義田貴士 原辰徳と松井秀喜の人間性を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スポーツジャーナリストの義田貴士さんがTBSラジオ『たまむすび』に出演。親交の深い原辰徳さん、松井秀喜さんの人間性について話していました。

(赤江珠緒)じゃあ93年から読売ジャイアンツの担当記者になられたということで、巨人ファンということで、これはもう夢のような?

(義田貴士)だって、申し訳ないですけど、目の前に原さんがいて。心のなかで『おお、原だよ!』って思ってましたからね。

(赤江珠緒)ねえ。そうですよね。当時のジャイアンツは93年に長嶋監督が就任されて、94年に篠塚さんが引退されて、95年に原辰徳さん引退と。もう激動の時代だったと。

(義田貴士)はい。

(赤江珠緒)いまでも原さんとはね、とっても交流があると。

(義田貴士)そうですね。非常にお世話になってますけど。はい。

(赤江珠緒)そうですか。

(ピエール瀧)原監督って、なんか普段は屈託なく明るそうな感じもするんですけど。どうなんです?

スポンサーリンク

監督としての原辰徳

(義田貴士)あの、基本やっぱり明るい、もう本当に若大将みたいな感覚の方ですけど。やっぱり監督っていう仮面をかぶると、変わります。

(ピエール瀧)やっぱ義田さんぐらい密着してると、怒っているところも見るんでしょ?どういう怒り方、するんですか?原さん。

(義田貴士)目つきがやっぱり鋭くなるんですよ。だから原監督は、怒り方っていうのも非常に変えていて。選手がちょっとメンタル的にも弱いかな?っていう人は、バババッと怒るんではなくて、最初にちょっと褒めて。いいところを言って、その後にちょっと注意をするとか。

(赤江珠緒)ああー。

(義田貴士)で、すごい重要なことは、絶対に人前では怒らなくて。監督室に呼ばれて。で、ちゃんとお話をされると。

(ピエール瀧)そうかー。まあ、お父さんの代から英才教育ですからね。監督業はね。

(義田貴士)お父さんの時の、やっぱり原監督は『東海大相模の時が人生の中でいちばん辛かった』っておっしゃってました。

(ピエール瀧)(笑)。そうなんだ!

(赤江珠緒)そうなんですか!

(義田貴士)そうなんですよ。あの、本当にこれ、原監督から直接聞いたんですけど。お父さんは本当のお父さんじゃないんじゃないか?っていうぐらい、高校の時にひどくいろんなことをされたというか。でもそれは、お父様は・・・

(赤江珠緒)実のね、お子さんだから。

(義田貴士)そうです。実の子どもだからっていうのはあるんでしょうけど。

(赤江珠緒)むしろ厳しく。他の人よりっていう。

(義田貴士)もう、先輩とかが、『おう、辰徳。お前、本当かわいそうだな。お前、あれぜったい違うぞ、お父さん。本当のお父さんじゃないぞ』っていう風に先輩が言ったぐらい。

(ピエール瀧)なるほど。先輩がかばうぐらい(笑)。厳しいと。

(義田貴士)そうなんです。

(赤江珠緒)うわー!そうですか。

(義田貴士)だからもう、いろんなものが培われてますよね。

(赤江珠緒)あの、今シーズンのこのセ・リーグの混戦時代については、原さんはいま、どんなお気持ちで?

(義田貴士)これはもう、たぶん、一歩でるチームがいないんだと思うんですよね。やっぱり乗り切れないじゃないですか。どこの球団も。もう、ジャイアンツもしかり。やっぱりこう、後半戦ね、オールスターのところでポンポンと行けるかな?と思ったら行けないとか。なのでもう、どこの球団も僕、可能性あると思いますよ。いま。

(ピエール瀧)近代野球って、どんどん拮抗しますし。毎年毎年チーム力ってガラリと変わったりしますもんね。

(義田貴士)代わりますね。補強も含めてそうですけども。だから今年はもう、本当にわからないです。

(赤江珠緒)ああ、そうですか。へー。そして、松井秀喜さんともね、プライベートでもかなり昔から親交があるということですが。

人格者・松井秀喜の魅力

(義田貴士)あの、松井さんはそれこそ、星稜高校の2年生の時に、赤江さんの出身の朝日放送の『熱闘甲子園』というのの、僕も担当をされていただいたので。その高校2年生。まだ彼が騒がれてない時ですよね。

(赤江珠緒)まだ敬遠される前。

(義田貴士)前の時から、ちょっとまあ、取材を。たまたまですけど。そこからずっとさせていただいているということですね。

(赤江珠緒)やっぱりその前から、すごかったですか?

(義田貴士)いや、もうすごかったですよ。ホームランをバンバン打ってますし。人よりもぜんぜん大きいですし。別格でしたね。

(ピエール瀧)すごいよねー。

(赤江珠緒)で、いまでもね、もう野球をお辞めになっても、メジャーを行かれても、ずっと人格者ということを松井さん、言われますけども。

(義田貴士)はい。まあ、松井さんはその、いろんな人をどういう人だろうと対応が変わらないので。それこそ、お店の方に対しても。たとえばホテルのフロントマンとかに対しても、まあ、あんまり変わらないんですよね。

(ピエール瀧)そう。すっごい人格者な感じ、するでけども、でもエロビデオが好きっていうところで僕は信用してますけどね。松井のことは。

(赤江珠緒)あ、おっしゃってました?そう。

(義田貴士)東スポの一面にドーン!と出てますから(笑)。

(ピエール瀧)そうなんですよ。

(赤江珠緒)えっ?東スポの一面に?

(義田貴士)ドーン!と出たんですよ(笑)。

(赤江珠緒)エロビデオが好きって?どういう記事なの?それ。

(ピエール瀧)僕の信頼度がどれだけ増したことか。これで(笑)。

(赤江珠緒)(笑)

(義田貴士)ピエールさん、僕もです!

(赤江珠緒)(笑)

(ピエール瀧)ねえ。そうですよね。やっぱりそう来てくれないと、完全に人格者だとやっぱ、近寄りがたいですもん。

(義田貴士)だから非常に人間味のある方ですね。

<書き起こしおわり>

義田貴士 原辰徳と松井秀喜の人間性を語る
スポーツジャーナリストの義田貴士さんがTBSラジオ『たまむすび』に出演。親交の深い原辰徳さん、松井秀喜さんの人間性について話していました。 (赤江珠緒)じゃあ93年か...
義田貴士 メンタルトレーナーという仕事と指導方法を語る
メンタルトレーナーの義田貴士さんがTBSラジオ『たまむすび』に出演。メンタルトレーナーという仕事や、メンタルの指導方法などについて話していました。 (赤江珠緒)へー!...
メンタルトレーナー義田貴士が語る 早実 清宮幸太郎の心の強さ
スポーツジャーナリストでメンタルトレーナーの義田貴士さんがTBSラジオ『たまむすび』に出演。早稲田実業の1年生、清宮幸太郎くんのメンタル面の強さやその秘訣について話していました。 ...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする