スポンサーリンク

風間俊介と玉袋筋太郎 スナックを語り合う

風間俊介と玉袋筋太郎 スナックを語り合う たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

俳優の風間俊介さんがTBSラジオ『たまむすび』にゲスト出演。玉袋筋太郎さん、小林悠さんとスナックについて語り合っていました。

(小林悠)午後1時になりました。みなさん、こんにちは。TBSアナウンサー、小林悠です。

(玉袋筋太郎)しとしとぴっちゃん、しとぴっちゃん♪玉袋筋太郎でございます。雨だよ。冷たい雨だ。

(小林悠)ちょっと雪に変わるんじゃないかなと思いますけどね。現在の赤坂は7.2度。湿度81%。お足元にお気をつけあそばせ。

(玉袋筋太郎)そういうことでございます。

(小林悠)と、いうわけで・・・でもね、いまこちらのスタジオはすごくね、暖かな太陽が、私たちの心を照らして(笑)。

(玉袋筋太郎)太陽だよ!空に太陽がある限り!行こう!早く紹介しろ!

(小林悠)スペシャルゲストです。俳優の風間俊介さん。よろしくお願いします!

(風間俊介)太陽こと風間俊介です。よろしくお願いします(笑)。

(玉袋・小林)(笑)

(玉袋筋太郎)いやー、素晴らしいよね。若くてキラキラしてさ。今日、こうやっていま1時すぎましたよ。で、その間に俺がいろんなことあったんだから。実は。風間くんのこの太陽の前に。来る途中、車で曙橋のところ、坂を上って走っていたら、また会っちゃったよ。田代まさしさんと。俺。

(風間俊介)へー!

(小林悠)あ、よく偶然会うんですよね。

玉袋筋太郎が語る 田代まさしと町でばったり遭遇した話
玉袋筋太郎さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で、町中でばったり田代まさしさんと遭遇した話をしていました。合わせて、ばったり遭遇した様々な人たちの話もしています。

(玉袋筋太郎)そう。田代さんと会っちゃって、びっくり。田代さんの後にこの風間くんでしょ?この俺の振り幅!すごいよ!

(小林悠)(笑)。本当に、ねえ。

(風間俊介)偶然会うって、そんなしょっちゅう会うの、すごいですね。

(玉袋筋太郎)『見てるぞ、「バラいろダンディ」』だって(笑)。いちばんそれでネタにしてるんだけどさ!

玉袋筋太郎・宇多丸 田代まさし復帰を語る
玉袋筋太郎さんと宇多丸さんがMXテレビ『バラいろダンディ』に出演。ニュース解説コーナーで復帰イベント開催が発表された田代まさしさんについて話していました。

(小林悠)(笑)

(玉袋筋太郎)まあまあ、そういったわけで。今日はもううれしいね。

(小林悠)うれしいです。ありがとうございます。

(風間俊介)とんでもないです。こちらこそ、ありがとうございます。

(小林悠)ラジオもよくお聞きになっていると?

(風間俊介)そうですね。やっぱり車を運転する時とかはラジオが多いですね。

(玉袋筋太郎)そうだよね。もちろん、赤坂だよね?

(風間俊介)もちろんですよ!そんなのは。

スポンサーリンク

ラジオは赤坂派

(玉袋筋太郎)そんなの、浜松町、有楽町なんかに浮気されたらたまったもんじゃないんだから!

(小林悠)(笑)

(風間俊介)パッてラジオをつけた瞬間にもう最初から赤坂担ってますから。

(玉袋筋太郎)954!

(小林悠)FM905!ちなみに、お好きな番組とかってなにかありますか?『たまむすび』?

(風間俊介)そうですね。もちろん、『たまむすび』になりますね。

(小林悠)ありがとうございます(笑)。

(玉袋筋太郎)キラキラ、太陽の光線。浴びてますよ。

(風間俊介)本当にあの、『たまむすび』に出るにあたって、今日という日はぜったいに遅刻しちゃいけないなと思ったので。

(小林悠)(笑)。わかってらっしゃる!

(玉袋筋太郎)ピエール瀧、聞いてっか?この野郎!本当に。あいつはもう、遅刻したって許される存在になってんだよ。憎たらしいね、あの野郎は(笑)。

(風間俊介)(笑)

(小林悠)12時58分に起床だったらしいですからね(笑)。

ピエール瀧 TBSラジオ『たまむすび』に再び大遅刻する
ピエール瀧さんがTBSラジオ『たまむすび』に大遅刻。番組冒頭から赤江珠緒さんが1人で放送を始め、瀧さんが到着するまでの時間を凌いでいました。

(玉袋筋太郎)12時58分(笑)。それに比べてね、風間くんなんかは放送が始まる前から、ブースに来てくれて。『1人ぼっちだと寂しいから、ちょっとお話させてください』って。出世するよ、本当にもう!

(風間俊介)出世したい!

(玉袋筋太郎)してる!小林さん、肩書、ちょっと読んでよ。すごいんだから。

(小林悠)肩書、よろしいですか?恥ずかしがらないでくださいね。現在32才の風間さんですけども。10代の頃、ジャニーズ事務所のオーディションを受け、所属。99年、『3年B組金八先生 第五シリーズ』で兼末健次郎役を演じ、日刊スポーツドラマ・グランプリ新人賞を受賞。

(玉袋筋太郎)ほら!すごいでしょ?

(風間俊介)ありがとうございます。

(玉袋筋太郎)押上が生んだスーパースターですよ!

(風間俊介)(笑)

(玉袋筋太郎)押し上げますよ、俺は!

(風間俊介)本当に、荒川のロケ、最高に近かったです。

(玉袋・小林)(笑)

(玉袋筋太郎)ミスター荒川ですね(笑)。

(小林悠)あと、フジテレビのドラマの『それでも、生きてゆく』でも、助演男優賞ですよね。ザテレビジョンドラマアカデミー賞ですよね。あと、日本放送映画藝術大賞 優秀助演男優賞も受賞。2012年にはあのNHK連続テレビ小説『純と愛』にもご出演。

(玉袋筋太郎)あのね、同じ空気吸っちゃいけないよ、この人と。

(小林悠)(笑)

(風間俊介)いえいえ、とんでもないですよ。ありがたいですよ。本当に。

(玉袋筋太郎)すごいなー!

(小林悠)本当に光り輝いている風間さんですね。でも、お酒が結構お好きで?

スポンサーリンク

お酒好きの風間俊介

(風間俊介)そうですね。あの、まあ下町で。なんて言うんですか?20才になった瞬間に、親父たちに『じゃあもう升酒!』みたいな感じで注がれてからかもしれないですけど。

(玉袋筋太郎)ああ、いいね、いいねー。

(小林悠)忍成くん。

(玉袋筋太郎)そう。忍成くんで押上ですよ。いいじゃない、それ。飲むようになって。うん。やっぱね、そういうね、若い頃から大人と一緒に飲んでいるとね、やっぱり酒場の席でも、共通言語があったりするんだけど。俺、この間、ロケに行ったんだよ。トラックのロケで。で、10人ぐらいスタッフがいて、夜、居酒屋行ってメシ食おうって。で、ついたADの女の子が20才。まだ3ヶ月。

(小林悠)あらー。

(玉袋筋太郎)でもまあ、一応仕事としてはさ、オーダーをその女の子が取るじゃない?ねえ。じゃあ、彼女に言えばいいんだってさ、こっちも言うわけだよ。やっぱね、20才の子はすごいね。

(小林悠)すごいって、どういうことですか?

(玉袋筋太郎)まあ、俺がメニューを見て。結構魚がある居酒屋だったから。『うーん。じゃあ俺はホヤね。ホヤ』『ボヤですね?』。

(風間・小林)(笑)

(玉袋筋太郎)『あのねえ・・・ホヤだから。ホヤ!あと、氷下魚(こまい)。氷下魚の丸干し。たのむよ』って言ったら、『狛江ですね?』って。狛江!?小田急線!?

(風間・小林)(笑)

(玉袋筋太郎)で、氷下魚がなかったんですよ。丸干しが売り切れだった。だから俺、違うもので。『イワシの丸干し』って言ったんだよ。『丸干し』ってお姉ちゃんに言ったら、『はい。丸腰』って言って(笑)。

(風間・小林)(笑)

(玉袋筋太郎)あのさ、伝わんねえよ、そりゃ!丸腰ってお前、なんなんだよ、それ?丸腰って。ゴリさんかよ、お前?(笑)。

(風間俊介)『丸出し』じゃなくてよかったですね。

(玉袋筋太郎)丸出しじゃなくてよかったよ!

(小林悠)(笑)

(玉袋筋太郎)本当に。いや、だからそうやって若いうちから・・・なんか、スナックも行くらしいじゃない?

(小林悠)そうなんですってね。

スポンサーリンク

スナックでモテモテ

(風間俊介)はい。僕、やっぱりジャニーズにはいるんですけど、やっぱりコンサートとかキャーキャーするところには行ってないんですけど。スマ・・・スナックだけはね。

(玉袋筋太郎)いま、『SMAP』って言ったね?ドキッとしたんだけどね、俺ね。

(風間俊介)いや、でもやっぱりスナックとSMAP、やっぱり間違いがちなんで。

(玉袋筋太郎)まあ、そうだよね。うん。

(風間俊介)僕、スナックに行った時だけはむちゃくちゃモテるんですよ。

(小林悠)なに言ってるんですか。いつもモテてると思いますけど。なお一層モテると?

(風間俊介)いや、もう本当におじさま、おばさま方からは相当モテますよ。僕は。

(玉袋筋太郎)ちょっと待ってよ。俺の方がモテるよ。はっきり言って。

(小林悠)(笑)

(玉袋筋太郎)スナックでは。風間くん、そりゃいくらね、君が賞をとっているかもしれないけど、ことスナックのモテ方だったら、俺はぜったいに負けない!

(小林悠)どうモテるんですか?

(玉袋筋太郎)そりゃ、おじさん、おばさんからだよ。『おう、玉ちゃんよ、飲めよ』とかさ、『一緒に歌おうぜ』とかよ。『この後、寿司屋行こう』とか。モテモテじゃん、俺。

(風間俊介)いや、もう僕はあれですから。おじ様方が入れたうちの事務所の曲に対して、踊り狂いますから。

(玉袋筋太郎)強い!

(小林悠)あっ、そりゃちょっと・・・

(玉袋筋太郎)歌舞音曲は強いからな!この事務所は。

(風間・小林)(笑)

(玉袋筋太郎)強いんだよ!ここはちょっとね・・・踊るか。あ、俺だって踊るよ?

(小林悠)なにを踊りますか?

(玉袋筋太郎)俺はね、あれだな。なんだい?『まつのき小唄』を歌う・・・『松の木ばかりがまつじゃない♪』って。俺、そん時はかならず、ひょっとこのお面をキープしてっから。ひょっとこのお面をかぶってこうやって踊って。

(小林悠)すごい(笑)。力、入ってますね。

(玉袋筋太郎)どうだい?

(風間俊介)ちょっと一緒に行きたいですね(笑)。

(玉袋・小林)(笑)

(玉袋筋太郎)いつでも紹介するよ。いつでも。でも、小林さんとは年代的には一緒だよね?

(小林悠)私はいま、30才ですけども。

(玉袋筋太郎)まあでも、同年代と言ってもいいんじゃないですか?

(小林悠)いま、32才でいらっしゃいますもんね。やっぱり仕事もいま、乗りに乗っている時期ではないですか?

(玉袋筋太郎)小林さんだって、そうじゃないですか。『ニュース23』だよ?

(風間俊介)すごいじゃないですか。

(小林悠)なに言ってるんですか。ここで言う話じゃないと・・・まあまあ、そうなんですよね。

(風間俊介)大出世ですよ!

(玉袋筋太郎)大出世!

(小林悠)(笑)。出世したいものですなあ。

(玉袋筋太郎)変わるんだから。俺も最終選考まで残ってたのは知ってんだよ。岸井さんの後釜の。俺が残っているのは聞いてたんだけど。

(小林悠)本当ですか?それ、ちょっと初耳だったんですけど(笑)。

(玉袋筋太郎)内定はしてたんだけど、ちょっとスケジュールの都合がね。その時間、スナック行かなきゃいけねえからさ。

(風間俊介)ああー、残念!それ、大事ですからね。

(玉袋筋太郎)そうなんだよね!多事争論とかさ、考えてたんだけど。いろいろ、俺も。

(小林悠)多事争論(笑)。

<書き起こしおわり>
https://miyearnzzlabo.com/archives/35623

タイトルとURLをコピーしました