スポンサーリンク

ピエール瀧 たまむすび木曜日の選曲を語る

たまむすびメンバー 曜日ごとのケータリング格差を語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

TBSラジオ『たまむすび 秋のパブリックビューイングスペシャル』の中でたまむすびメンバーが曜日ごとのケータリングの違い・格差についてトークしていました。

(小林悠)(質問メールを読む)『ここが気になるたまむすび、いつもオープニングから1曲、音楽がかかりますが、何をかけるか誰が決めてらっしゃるんでしょうか?木曜だけ明らかに異常な趣味の選曲なのが気になります』。

(一同)(笑)

(ピエール瀧)はい。木曜、ピンポイントで木曜狙いですか?

(小林悠)そうみたいですね。

(ピエール瀧)木曜日の曲は僕が選んでいます。たまむすびになってからずっと選んでますね。

(赤江珠緒)もうずーっと木曜日の1曲目は瀧さん選曲です。

(ピエール瀧)もう、たまむすびになって1週目か2週目はディレクターが選んでましたけど。それからはずっと選んでますね。僕が選んでます。木曜日は。

(玉袋筋太郎)その日の気分とか?

スポンサーリンク

ピエール瀧の選曲基準

(ピエール瀧)まあ、そうですね。その日にあった出来事とか。あとはぜんぜん関係ないものとか。『昼にこれがかかるとびっくりするだろうな』っていう・・・

(一同)(笑)

(ピエール瀧)観点で選んだりしてますけども。

(博多大吉)我々、ないよね。そういうの。

(カンニング竹山)いや、もう勝手に書いてあるよね。『これをかけます』みたいなの。

(山里亮太)推薦曲だったりとかね。

(赤江珠緒)そうですね。選んだことってあんまりないですね。

(博多大吉)まあ、僕、嵐が好きなんで。

(赤江珠緒)そうですね。大吉先生、時々嵐を紛れ込ませたり。

(博多大吉)『そろそろ嵐をかけるべきではないのかな?』みたいな話はして。なんか、入れますけど。基本はもうディレクターさんが全部選んでいるんですね。

(ピエール瀧)でも、各曜日で選んでも別にいいのにねっていう気もしません?

(カンニング竹山)いや、そのシステムを知らなかったから。あの、ぶっちゃけ言うと、曲に関しては僕、ずっと個人的に思っていて。『ダッセーな』と思ってたんですよ。

(小林悠)ええーっ!?

(博多大吉)今日、言うねえ。

(カンニング竹山)いや、違う違う。曲のセンスがだっさい時があるんですよ。『いま、これ?』みたいな。でもそれは言っちゃいけないんだろうと思ったけど、いま、その話が出たからあれですけど。そしたらもう、選べるなら選びたいですよね。

(小林悠)だって玉さんだって1回、勝新さんのCD、流しませんでした?

(玉袋筋太郎)勝新の歌じゃないからね。勝新のしゃべりだからね。俺は。

(一同)(笑)

(玉袋筋太郎)あと、サザエさんのBGMとかね。

(小林悠)ああ、そうでした。ええ。

(ピエール瀧)でも、まあね、選んでもね。

(赤江珠緒)1曲目は思いを込めたい方は、じゃあぜひ。

(ピエール瀧)ねえ。自分で言うっていう。

(博多大吉)赤江さんも聞きたい曲とかないんですか?

(赤江珠緒)うん。それはあれば・・・

(博多大吉)あの、赤江さん。本番中ですよ?

(観客)(笑)

(赤江珠緒)いや、その時その時にね。毎日のことなんで。そこはやっぱり、パートナーの方の気持ち次第で。

(山里亮太)迷子の子みたいな顔して(笑)。

(赤江珠緒)大丈夫ですよ、はい(笑)。

(小林悠)これからもしかしたら、音楽のテイスト、変わるかもしれませんね。

(赤江珠緒)特に月曜日がチェックっていうことですかね?

(カンニング竹山)いや、でも本気じゃないですよ。本当にやれって言われたら、俺、面倒くさいの嫌だから。

(一同)(笑)

(ピエール瀧)いや、だから決めると面倒くさいから、かけたいのがある時にかけるっていう風にしておけばいいんじゃない?そうそうそう。そうしておけばね。

(玉袋筋太郎)あと、恥ずかしいじゃん。自分の好きな曲をこう、発表するなんつーのは。

(小林悠)恥ずかしいですか?

(玉袋筋太郎)恥ずかしいよ。『あいつ、こんなの聞いてんのか?』みたいな。

(小林悠)(笑)。考えすぎですけどね。

(ピエール瀧)でも、いいでしょう。そういう時もね、ありますよと。

(玉袋筋太郎)オッケー、オッケー。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました