スポンサーリンク

北野武とビートきよし 『龍三と七人の子分たち』を語り合う

玉袋筋太郎 北野武『龍三と七人の子分たち』の感想を語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

北野武さんとビートきよしさんがTBSラジオ『たまむすび』に出演。北野武監督の映画『龍三と七人の子分たち』について話していました。

(小林悠)きよし師匠も、実はいらっしゃる前に、たけしさんの映画について、結構絶賛されているコメントを出されてたんですね。

(玉袋筋太郎)そうですよ。

(北野武)お前、見たの?お前。

(ビートきよし)俺、見に行ったよ。試写会を。タダだから。

(玉袋・小林)(笑)

(北野武)お前はあれだろ?職安の帰りだろ?

(玉袋筋太郎)職安の帰り(笑)。いいぞー!

スポンサーリンク

ビートきよしも絶賛

(ビートきよし)いやいや、だけどね、映画を見ていて本当にね、簡単に言うと、面白い!

(北野武)じゃあ、難しく言ってみろよ。

(ビートきよし)難しく(笑)。いやいや、だから面白いの。

(北野武)なんだよ、同じじゃねーかよ。

(ビートきよし)そいでね、映画を見た後って、なんか俺たちだってまだできるなって。こう、元気が・・・

(北野武)それが危ないんだよ。そういうジジイにそういう思いをされちゃ、危ないんだよ。

(玉袋筋太郎)いやいや、元気にさせてくれたって。肩で風きって映画館から出てきたっていうんですよ。ええ。

(ビートきよし)スッキリしたねえ。ああいう映画、いいねえ。

(北野武)いや、兼子はね、上手いんだよ。コントをやらしたら。

(玉袋筋太郎)あ、コントですか?

(北野武)ツッコミ、上手いんだから。

(玉袋筋太郎)漫才は?

(北野武)漫才はね、こっちは初め、ボケだったんだよ。そいで、『じゃんじゃん突っ込め』っつったんだよ。そしたらね、出ていったら、黙ってるんだよ。二人でずっと黙ってたら客からね、『なんかしゃべれ!』って言われて。

(玉袋筋太郎)(笑)。おおらかな時代だ。いいなー!

(ビートきよし)エンパイアってキャバレーに仕事入ってよ。正月の三日。でね、ちょうどたまたま友達を連れて行ったんだよ。したら、来たらベロンベロンになって、ゲロ吐いてるんだよ(笑)。したら、関係者が来て、怒り出すのよ。『正月からゲロ吐かれたら困るんだよ!舞台で!』って。

(玉袋筋太郎)(笑)

(ビートきよし)しょうがねえから、『いや、相方こっちです』って。

(北野武)ハーキーっていうのがいたんだよ。で、3人でチャンバラコントになっちゃったんだよ。竹刀で殴り合いになったの。したら、いちばん前の客、殴っちゃったんだよ。したら、いちばん前の客が怒って、『なんだ、この野郎!』って竹刀を取って、乱打戦になっちゃったんだよ。

(玉袋筋太郎)(笑)

(北野武)もう血だらけなんだよ。全員が。殴りあって。したら、支配人がコーラとかいろいろ持ってきて。『面白かったよ、ショー!』って言って。なにが?って俺ら、血だらけだったっていう(笑)。

(玉袋筋太郎)単なるケンカだったっていう。

(北野武)ケンカだったんだよ。バカ野郎、この野郎!って。

(小林悠)そんなきよし師匠も大絶賛の龍三と七人の子分たちですが、あらためてですね、たけしさんから聞いているリスナーの皆さまにですね、映画について一言、ぜひ頂戴できればと。

(北野武)これはね、ベタだから。もう。

(玉袋筋太郎)原点回帰と。

(北野武)ほいで、メンバーがみんな真面目で上手い人だからよ。前、ちょっと変わったことをして、『みんな~やってるか!』っていうの、あっただろ?あれと、『北京原人』、『シベリア超特急』っていうのは俺が推薦する三部作だ。

(玉袋筋太郎)はい。三部作。

(北野武)酒飲まずにはいられないっていう。

(玉袋筋太郎)シラフでは見てられないっていうやつ。

(北野武)暴れたくなるんだよ(笑)。これはもう、歴史に残るな。これは。

(玉袋筋太郎)全て入ってますね。

(ビートきよし)これはね、誰が見てもね、わかる。わかって、面白い。

(北野武)これ見てわかんなきゃ、しょうがないだろ!これほどはっきりしたもん、ないんだから。

(玉袋筋太郎)きよし師匠も見てわかった。そう。永遠のツービートですねー!

(小林悠)本当ですね。

(玉袋筋太郎)ツービート、最高!いいねー!

(小林悠)最高です。そして、龍三と七人の子分たち、4月25日より放映となります。見終わった後、ちょっと鼻の奥がツンと痛くなるような。ちょっとね、グッと来るんですよ。面白いだけではありません。ぜひ、ご覧になってほしい。

(北野武)どうにかなんねーかな?

(玉袋筋太郎)なります!森社長が、20億っつってましたから。

(北野武)なにを?

(玉袋筋太郎)興行収入。

(北野武)そんなこと言ってて、頭の毛を切ることになるぞ。毛がなくなっちゃうんだから。

(玉袋筋太郎)もう髪の毛、切られちゃうんですから。行かないと。

(北野武)だいたい分かるんだよ。森社長は。新宿のね、ギター屋に行ってね、『うちの社長、なんか買ったか?』っつったら、高いギター買ったら、儲かっているんだよ。

(玉袋筋太郎)(笑)

(小林悠)ぜひぜひ、4月25日より公開となります。

(北野武)これを見て、ガンが治ったって奴が5人出たんだよ。

(玉袋筋太郎)あ、そうなんですよね。

(北野武)で、糖尿病も治る。あと、貧乏から立ち直った。

(玉袋筋太郎)はい。よかったですよね。

(北野武)サラ金の追っかけがなくなった。全部、この映画を見た感想だから。

(玉袋筋太郎)あと、このパンフレットで肩こするとね、肩こりも治るんです。

(小林悠)(笑)

(北野武)なんでもいいんだよ。

(小林悠)もう、大学にも受かります。ぜひ、ご覧になってください。北野武さん、そして、ビートきよし師匠も、ありがとうございました

(玉袋筋太郎)ありがとうございました!

<書き起こしおわり>

    [関連記事]

  1. 北野武と玉袋筋太郎 頭髪偽装を語る
  2. 北野武『龍三と七人の子分たち』と個性豊かな下町のジジイを語る
  3. 北野武 フランス文化勲章三冠と東京五輪開会式企画を語る
  4. 北野武 生まれ育った足立区のワイルドな世界を語る
  5. 北野武が語る 新弟子時代の玉袋筋太郎と浅草キッド社長会
  6. 北野武とビートきよし『赤信号 みんなで渡れば怖くない』を語る
  7. 北野武とビートきよし 『龍三と七人の子分たち』を語り合う
タイトルとURLをコピーしました