願いします。

(吉田豪)はいはい。『豪さんの時間、ありません』って出てますよ(笑)。

(堀潤)あ、すいません(笑)。

(吉田豪)そんな流れで、すいません。

(堀潤)岡田斗司夫さん愛人騒動。

(脊山麻理子)ではもう、さっそく行きましょうか。

(吉田豪)はいはい。

(堀潤)岡田さんの愛人騒動。発端は岡田さんが女性とキスをしているプリクラ写真。岡田さんは当初、『ニセ写真』としていたものの、その後ネット動画放送で『写真は本物』と認め、逆に同時に80人の女性と交際していたことなどを公表。さらに、交際していた女性のリストとみられるものも流出。岡田さんは医師の診断により、1月21日から入院していたということです。

(脊山麻理子)で、1月30日に無事退院されたと。

(吉田豪)そうですね。

(堀潤)これ、豪さんがいち早く番組でも。

(吉田豪)そうですね。リスト流出の段階でここで紹介して。その時に前回、『もっと頭のいい人だと思っていました』って最初言ったんですが。本当、打つ手すべてが裏目に出ているパターンで。

(フィフィ)(笑)

(吉田豪)あのね、『当たり前ですけど、ニセ写真』って言って『写真は本物でした』とか。『リストは本物ですけど、妄想です』とか。

(堀潤)いや、最初はね、このニュースを聞いた時に、『ああ、岡田さんやっちゃったな』ぐらいでね。

(吉田豪)ぐらいでしたね。

(堀潤)ぐらいだったんですけど。ところがでも、情報がいろいろ出てくると、これは定かではないですけれども、いろんな業界内の斡旋というか、女性をあてがってるような証言が聞こえてきたりとか。

(吉田豪)ねえ。『君を業界で売ってあげるよ』みたいなことを言って、みたいな話がどんどん出たりとかですよね。

(堀潤)本当のところ、どうなのかな?大丈夫かな?っていうね。

(米田智彦)僕はあの、岡田さんのメールマガジンをとっていたんですけど。ずっとその、入院してても送られて来ていて。Twitterに対する悩みとかの答えもちゃんと出ていて。『衆人環視の下で私の写真を消してってお願いされたら、断るようにお願いする』っていう風な答えを出してて(笑)。もう、まさにブーメランみたいに自分に返ってきてるなって。

(堀潤)なるほど。

(吉田豪)で、昨日があれなんですよ。ニコ生で復活して。『入院について話します』って言ってたんですよ。で、僕も見てたんですが、スターウォーズの話をしただけで終わって、入院については来週っていうね。えっ!?・・・っていう。

(堀潤)どうしたんですか?岡田さん。言いにくいことがきっとあるんですか?

(吉田豪)本当、単純に思うのが、こういうなにか起きた時って、いま本当、完全無視するか、やりすぎなぐらい謝るか、どっちかだと思うんですよ。

(堀潤)ああ、なるほど。

(吉田豪)で、笑いに転がすのって相当技術が必要で。で、そこを選んじゃったんですね。前回、謝罪という名に放送で、笑いに転がそうとしたんですよ。で、その結果、最初のキスプリクラを出した人が怒って。

(堀潤)そりゃ、そうでしょう。

(吉田豪)で、たぶんリストを流した人が、たぶん怒って出したっぽいんですよね。許せない!って。

(堀潤)前回ね、田中康夫さんがいらっしゃる時に、吉田豪さんこの話をされて。ねえ。田中康夫さんもこう、やり方が非常にこう、批判してましたよね。

[関連リンク]吉田豪と田中康夫 岡田斗司夫愛人問題を語り合う

(フィフィ)あの時も私、いた(笑)。

(吉田豪)はいはい。で、僕がちょっと思い出したのが、元週刊プロレスの編集長でターザン山本っていう人がいまして。あの人と僕、よく仕事をしてたんですよ。で、だんだん途中からおかしくなっちゃったんですけど。それ、どういうことか?っていうと、文章講座とかを始めて、周りに生徒をいっぱい集めて。『先生』って呼ばれるようになっていて。そうすると、周りの人間にちょっとバカを見せられないっていう感じで。だんだんガード固くなって。あの、ちょっとおかしくなってっちゃったんですよ。

(堀潤)うん、うん。

(吉田豪)それに近いものを、ちょっと正直岡田斗司夫さんに感じていて。いま、年間12万円払って岡田さんの近くで仕事を学べる、みたいな人たちを集めてやっているんで。

(堀潤)逆にそうか。働く人が受講料みたいにして、お金を払って。

(吉田豪)そうなんですよ。だから・・・

(堀潤)もう本当に、ある種の教祖様みたいな形になって。

(米田智彦)『新しい会社のあり方』って言ってたんですよね。

(吉田豪)そうなんですよ。で、岡田さんがダメになった時に、そういう人たちに相談したって、いいアイデアが出るわけないじゃないですか。そこなんですよ。たぶん、人生相談の結構猛者みたいな感じで誌面とかでやってますけど。本人が相談できる人がいなかったことが問題だったと。

(堀潤)ああ、そうですね。

(フィフィ)(笑)

(米田智彦)僕、岡田さんが誰かに相談してるのの連載をみたいですね。

(吉田豪)そうなんですよね。

(フィフィ)もう、日本政府がてんやわんやしてる時に、岡田さんの話を持ってくるから、ほっこりします!日本はまだ大丈夫だ!

(吉田豪)そうなんですよ。

(フィフィ)日本はまだ大丈夫だと思いますわ!

(吉田豪)こういう話をできなくなった時、アウトです!

(フィフィ)本当にヤバくなった時。

(吉田豪)僕は本当、責任をもってこういう話をし続けたいと思っています。

(堀潤)うんうん。いや、本当その通りだと思います。この後、どうなっていきそうですか?豪さん。

(吉田豪)いや、だから途中からやり方を変えたのが完全にミスだったんで。昨日の放送で完全無視にしちゃったんですよ。批判を。遅いんですよ。最初っからやるんだったら、無視にすべきだったんですよ。

(堀潤)いろいろでも、リスクマネジメントのありようによっては、学ぶべきところがありますよね。

(吉田豪)そうですよね。だから炎上商法的に持っていけるかどうか?ですけど。それには本当、女性たちにどれだけちゃんと謝罪ができるか?の問題じゃないですか。

(堀潤)そうですね。いや、Twitterもいろいろ来てますよ。本当に。(ツイートを読む)『ターザンさんの話が出るとは!』って驚きの声もあがっています。あとはまあ、Twitter、ISIL関係も来てますし。またのちほど、紹介していきたいと思います。本当、こういう話もできる環境があるっていうのが、いまの現状で。なんとかこういう場を守らないといけないですよね。

(フィフィ)この番組がすごいんだと思うよ(笑)。

(米田智彦)振れ幅は(笑)。

(堀潤)えー、オピニオンCROSSは以上とさせていただきます。

<書き起こしおわり>

    [関連記事]

  1. 吉田豪と田中康夫 岡田斗司夫愛人問題を語り合う
  2. 吉田豪 岡田斗司夫愛人騒動続報 退院後のニコ生放送と今後の展望
  3. 吉田豪 岡田斗司夫愛人問題 第三弾 炎上ビジネスの狙いを語る
タイトルとURLをコピーしました