スポンサーリンク

能町みね子おすすめ曲『カンニングのヘイ・ユー・ブルース』

能町みね子おすすめ曲『カンニングのヘイ・ユー・ブルース』 久保・能町のオールナイトニッポン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

能町みね子さんがニッポン放送『久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポンGOLD』の中で、おすすめ曲として『カンニングのヘイ・ユー・ブルース』を紹介していました。

(久保ミツロウ)今週は能町さんの選曲ですが、なんですか?

(能町みね子)はい。今週、ちょっと別の局とかぶってしまったけど、でもどうしても流したい。『カンニングのヘイ・ユー・ブルース』です。

(久保ミツロウ)おっ、これは?

(能町みね子)カンニングさんね。お笑いのカンニングさんですよ。

(久保ミツロウ)『ヘイ・ユー・ブルース』は左とん平ですけど。

(能町みね子)そうですね。左とん平の、まあカバーなんですよ。で、私、この間ちょっとDJなんてものをやりまして。でぃーじぇーなんてものをやらしていただきまして。

(久保ミツロウ)ディスクジョッキーではなく?

(能町みね子)いや、ラジオDJじゃなくて、レコードを回す・・・まあ、CDですけど。回すDJなんてものをやらしてもらいましてね。

(久保ミツロウ)あらー・・・

(能町みね子)まあ、知り合いの店で、DJって言っても、自分の好きな曲を順番にかけるだけです。音楽を順番にかける人っていう意味のDJなんですけど。

(久保ミツロウ)CDで?

(能町みね子)しーでーで。しーでーでね。それでね、トリをこれにしたんですよ。最後の曲を。これ、名曲なんですよ。

(久保ミツロウ)私、聞いたことないですね。カンニングさんのこれは。

(能町みね子)あ、そうですか?まあ、左とん平さんのカバーなんだけど。でも、言ってることはもう、全然別物。

(久保ミツロウ)あ、そうなんだ。

スポンサーリンク

超脂が乗っている時代のカンニング

(能町みね子)うん。『ヘイ・ユー』っていうところは同じなんだけど。他のなんかセリフみたいな部分が、これはもうカンニングのお二人。まあ、二人だった時に、まさに売れ始めた超脂が乗っている時にやっていたやつで。竹山さんのあの、ガナリっていうか、怒り芸。怒り芸がめっちゃ脂乗っている時なんで。すごいしゃべりがね、いきいきしてるんですよ。で、曲もバンバンバザールがやっていて。しっかりした演奏をしてるんですよ。

(久保ミツロウ)へー。

(能町みね子)竹山さんって割りとそういう、いろんな音楽とかも知っている人らしくて。で、もうやりたいようにやってそうなったらしいんですけど。これをいつかかけたいと思っていたら、他局で最近。先週かな?吉田豪さんが流したんだよ、これをさ。

吉田豪 知られざる芸人名曲特集
吉田豪さんがbayfm『with you』に出演。芸人さんたちが発表している曲の中から、知られざる名曲を4曲、紹介していました。

(久保ミツロウ)来たよ、吉田豪!やっちゃうよー!

(能町みね子)かぶっちゃったんだよ。で、悔しいからやめようかな?って思ったんだけど。やっぱこれ、好きだから。流します。あの、竹山さんの脂の乗った、絶対にアドリブだと思われるしゃべりを聞いてほしいんですよ。ということで、『カンニングのヘイ・ユー・ブルース』。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました