町山智浩『トランプがローリングストーンズでやってきた』を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』に出演。最新の著書『トランプがローリングストーンズでやってきた』について、赤江珠緒さん、山里亮太さんと話していました。



(赤江珠緒)さあ、今日は映画の紹介の前に町山さんからプレゼントがございます。町山さんの最新本『トランプがローリングストーンズでやってきた』というこちら。定価1000円プラス税っていうことで、発売日が5月25日。明日、発売ですね。

(町山智浩)はい。

(赤江珠緒)この新刊を今回プレゼントしていただけるということですが。これは週刊文春の人気連載『言霊USA』の単行本第四弾ということになりますね。

(町山智浩)はい。これ、とにかくイラストが面白いんですよ。澤井健さんの。で、このイラストがなぜか吉本の芸人の人ばっかり出してきて。

(赤江珠緒)本当だ。NON STYLEの井上さんとか。

澤井健さんのイラスト

(町山智浩)NON STYLEの井上さん、3回も4回も出てくるんですけど。キム・カーダシアンとNON STYLEの井上さんばっかり出てくる謎の本ですね、この本は(笑)。

(山里亮太)なんでだ?(笑)。

(町山智浩)気に入ったみたいですね。イラストレーターの澤井さんが。はい(笑)。

(山里亮太)もうこの1コマでね、笑えますからね。これは。そこにいろんな風刺、情報が入っているから。

(町山智浩)ものすごく意地悪なね、似顔絵でね。はい。

(赤江珠緒)あっ、町山さんの似顔絵も今回、ある!(笑)。

(山里亮太)そして町山さんがずっと言ってた、『ロッキー3』の2人のBLシーンも……

(町山智浩)アポロとロッキーのイチャイチャシーンですね。

(山里亮太)解説も書いてあるんでしょうね。この本を見れば。

(町山智浩)このイラストが全部入ってますね。連載中のやつが。完全収録ですので。

(赤江珠緒)で、今回は注目の大統領選などの話題ももちろん盛り込まれていると。

(町山智浩)そうです。今日、トークショーがあるんですけども。まだ当日券、ちょっとあるみたいですけどね。この本に関して、『トランプがローリングストーンズでやってきた』っていうのは本当に行ったらローリング・ストーンズの音楽がガンガンにかかっているわけですよ。

町山智浩 2016年アメリカ大統領選とドナルド・トランプを語る
町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で、大混戦の2016年アメリカ大統領選挙についてトーク。アイオワ州の党員集会を取材した際の模様や注目候補ドナルド・トランプ氏について話し...

(赤江珠緒)集会の時に。

(町山智浩)集会では。でも、その歌詞が全部変な歌で。『悪魔を憐れむ歌』とか。『悪魔を憐れむ歌』っていうのは、「俺はサタンだ。俺は歴史の変わり目を見てきたぜ」っていう歌をかけながらトランプが登場してきて。自分を「悪魔だ」って言ってるっていうね(笑)。

(赤江珠緒)悪趣味な感じの集会ですけども(笑)。

(町山智浩)よくわからない人なんでね。

(山里亮太)これ、ローリング・ストーンズ側は別に全然構わないんですか?

(町山智浩)めちゃくちゃ怒ってますね(笑)。

(赤江珠緒)ああ、そうなんですか(笑)。

(町山智浩)「俺たちの今日を勝手に使うな!」って怒ってますけども。「知ったこっちゃない!」ってかけ続けてますけどね。

(赤江珠緒)へー!

(町山智浩)というこの本をプレゼントします。

(赤江珠緒)はい。5名様にプレゼントです。さらに今日はもう1冊、あるということで。現在発売中の『映画秘宝』7月号をこちらは10名様にプレゼントしていただけるということで。

(町山智浩)雑誌と言ってもね、1000円以上しますから。単行本と値段が同じなんで、10名っていうのは結構太っ腹なんで。はい。

(赤江珠緒)そうですよ。で、表紙と特集が町山さんに以前紹介していただいた『デッドプール』。

(町山智浩)もうすぐ公開ですね。

町山智浩 アメコミ映画『デッドプール』を語る
町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』の中でマーベルコミックス原作でアメリカで大ヒット中の映画『デッドプール』を紹介していました。 (町山智浩)今日は『デッドプ...

(山里亮太)いよいよ来週ぐらいに公開ですね。

(町山智浩)はい。もう完全に大人の会話で楽しめるという。子供はキョトン……という映画になっているので。まあ、風俗とか行って勉強してから、見に行くといいと思います(笑)。

(赤江・山里)(笑)

(赤江珠緒)いろんなステージを経てから見るのがよいと(笑)。

(山里亮太)そういうあるあるがいろいろ中に入っているのかな?

(赤江珠緒)そういうことなんでしょうね。

(町山智浩)あるある、いっぱい入ってます(笑)。それと、この『映画秘宝』をプレゼントしようと思ったのは、森達也さんと僕の対談がありまして。

(赤江珠緒)『FAKE』の! あの、森監督。

(町山智浩)はい。で、1万字でぎっちり対談してまして。

(赤江珠緒)いや、もうあの『FAKE』は見た後に絶対に誰かと語りたくなる映画ですから。

町山智浩 佐村河内守ドキュメンタリー映画『FAKE』を語る
町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で、ゴーストライター疑惑で世間を騒がせた佐村河内守氏を追ったドキュメンタリー映画『FAKE』を紹介していました。 「FAKE」は横...

(町山智浩)そうなんですね。

(山里亮太)そこらへんのいろんな答えが、ひょっとしたらこの対談で?

(町山智浩)そうなんですよ。だから森さんがいったい何を仕掛けたか?っていう部分について、この対談で書いてありますんで。もちろん、先に読んで見ても全然大丈夫なようになっています。森さん本人が原稿チェックしましたから(笑)。

(赤江珠緒)1万字にもおよぶ対談掲載ということです。

(プレゼント情報割愛)

<書き起こしおわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事