スポンサーリンク

金田淳子が宇多丸に語る『島耕作』流ビジネス処世術

金田淳子が宇多丸に語る『島耕作』流ビジネス処世術 宇多丸のウィークエンド・シャッフル
スポンサーリンク

(宇多丸)そうですね。はい。でも、いまのところね、『あせらない』『抗わない』。まあまあ、納得できるラインでしたよ。今日の金淳は大丈夫だ!と思ったところで、最後の項目、まいりましょう。島耕作に学ぶビジネススキル。3つ目の『あ』。『アレをあそこに入れておく』。

(金田淳子)はい。これですわ。

(宇多丸)あー、もうちょっと、特にコメントを付け足したくもない感じの・・・

(金田淳子)いやいや、これがですね、いちばんビジネスに役立っているんですけど。正直。あの、実は社長7巻で起きたエピソードなんですが。これは実は島じゃなくて、曽烈生(それっせい)。これもね、もう樫村に次ぐ人気って言っていいんじゃないかな?

(宇多丸)曽烈生?

(金田淳子)うん。曽烈生っていう中国人のマフィアの方がいて。レアメタル買い付けにボリビアに行っている時に、闇の組織と対立してしまい、相棒となっていたボリビア人の人と一緒にさらわれて。さらわれた後、こういうことが起こっているんで・・・

(宇多丸)まずさ、みなさんこれ、社長になって、島耕作の世界の話ですよ、これ。

(金田淳子)はい。島耕作の世界ですけど、マフィアとかしょっちゅう出てくるんで。大丈夫です。そして、さらわれて行きます。で、まあ、『お前たち、やってくれたな!』ってことで、この相棒の人は原住民だったから処刑のやり方は先住民族たちの間で名誉ある死と言われていた馬裂きでって。

(宇多丸)うわーっ!

(金田淳子)って言って、『ああーっ!』って。

(宇多丸)車で手足を縛られて、引っ張られて。

(金田淳子)はい。ブチブチッ!って。

(宇多丸)ちょちょっ・・・切り株表現。切り株表現。

(金田淳子)はいはい。そして、『さあ、中国人。お前の番だ!』って。なぜか全裸にされているんですけど。

(宇多丸)裸である必要があるのか?っていう問題、ありますけども。

(金田淳子)まあまあ、ここはちょっとお楽しみがあったのかもしれないですね。

(宇多丸)そうかそうか。そういう含みもあったかもね。

(金田淳子)含みもあったけども、まあそれは置いておいて、ここは極寒の地なんですよね。だから、なぜかとどめを刺さないんですけど。なぜかとどめを刺さず、『ここに一晩いたら死ぬだろう。アディオス!』って言って去っていくんですよ。車で。

(宇多丸)はいはい。

(金田淳子)みんなが。で、放置された・・・

(宇多丸)要は、このまま放置されたら死んじゃうかもしれないぐらいなんですかね?

(金田淳子)そこでこの曽烈生。慌てず騒がず、『こんなこともあろうかと拉致される前に準備はしておいたんだ』って言って、ほら!

(宇多丸)あの、ええと、説明させて頂きますと、『ヌル』といってですね、要は全裸ですよね。曽烈生さん。

(金田淳子)全裸よ。何も持っていない。

(宇多丸)何も持っているはずのない曽烈生さん、やおら!まあ、アナルですかね?

(金田淳子)まあ見た感じ、尻の間の菊の花かな?

(宇多丸)えー、私がアナルって言ってるんで、それ以上説明、いらないんですけど。まあ、肛門から携帯電話をやおら取り出して。しかも、コンドームに入れてるんですかね?

(金田淳子)これは抜かりない。故障とかしないように、ね。

(宇多丸)まあ、スマグラーが使う手法ですよ。その、コンドームにいれて、すっと取り出して、やおら電話をするという。

(金田淳子)で、電波は通っているのか?とか、そういう不安もあるながら、まあ通じるわけですよ。

(宇多丸)まあ、衛星だったんじゃないですか?

(金田淳子)衛星携帯。ちなみにこれ、みんな心配になっていると思ますが。一応、新製品のペン型携帯っていう、そこそこ細いやつです。はい。

(宇多丸)(笑)。たしかにね。うん。衛星なんて、相当でっかいですけどね。このあたりは、やっぱりちゃんと。

(金田淳子)まあちゃんと、指2本分くらいかな?なんで・・・

(宇多丸)そんなの、わかんないじゃないですか。この画面で!

(金田淳子)いやいやいや(笑)。で、あの、携帯も通じましたってことで、最後、この・・・

(宇多丸)全裸で上からヘリコプターに照らされて、ドーン!と。雄々しく。こんなにその、男性の裸体っていうのを強調する必要のある場面でなくても、こうやるというね。

(金田淳子)はい。これはやっぱり、サービスシーンってことかな?

(宇多丸)ビジネススキルと関係ないじゃないですか!

(金田淳子)いや、だからあの、いつ、サラリーマンをやっていると、レアメタルとかを買い付けていると、いつ、拉致されて全裸にされるかわからないっていうことですよ。全裸にされて山中に・・・で、全裸にされてウタマロポイントがつくならまだしも、極寒の山中に放置されるってこともあるかもしれないじゃないですか。そういった時に、アレをあそこに入れておく。もう、これを読んだ・・・もう2010年なんですけど、2010年にこれを読んだ時に、みんな本当にこの時から、『アナ携』『アナ携は大事!』っていうね。

(宇多丸)そうなんですか?

(金田淳子)はい。『アナル携帯』っていう言葉が流行りだしたんですよ。

(宇多丸)流行りだしたんですか?初めて聞きましたよ、これ!日経とか、そういうあたりではみんな使ってるんですか?

(金田淳子)まあ、たぶん特集とかしてるんじゃないかな?あの、アナルにいちばん入れやすい携帯はどれだ?みたいな。

(宇多丸)特集(笑)。使い勝手のね。使用感の話から。

(金田淳子)そうそう。ビジネス雑誌ではやってるんじゃないですかね?

(宇多丸)『ああー!』だって。ああ、嫌な予感が。思った以上に当たったというね、この3つ目の『あ』でございまいしたけど。

(金田淳子)でも本当、宇多丸さんもね、いつ、なにが起こるかわかんないから、備えを常に・・・

(宇多丸)いや、備えておけばそりゃ役立つ時もあるかもしんないけど。いつも携帯電話をアナルに入れていたら、他の・・・お腹が痛いとかさ、他の不自由が起こるじゃないですか。だって、それは。

(金田淳子)その時だけ抜くんです。

(宇多丸)えー、ありがとうございますね。あの、ちょっと金淳さんね、こんなことをやっていると、弘兼先生から本当に明日の特集の公認、外されちゃうっていう可能性があるからさ。

(金田淳子)いや、そんな、大丈夫ですよ。弘兼先生は大丈夫です。だって、弘兼先生が描いたんだし。これ(笑)。

(宇多丸)まあ、描いてあるんだもんね。本当のことを言っているわけだから。というですね、心配を吹き飛ばすかの如くですね、なんと、これをお聞きのビジネスパーソンのみなさんですね、この3つの『あ』を心に刻んでおいていただきたいんですが。なんと!今回の特集がオフィシャルであることの証拠として、弘兼憲史先生ご本人から、公式にコメントをいただいておりましたということで。

(金田淳子)あ、本当ですか?マジで!?

(宇多丸)逆に言えば、確実に聞かれているということですからね。

(金田淳子)あれっ?どうしよう・・・

(宇多丸)ちょっと背筋が、ちょっとね。凍るっていうかね。

(金田淳子)でも本当のことしか、私は言って・・・

(宇多丸)まあ、そうでした。たしかに描かれていることでした。っていうことで、これね、実は今を生きる社会人に向けた、ビジネスパーソンに向けた、実は熱いメッセージだそうなんだ。

(金田淳子)そうなんだー。

(宇多丸)僭越ながら、私、宇多丸からですね、この弘兼先生のコメントをご紹介させていただきたいと思います。

(金田淳子)はい。

弘兼憲史先生のコメント

(宇多丸)代読させていただきます。『5月病は新しい環境に適応できないために生じる鬱状態が4月の入学、入社を経て、1ヶ月後ぐらいに現れる適応障害だ。やる気がある人ほど起こりやすいと言われ、決して怠け病ではない。こう考えよう。人生は次々と新しい環境が目の前に現れる。学生時代は同じ齢の気の合う仲間とだけ付き合っていればよかったが、社会に出ると違う。全く世代の違う人間と、しかも最も苦手なタイプと一緒に仕事をしなければならない場合もある。つまり、好かれたり、嫌われたり、腹が立ったり、泣きたくなったり、嬉しかったり、楽しかったりが目まぐるしくやってくるのだ。そういうものがセットになって人生だ。だから人生は面白い。この先、大変な状況や危機的状況に何度も出会うだろう。それを楽しめ。クリアすることを楽しむんだ。人生という自分専用のゲームに没頭しろ。楽しいことも山のようにある。部屋でグダグダしている暇はないぞ! 弘兼憲史』ということでございます。

(金田淳子)おおーっ!素晴らしいですね(拍手)。

(宇多丸)ちょっと・・・本当、素晴らしいですよ。素晴らしいだけに、その手前との落差に、私はちょっと本当に申し訳ない気持ちでいっぱいなんですけど。

(金田淳子)いやいやいや、でも本当、このゲームは自分専用だったんですね。

(宇多丸)まあ、そうですね。そう思えばね。

(金田淳子)私のゲーム、ちょっとハードモードしかなかったみたいなの、あるけど。

(宇多丸)なるほど。ハードモードだけに、やっぱり生き残るためには、やっぱり入れておかなきゃいけないってのもあるけど。

(金田淳子)そうそうそう。あるし、あと、選択肢が結構限られているんですけど。まあ、それもまた、楽しんでいく。

(宇多丸)金淳さんが何を匂わしているのか、わかんない時がたまにあるんだけどね。お願いしますよ。本当に。

(金田淳子)(笑)

(宇多丸)いや、これ、すごいじゃないですか。公式のコメント。ありがとうございます!弘兼先生。ちょっと。

(金田淳子)ありがとうございます。

(宇多丸)最後にいちばんこれね、本当にビジネスパーソン。5月病になりかけのみなさんね、役立つものがいただけたんじゃないでしょうか。

(金田淳子)よかった。私がウダウダ言うよりも、この、ね。この先生のね、400字がみなさんの心に刻み込まれたことと思います。

(宇多丸)でも同時に、先ほどおっしゃられたように、弘兼先生がお描きになっている主人公像のように、たとえばほら、無駄に力みすぎないとか。ガツガツして、要は人をそこで、ガツガツするために人を蹴落とすとか、そういう卑劣なことをするとさ、それはそれでマイナスになったりとかするでしょうし。

(金田淳子)そうそう。そして、まあ結構マフィアとかに襲われたり、銃撃されて死ぬ人とか、自殺や殺人が起きても、『これは大変なことになったぞ』と構えるってことが大事。楽しんでいくっていうのかな?

(宇多丸)まあでも、たしかに、人生何事も、『これは大変なことになったぞ』って。ある種、ちょっと1個引いてっていのもあるかもしれないって。無理やりね、私が本当に『受け』。『総受け』でオールキャッチしている特集でございます。

(金田淳子)受けてもらいました。

(宇多丸)といったあたりで、見事弘兼先生のコメントで締めていただいたところで。

(金田淳子)きれいに収められそうです。

(中略)

(宇多丸)でもまあ、金淳さん、ちゃんときっちり島耕作。シリーズを通して、やっぱり読まれてっていうことで。

(金田淳子)まあ、大ファンですから。

(宇多丸)わかる特集だったと思いますので。最後にじゃあ、これ、金淳さんの口からね、おっしゃっていただいた方がいいかもしれませんね。島耕作に学ぶビジネススキル、3つの『あ』。金淳さん、よろしくお願いします。

(金田淳子)では、改めて申し上げたいと思います。1つ目『あせらない』。2つ目『抗わない』。最後、『アナルに携帯』。この3つですね。

(宇多丸)(笑)。3つ目はね、体調に合わせてやってくださいね。

(金田淳子)そうですね。下痢の時はやめた方がいいと思います。

(宇多丸)はい(笑)。あの、喉がね、ちょっと咳が出てしまいました。以上、人間交差点前夜祭およびゴールデンウイーク終了対策 ビジネスパーソンよ、5月病に悩まされるその前に、漫画島耕作から処世術を学ぼう特集でした。金淳さん、そして弘兼先生、ありがとうございました!

(金田淳子)ありがとうございました。

<書き起こしおわり>


https://miyearnzzlabo.com/archives/17267

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
宇多丸のウィークエンド・シャッフル
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました