スポンサーリンク

吉田豪 笑っていいとも出演未遂話・タモリ倶楽部の印象深い話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

プロインタビュアー吉田豪さんがニッポン放送『プチ鹿島と長野美郷 Good Jobニッポン』で、笑っていいともに出演しそうになった話やタモリ倶楽部に出演した際の印象深い話をしていました。


(長野美郷)(リスナーからのメールを読む)『豪さんに質問ですが、いいとも終了と聞いて思い出した人っていますか?是非、教えてください』。

(吉田豪)いいともレギュラーって本当に瞬間消えた人の方が逆に印象に残っていて。最初に浮かぶのって、吉田不気味さんとかですね。

(プチ鹿島)はー。いつぐらいですか?

(吉田豪)何年ぐらい前だろう?20年ぐらい前ですかね?

(プチ鹿島)いいともって・・・

(吉田豪)知らない人が突然入ったみたいなのが。

(プチ鹿島)芸術家のクマさんとか、そうですよね。そういう人をポーンと出す。そういう革新的な番組でもあったんですよ。

(長野美郷)たしかに。『今でしょ?』の人も出てますもんね。

(プチ鹿島)清水ミチコさんだって、いいともで世間的にはポン!っといきなりデビューですから。そういう・・・

(吉田豪)なんか謎の無茶をしていた時期があって。戸川純さんとかね。でも僕、ちなみにいいともは3回ぐらいオファーがあって。タイミングが合わなくて出れなかったんですけど。

(プチ鹿島)ああ、最近のコーナー、ありますよね。

(吉田豪)1回打ち合わせもしたんです。アルタに呼ばれて。それも急で、金曜とかに電話がかかってきて、土曜に打ち合わせして月曜に出てくれぐらいの。明らかに誰か飛んだなっていう(笑)。そしたら打ち合わせで面白かったんで、急に月曜ってよりは来週にでもやりましょうって言ったままズルズル延びてって。僕のタイミングとも合わずでポシャりましたね。そん時、いいとも側は『ちょっと無茶したいんですよ』って言ってたんですよ。無茶して、久保ミツロウ先生とか出してたとこだったんです。僕が1回ポシャった直後ぐらいに久保ミツロウ先生が出たんですよ。だからそういう風に昼じゃない人を出して、ちょっといろいろやろうとしてた時期だったんですよ。

(プチ鹿島)ある意味原点回帰というか。それをまたやろうとしてたんだろうね。

(吉田豪)その枠の1人としてたぶん名前は出てたんですけど、なくなったみたいな。
タモリ倶楽部は何度か出てるんですけどね。

(長野美郷)えー、いいともに出てる豪さん、見たかったですね。

(吉田豪)絶対に浮くから、僕無理だって感じですよ。間違いなく居心地の悪い・・・タモリ倶楽部ならまだしも、いいともは絶対無理で。まず、あそこにいる人たちが僕のこと、全く認識してないはずで。

(プチ鹿島)すごいですよね。日本中の平均点の真ん中の点をそのまま移動したような。

(吉田豪)それ、さんまのまんまに出た時も思ったんです。さんまのまんまも、あれってゲストの告知とかをしないで、普通にさんまさんプラス出てくる大物が好きな人しか来てないんですよ。観客って。だから僕が出た時は、本当にハテナしか出てなくて。『誰この人?』っていう空気が漂っている中で、さんまさんが説明してくれるっていう状態で。あそこはまだ10人ぐらいしかいないからいいですけど、いいとものあの人数でやったら、まあ違和感しかないだろうから。無理ですねとは思って。

(長野美郷)いやー、でも見たかったなー。

スポンサーリンク

タモリ倶楽部出演時の思い出

(吉田豪)ちなみに僕、タモリさんとタモリ倶楽部で共演した時の印象深い話が、CM中とかもタモリさんってずっと雑談してるんですよ。で、タモさんの雑談待ちでカメラが待ってたりするんですけど。そん時に、すっごいどうでもいい話をみうらじゅんさんにしてた話があって。『この前見た夢がさー、なんか追いかけられてて。俺が高いところから飛び降りた時にね、ウンコがちょっと漏れて。俺、ホモだ!って思ったんだよね』って。本当にオチもなんにもない、どうでもいい話を。

(プチ鹿島)まさに夢ですね。

(吉田豪)それをみうらさんが『はあ・・・』って聞いているのを僕らが横で聞いているっていう状態で。『しあわせー』って思いましたよ。こういうのが聞けるってすげー幸せっていう。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事