スポンサーリンク

北野武が語る 新弟子時代の玉袋筋太郎と浅草キッド社長会

ビートたけしと玉袋筋太郎 頭髪偽装を語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

北野武さんがTBSラジオ『たまむすび』に出演。高校生で追っかけだった玉袋筋太郎さんが弟子入りした頃の話や、毎年恒例の接待、浅草キッド社長会について話していました。

(北野武)お前なんか、だいたい俺がお前を知ってんの、高校3年ぐらいじゃないの?お前。

(玉袋筋太郎)そうですよ。

(北野武)三人組で追っかけてたんだから。

(小林悠)覚えてるんですか?追っかけの時から。

(北野武)知ってるよ。だって、こいつに小遣いやったもんな。

(玉袋筋太郎)いただきました。

(北野武)支度金、やったんだから。

(玉袋筋太郎)そうですよ。弟子入り。

(小林悠)弟子入りに際して。

(玉袋筋太郎)うん。『まだ実家で通ってます』っつったら、『これで部屋借りろ』っつって。

(北野武)お父さんがほら、オカマバーやってる時。

(玉袋筋太郎)まあまあまあ、そうでしたけど(笑)。

スポンサーリンク

浅草キッド単独公演 浅草キッドの会

(北野武)で、こいつのお母さんが、こいつら出世して、紀伊國屋でワンマンショーやったんだよ。『浅草キッドの会』って。そしたらお母さんが和服着て。品のいいお母さんが来て。『どうも、うちの息子がお世話になります。やっとこんな会ができるようになりました』って言ってるのよ。

(小林悠)ええ。

(北野武)『いや、とんでもない』って言ってたら、『ちょっと二人だけで・・・』っていうから、何か相談事あるのかと思ったら。二人きりになったら、あたり見渡してから、急に懐に手を入れて。3千円出して、『これであったかいもんでも食べな』って言って。芸人を何だと思ってんだ、バカ野郎!と思って。

(小林悠)(笑)

(北野武)なんだ、その『あったかいもんでも食いなさい』って。いまだに芸人が貧乏だと思ってんだよ!

(玉袋筋太郎)すいません、本当、その節は!

(北野武)『これで食べなさい』って、手渡しして。手を握ったりなんかして。『がんばるのよ』って、ふざけんな!っつーんだよ。

(玉袋筋太郎)土下座しちゃってんだもん。俺のおふくろ。殿に会った時に。

(北野武)なんだ、あったかいもんって!?

(玉袋筋太郎)あったかいもんって、もう本当・・・

(小林悠)それだけ真面目なご家族っていうことですよね。

(北野武)子どものために師匠に3千円くれて、あったかいもん食べなさいって説教するおばさんもおばさんだよ。失礼だよ。

(小林悠)(笑)

(玉袋筋太郎)すいません、本当に。でもほら、高校生の時に20万円もらって、『これで部屋を借りろ』っつったんだけど、やっぱりそれ、借りなくて。

(北野武)そうだよ、お前。高校の時に20万円やってよ。新田純一っていんだろ?

(玉袋筋太郎)はい。新田純一。

(北野武)マッチのニセモンみたいなの。あいつもよ、俺によ、女連れてよ、20万貸してくれって来やがってよ。

(玉袋筋太郎)(笑)

(北野武)貸したらよ、何年か前に『頭来た!新田純一の野郎、20万円返さねえ』っつったら、すっ飛んで来てよ(笑)。

(玉袋筋太郎)返してくれました?

(北野武)返してきた。

(玉袋筋太郎)よかったー。

(北野武)で、『いらねーよ』っつったら、『すいません。映画、出して下さい』ってまだたのみやがんの。あいつ。

(玉袋・小林)(笑)

(北野武)ふざけやがって。

(玉袋筋太郎)俺もじゃあ、返した方がいいかな?20万円。

(小林悠)あ、そのうち(笑)。

(玉袋筋太郎)まあまあまあ、ほら。社長会で返してますから。社長会で。

(北野武)社長会、やってくれんのよ。

(玉袋筋太郎)社長会ですよ。

(小林悠)社長会をやろうっていうのは、どちらからの提案だったんですか?

(玉袋筋太郎)我々キッドからですよ。

(北野武)お世話になっているからって。料理屋呼んで、全部、好きなもの食べて、帰りにタクシー代1万円くれるのよ。そん時は、『たけちゃん』とか全部言ってよくて。そいで、芸人じゃなくて社長だから。

(玉袋筋太郎)俺、社長なんすよ。

(小林悠)浅草キッドの方が。

(北野武)で、『最近、芸が荒れてるよ』とかさ。『この間、テレビ見たけどつまらなかった』とか。好きなことを言うのよ。

(小林悠)ええーっ!?(笑)。

(玉袋筋太郎)『どうなの?映画の方は』とかね。『おねえちゃんの方はどうなのよ?』とか。

(北野武)で、『どうも・・・』とか言って。『もっと飲みなよ』『ありがとうございます』とか飲んで。帰り、1万円もらうのよ。『じゃあ、これで帰って』って1万円もらった後にロールスロイスが迎えに来て。それに乗って帰ると。

(玉袋筋太郎)6千万だよ。

(北野武)目が点になって終わりなんだけど。

(小林悠)(笑)

(玉袋筋太郎)だって俺と博士、帰りタクシー、割り勘で帰るんだから。で、俺たちと殿は遊びわかっているからいいんだけど。お店の女将さんとかが、俺たちがお金持ってねえと思って、すごい心配を(笑)。

(北野武)『もうやめた方がいいんじゃないですか?』って言われてんの。

(玉袋筋太郎)『そんなワイン、出さない方がいい』って(笑)。

(北野武)『ワインと、すっぽんをもう一鍋』って言ったら、『やめた方がいいと思いますよ』って。

(玉袋筋太郎)『たぶん、この人たちは払えないと思うんで』って。がんばってこっちも福沢諭吉を・・・

(北野武)かわいそうだよ。『もうひとつでやめておいた方がいいですよ』って言われて、すげーかっこ悪いんだよ。

(玉袋筋太郎)気を遣われて。いやいや。

(小林悠)どのぐらいのペースでそれはやっていますか?

(北野武)年一回。

(小林悠)年に一回。

(玉袋筋太郎)ねえ。もう、やらせてもらってますよ。ええ。

(小林悠)殿はその1万円はどうされているんですか?

(北野武)飾ってあるよ。神棚に。

(小林悠)えっ、これまでもらったもの、全部ですか?

(北野武)置いて。俺、長生きしちゃうから。こいつら、先に死んじゃう感じだから。

(小林悠)(笑)

(玉袋筋太郎)たしかに、リーチかかってますけど。

(小林悠)かかってないですよ!(笑)。

(玉袋筋太郎)どうですか?この師弟愛。

(小林悠)本当ですね。

(玉袋筋太郎)もう、ねえ。

<書き起こしおわり>

    [関連記事]

  1. 北野武と玉袋筋太郎 頭髪偽装を語る
  2. 北野武『龍三と七人の子分たち』と個性豊かな下町のジジイを語る
  3. 北野武 フランス文化勲章三冠と東京五輪開会式企画を語る
  4. 北野武 生まれ育った足立区のワイルドな世界を語る
  5. 北野武が語る 新弟子時代の玉袋筋太郎と浅草キッド社長会
  6. 北野武とビートきよし『赤信号 みんなで渡れば怖くない』を語る
  7. 北野武とビートきよし 『龍三と七人の子分たち』を語り合う
タイトルとURLをコピーしました