スポンサーリンク

能町みね子が語る 宮沢りえと力士のCM共演の意味

能町みね子が語る 宮沢りえと力士のCM共演の意味 久保・能町のオールナイトニッポン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

能町みね子さんがニッポン放送『久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポンGOLD』のコーナー、相撲ガール教習所で、宮沢りえさんと妙義龍関がお茶のCMで共演したことの意味について語っていました。

(能町みね子)これ、お茶のCMね。妙義龍が出てるんですよね。実際は。

(久保ミツロウ)出てました。

(能町みね子)妙義龍関と宮沢りえさんと、なんか普通の男性みたいな感じ。『体脂肪率22%です』って言うんですけど。そんなことより何より、力士と宮沢りえさんが共演したことに感動しているよ!

(久保ミツロウ)(笑)

(能町みね子)わかるかい?これ。

(久保ミツロウ)ああー!

(能町みね子)若者、わかるか?

(久保ミツロウ)ああ、そこ、いまOKになったんだ!って。もう大丈夫だからって。

(能町みね子)そう。そして、この間のヨルタモリの時も、りえさん言っていた。たまたまその時に来たゲストが、私が相撲好きだってことを知ってくれていて。『いや、僕、相撲も好きなんですよ』って話をちょっとしたんですよ。番組と関係ないところで。

(久保ミツロウ)うん。

(能町みね子)したら、りえさんも、『なんかね、みんなすごい気を使っちゃっているけど、一緒に相撲とか見に行けたらいいのにね』みたいなことを言ってくれて。

(久保ミツロウ)ああーっ!!

(能町みね子)ああ、歳月は流れた!と思って。みんな、若者は検索しようね。何があったか。

(久保ミツロウ)ああ、うん。

(能町みね子)そこはもう、ずいぶん昔の話なんだよ。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました