V6井ノ原快彦 音楽的ルーツを語る『好きなレーベルはURC』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

V6の井ノ原快彦さんがTBSラジオ『Music24/7 西寺郷太TAMAGO RADIO』にゲスト出演。幼少期からデビューに至るまでの音楽的なルーツについて語っていました。


(西寺郷太)V6以前の、まず火八先生というコーナーのポイントとして、割と生まれてからデビューするまで、どんな感じで音楽に関わってきて、あこがれて、世界に入って来たか?っていうのを聞くのが多いんですけど。井ノ原くんの場合はやっぱりまずダンス?テレビ?

(井ノ原快彦)だからその、ベストテンとか。夜のヒットスタジオとかね。そういうの、やっぱりほら、よく言いますけども、テレビにラジカセを近づけてね、録音して。最初のイントロで黒柳さんの饒舌な言葉が入るっていうね。ぴったり曲までに終わらせて、みたいな。あれをちゃんと録音して、何回も何回も聞いてましたけどね。

(西寺郷太)録音してたんですね。録画の前に?

(井ノ原快彦)録画、だって持ってなかったでしょ?

(西寺郷太)ありましたよ。お父さんとか、うるさいことを・・・ガチャン!って録って、シーッ!っていうやつですよね?ギリギリあの世代ですか?

(井ノ原快彦)いや、もうぜんぜんあの世代ですよ。

(西寺郷太)そっか、2・3個年下ですけど。

(井ノ原快彦)5つ上の姉がいたから。で、一緒にそんなことをしてて。毎週、すごかったじゃないですか。だからもう本当に日本の歌謡曲に育てられたっていうかね。ジュリーが大好きだったんで。

(西寺郷太)あ、ジュリーさんですか?へー。

(井ノ原快彦)沢田研二さん、五輪真弓さんとか。ちょっとそこらへんから渋くなってくるんですよ。

(西寺郷太)でも、今日はそこも聞きますから。あなたのとても渋い音楽の。フォークの。高田渡さんとか。なぎら健壱さんとか。

(井ノ原快彦)大好きなんですよねー。

(西寺郷太)フォークですよね。もう一本の筋として。ありますよね。派手な、ダンスもつくような、そういう・・・もちろんジャニーズに代表されるような。

(井ノ原快彦)そういうところはたぶんそういうテレビとか見たり。周りの、姉が5つ上だったんで、その姉からの影響で。BOOWYを聞いたりとか、バービーボーイズとか。で、ちょっと育ってきて。それでまあ、少年隊とかも聞いてたんで。姉が。そこでジャニーズを目指しはじめるんだけど。で、デビューするかしないかぐらいから、だんだんちょっともう一本の。アンダーグラウンドな方向にも、『あれ?こっちもいいんじゃないか?』みたいな。

(西寺郷太)なんていうレーベルでしたっけ?好きなレーベル。

(井ノ原快彦)URCですよ。『アングラ・レコード・クラブ』ですから(笑)。

URC アングラ・レコード・クラブ

(西寺郷太)(笑)。だから、はっぴいえんどとか、当時だったらサニーデイ・サービスとかも好きだったんですよね?

(井ノ原快彦)サニーデイ・サービスの曽我部くんがURCの監修をしてるんですよ。で、だから再販して、CDを出した時も、だいたい曽我部くんが監修として入ってて。で、これはすごい!と思って、そん時もう曽我部くんと友達だったから。

(西寺郷太)そうですよね。曽我部さんもこの番組、出てくれました。

(井ノ原快彦)以前ね。で、もう曽我部くんにいろいろ聞いて。

(西寺郷太)その90年代半ばの話ですよね。

(井ノ原快彦)そうです。そうです。で、『これを聞いたほうがいいよ』とか。『あそこのレコード屋、いいよ』とか。いろいろ教えてもらって、どんどん広がってって。

(西寺郷太)で、じゃあいわゆる『MUSIC FOR THE PEOPLE』とか、あの後ですよね。ダンサブルなユーロビート路線というか。トランス路線もありつつ。

(井ノ原快彦)あれやりながら、URC(笑)。

(西寺郷太)URCを聞いてた(笑)。真逆の。

(井ノ原快彦)真逆の。言っちゃあね。そうですね。

(西寺郷太)『MADE IN JAPAN MADE IN JAPAN 人はその目に』と言いながら。あの弾き語りを聞いていた(笑)。

(井ノ原快彦)そうです(笑)。

(西寺郷太)たしかにMADE IN JAPANですね。

<書き起こしおわり>
    [関連記事]
  1. V6井ノ原快彦と西寺郷太 少年隊・錦織一清を語る
  2. V6井ノ原快彦・西寺郷太 平家派について語り合う
  3. 西寺郷太が語る V6井ノ原快彦と初対面した時に心を掴まれた理由
  4. V6井ノ原快彦と西寺郷太 アルバム『Oh! My! Goodness!』を語る
  5. V6井ノ原快彦 音楽的ルーツを語る『好きなレーベルはURC』
  6. V6井ノ原快彦 ジャニーさんとマイケル・ジャクソンBADツアーを見た話
  7. V6井ノ原快彦が語る少年隊伝説 初対面時に度肝を抜かれた出来事
  8. 西寺郷太が井ノ原快彦に語る V6の魅力と楽曲提供する際に考えること
  9. V6井ノ原快彦おすすめ曲 藤真利子『花がたみ』
  10. V6井ノ原快彦 西寺郷太邸でマイケル・ジャクソンの兄と遭遇した話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事