スポンサーリンク

SKY-HI『0570-064-556』の反響を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

SKY-HIさんがWREP『WALKING ON WAVES』の中でロジックの『1-800-273-8255』をビートジャックした曲『0570-064-556』の反響について話していました。


(DJ YANATAKE)オープニング曲にそろそろ行きたいんですけども。先月のこの番組で初オンエアーをさせていただきました。ロジックという、この番組でも何度も紹介しているんですけど。SKY-HIのいま結構お気に入りのラッパーということで。ちょうどその人の『1-800-273-8255』という電話番号の曲があって。それは何の番号か?っていうと、自殺を考えちゃっているような人が相談をする窓口となっている、アメリカの電話番号なんですけども。

スポンサーリンク

Logic『1-800-273-8255 ft. Alessia Cara, Khalid』



(SKY-HI)はい。

(DJ YANATAKE)ちょっとSKY-HI的にもその内容に感銘を受けて、いわゆる「ビートジャック」という手法を取ってね。『0570-064-556』っていう、日本の同じような、心の相談ダイヤルみたいな番号なんですけども。それをタイトルにして、そういう曲を作ったんですが。これがなんと発表して、SKY-HI自身もYouTubeとかでも公開したところかなりの反響があったということで。

(SKY-HI)ありました。前に『キョウボウザイ』を出した時もそうだったんだけど、いわゆる内側……評論家さんとか、アーティストからのリアクションがすごい多かったですね。

SKY-HI『キョウボウザイ』を解説する
SKY-HIさんがWREP『WALKING ON WAVES』の自身の楽曲解説コーナー「Verify Check」で『キョウボウザイ』についてトーク。曲が作られた背景やリリックの意...

(DJ YANATAKE)うん。

(SKY-HI)で、ちょうどタイミング的にも僕は『カタルシス』とか『Olive』とかってアルバムで、死ぬとか生きるっていう話をずっとしていたから、作るっていう意味ではもうちょっと前に作っていたんだけど、9月が自殺対策強化月間だっていうことで。じゃあ、それまで取っておこうかって思っていたら、ロジックもこのタイミングでビデオを出して。

(DJ YANATAKE)そうなんだよね。この曲自体もアルバムが出た時にもう話題になっていたけど、またいまこのタイミングでチャートアクションをしていてね。これがもう、図らずもっていう感じなんだけどね。

DJ YANATAKE Logic『1-800-273-8255』を語る
DJ YANATAKEさんがblock.fm『INSIDE OUT』の中でロジックの新曲『1-800-273-8255』を紹介していました。 My album ...

(SKY-HI)これは、たぶんロジックも9月に合わせてためていたのかな?って思ったりとかして。

(DJ YANATAKE)アメリカとかもひょっとしたら同じような時期に、そういう運動があるのかもしれないですね。

(SKY-HI)たぶん夏休み明けだから。サマーバケーション明けはね、やっぱりそういうのが多いらしくて。で、アップしたら日本のブラックミュージックを発展させた男、松尾潔とか。ブラックミュージックを体現する男、星野源とか。


(DJ YANATAKE)星野源さんからも。

(SKY-HI)源さんからも。あれ、すごいうれしかったですね。褒めてもらったりとかして。なんかでも、そういう……なんて言うんでしょうね? いわゆるミュージシャンとかアーティストと呼ばれる人とかのやっていることって、ひょっとしたらリスナーの人には楽曲を発表してCDだったりiTunesだったりで売って。それがチャートの上の方に行ったり、それが大規模なツアーに繋がったりっていうのが最高の目標だと思っている人が多いかもしれないですけど……。

(DJ YANATAKE)うん。

(SKY-HI)それはそれで大事なことだし、俺は大事なことだと思っているんですけど、それと同じぐらい、人にいかに届けるかとか、必要としている人のところに言葉を届けられるかとか。特にラッパーは僕は時代を映す鏡だと思っているんですけど。なので、必要なことを必要なタイミングにしただけっていうか。なんだけど、それがこういうリアクションをもらえたのはうれしかったですし。それ以上にね、日本は自殺大国で年間に3万人くらい死んでいるんで。潜在的なところだと、もっとたぶんすげー数の人がそういう気持ちになることってあると思うし。俺もあるけど、そういうところにね、もしこの曲が一瞬でも寄り添ったならば、やった価値はあるなと思うし。俺がラッパーである意味はその瞬間に証明されると思っております。

(DJ YANATAKE)なるほど。いいですね。「ラッパーは時代を映す鏡」っていうのは非常にいい言葉でしたね。

(SKY-HI)おっ、じゃあちょっと、WREPのスタジオに貼りましょう(笑)。

(DJ YANATAKE)(笑)。でもやっぱりラップってさ、聞いているだけで勉強になったりする不思議な音楽だったりするので。そこがやっぱり面白いところですよ。本当に。じゃあ、曲紹介の方をお願いします。

(SKY-HI)じゃあ聞いてください。SKY-HI『0570-064-556』。

SKY-HI『0570-064-556』



(SKY-HI)はい。お届けしたのは僕、SKY-HIの『0570-064-556』。ロジックの『1-800-273-8255』のリミックスです。

(DJ YANATAKE)さっきもちょっと話題に出ましたけど、松尾潔さんっていうね、本当に日本のR&Bシーンの第一人者というか。わかりやすく言うと、たとえばCHEMISTRYのプロデューサーとか。他にもいろいろなのをやってらっしゃいますけども。松尾さんがTwitterですごいSKY-HIの曲について褒めていて。本当にうれしかったですよね。

(SKY-HI)めっちゃうれしかったです。イエーッ!(笑)。

<書き起こしおわり>
ロジックとアレッシアカーラとカリッドの1-800-273-8255の歌詞と和訳です。 この番号は、自殺したい人を呼び止めるためのライフライン電話番号だ. 死にたい、自殺したいと思っていたロジックがもう死にたくないと考え直すまでの人生をこの曲に凝縮している。 ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事