鳥嶋和彦 三条陸らに説得されて『FF3』を最後までプレイした話

鳥嶋和彦 三条陸らに説得されて『FF3』を最後までプレイした話 TOKYO M.A.A.D SPIN

鳥嶋和彦さんが2023年11月27日放送のJ-WAVE『ゆう坊&マシリトのKosoKoso放送局』の中で『ダイの大冒険』の原作者・三条陸さんとの出会いについてトーク。当時、ジャンプのゲーム特集コーナーなどを担当していた三条さんらライター集団と「ドラクエとFF、どちらが優れているか?」という議論になり、それがきっかけで『ファイナルファンタジー3』を最後までプレイすることになったと話していました。

(鳥嶋和彦)漫画家を諦めて、その後は?

(三条陸)だからまず、とにかく普通の経験しかしたことがなかったんで、いろんなことをかじってみようと思って。で、もう片っ端からいろんな、アニメやら映画やら漫画やらに関わることっていうバイトみたいなことを大学在学中に始めて。それで、その中に『OUT』のお仕事とか『ホビージャパン』っていう模型誌の仕事とか、そういうのをいろいろ、友達から聞いて受けてやったんで。

(鳥嶋和彦)ということは在学中にもう、プロとして『OUT』とか『ホビージャパン』とかで?

(三条陸)ライティングしてましたね。ビデオアニメのシナリオとかをやったりしてたんで。それも20歳ぐらいですから。

(鳥嶋和彦)シナリオの書き方とかいうのは見よう見まね?

(三条陸)見よう見まねですね。あと、単純にファンっていうか、コレクターとして昔の特撮物のシナリオとかを集めたり。シナリオ集みたいな本が出たら買って読んでたりしたんで。どんなものなのかはだいたいわかっていたんで。完全に独学っていうかまあ、あれですよね。

(鳥嶋和彦)Nazさん、独学でシナリオって書けるものなの?

(Naz Chris)独学というか、その「盗む」ってことを入れるんだったら独学はできるのかなと思いますね。ただ誰のものも盗み見ないと独学はだいぶ、険しいんじゃないかなと。

(三条陸)でも、そうですね。特に誰に習ったというあれではなく。実際に仕事をやられている脚本家の方に自分の書いたものを見てもらいに行ったりとか。あとは書いてものを送りつけちゃったりとか、してましたけど。プロデューサーの方にちょっと書いたのを見てもらってたりとか。

(鳥嶋和彦)でも、こうやって聞いてると、ものすごく自分が思ってやったことをどう繋げていくか? どう見てもらうか?ってことに関して、物怖じしないで行くんだね。

(三条陸)それは行きますね。割とそういうところにストップがかからないっていうか。「やってみよう」っていう……やってみないと、わかんないんで。

「ファミコン神拳」の後継コーナーを担当

(鳥嶋和彦)それでジャンプにライター集団(18番プランニング)として来て、堀井さんがやっていたファミコン神拳を切り替える時に、あなたたちのチームに新企画を依頼して……っていうことだったんだよね。ジャンプとの付き合いは。だから僕、直接の担当者ではなかったけど。だけどその時にはまだ、漫画の原作って書いたことはなかったの?

(三条陸)前後して、それをやってる時とかに鳥嶋さんから「アニメのシナリオを書いたりとか、シナリオが書けるらしいね? 原作、やってみないか?」って言われて読み切りを1回。

(鳥嶋和彦)漫画の原作はあの時が初めて?

(三条陸)ああ、でもボンボンさんでやっていたかな? そっちの方が先かもしれない(笑)。

(鳥嶋和彦)フフフ(笑)。そういうのが聞きたかった(笑)。ボンボンでやっていた?

(三条陸)ボンボンの方が先かもしれないですね。

(鳥嶋和彦)でも、それを僕が聞いて。経験があるからって、頼んだわけだね?

(三条陸)やっぱり、そのいろいろなところをかじってるから行けたんで。結構、そのボンボンも特撮物で知り合った……テレビの特撮物、戦隊物とかの怪人のデザインをしてる人と知り合いになって。その人がボンボンで漫画を書いていて。「なんか面白そうな子がいるんだ」っていうのでボンボン編集部に紹介してくれたってのがきっかけだったりするんで。結構、あっちこっち好きなところを片っ端からかじっていって。そういう人脈で繋がっていくみたいなところがあったんで。

(鳥嶋和彦)あの頃、三条くんは歳はいくつだった?

(三条陸)21、2とか、それぐらいですかね。

(鳥嶋和彦)21、2か。

(三条陸)鳥嶋さんと会って仕事した頃はもう、たぶん大学を卒業してる頃なんで。23ぐらいですかね。

(鳥嶋和彦)そうそう。印象はね、全く物怖じしない、グイグイ入ってくる感じ。だから僕はね、他のところでも言っているけど。僕がFF3を真剣にやるきっかけになったのは、実はあなたたちの集団と「ドラクエとFF、どちらが優れてるか?」っていうディスカッションを1回、したことがあるのよ。で、喧嘩を売られて。彼らはFF派でさ。僕はドラクエ派で。

(三条陸)鳥嶋さん、よくこの話をされていますけども。僕はそのチームの中では、ドラクエ派ですよ? 言っておきますけど(笑)。

(鳥嶋和彦)ああ、そうだっけ? ごめん(笑)。

「ドラクエとFF、どちらが優れているか?」を議論

(三条陸)でね、僕らのチームの中にすごいFF派のやつが1人いたんですよ。で、僕もただドラクエ派ではあって、ドラクエの方が好きだけど、FF3とかかな? ぐらいになると、ちょっとドラクエではできないことをやっていたんで。「鳥嶋さん、これ侮っていると危ないですよ? そのうち、化けますよ?」っていう話をして。で、鳥嶋さんは「FFは遊びづらいから。絶対ヒットするわけない!」っつってて。頑として聞かないんで「いや、こういうところが面白いんですよ!」って話をみんなでしてて。「でもあれは、途中で投げた」「ああ、あのひどいダンジョンは鳥嶋さんはクリアできないっすよ!」って言っていて。そしたら、クリアして来たんですよ。意地になって(笑)。

(鳥嶋和彦)そうそう。それでね、数時間やった後にね、「最後までやらないで議論するのは彼らも失礼だし、違うな」と思ってね。それで最後まで、やったんだよね。

(三条陸)FF3はとんでもなくきついラストダンジョンなんですよね。

(鳥嶋和彦)セーブポイントがないからね(笑)。というのがあって、ここでも話したんだけども、堀井さんが次のドラクエ4を作るまでに時間がかかるのがわかったんで。ジャンプでいろんな企画を展開する中で「漫画をやろう」っていうことになって。で、三条くんに読み切りを依頼したんだよな。

<書き起こしおわり>

鳥嶋和彦『ドラゴンクエスト』と『ファイナルファンタジー』と少年ジャンプを語る
元週刊少年ジャンプ編集長の鳥嶋和彦さんが2021年11月18日放送のTBSラジオ『アフター6ジャンクション』にゲスト出演。傑作RPG『クロノ・トリガー』とVジャンプについて語る中で、その前段として『ドラゴンクエスト』と『ファイナルファンタジー』、そして週刊少年ジャンプのゲーム記事などについて話していました。
TOKYO M.A.A.D SPIN
miyearnzzlaboをフォローする
miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました