スポンサーリンク

渡辺志保 Nicki Minaj『Black Barbies』を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 729

渡辺志保さんがblock.fm『INSIDE OUT』の中でマネキンチャレンジで流行中の『Black Beatles』のニッキー・ミナージュのビートジャック『Black Barbies』を紹介していました。


(渡辺志保)そんなわけで、まず最初に1曲、オープニングチューンを聞いていただきましょうかね。カニエと全く関係がないわけではないんですけども。ビートジャックを最初に1曲、お届けしたいと思います。みなさん、マネキンチャレンジ(#mannequinechallenge)って結構日本のテレビ番組なんかでも報じられておりましてご存知の方も多いと思うんですけども。静止した状態で面白い画を作るみたいな感じのチャレンジ、マネキンチャレンジっていうのが流行っていまして。大統領選の直前にはですね、ヒラリー・クリントン候補もボンジョビさんなんかと一緒にそのマネキンチャレンジをやっていましたけども。

そのね、テーマソングみたいにしていま流行っているのがバックで流れておりますけどもアトランタの兄弟デュオ、レイ・シュリマーの『Black Beatles feat. Gucci Mane』という曲がそのマネキンチャレンジのテーマソングみたいになっていて。

スポンサーリンク

Rae Sremmurd『Black Beatles ft. Gucci Mane』



それでビルボード1位を獲得したりしているんですけども。その『Black Beatles』のビートジャックを、なんと大統領選挙が終わった後にニッキー・ミナージュが発表しまして。Soundcloud上に上げているんだけど、再生回数がですね、6日間ですでに300万回に達しようとしているぐらいで、かなり、たぶん女の子を中心にワーッと人気を得ている曲なんですが。そのニキちゃんの『Black Beatles』のビートジャックのリリックの中にも、ちょっとトランプ政権をチクリと批判するようなラインなんかもありまして。

たとえば、「Island girl, Donald Trump want me go home(私はアイランドガールなんだけど、トランプは私を家に帰らせたいみたいなんだよね)」っていうことで。彼女はトリニダード・トバゴ出身でカリブの血を引いている女の子なんですけども、もちろんご存知の通り、ドナルド・トランプは移民を全て強制送還させるっていうのを政策のひとつにしておりますし。その後に、「Now I’m prayin’ all my foreigns don’t get deported(外国人の友達がみんな強制送還されちゃわないように、私は祈っているんです)」っていうような箇所もございまして。

そういったラインもこの『Black Beatles』のリミックスが支持されている理由だったりするんですけども。すでにニッキーのビートジャック版を利用した、黒人の女の子だけによるマネキンチャレンジの動画なんかもInstagramに上がっておりまして。また新しいムーブメントになるのかな? なんて思っております。というわけで、さっそく聞いてください。ニッキー・ミナージュで『Black Barbies』。

Nicki Minaj『Black Barbies』



はい。いまお送りしましたのはオープニングチューン! ニッキー・ミナージュで『Black Barbies』でございました。原曲はブラックビートルズなんだけど、自分たち女の子をバービーにたとえたブラックバービーズっていうのはニキちゃんのビートジャック版のタイトルでございます。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする