スポンサーリンク

矢口真里と吉田豪 大森靖子とZOCを語る

矢口真里と吉田豪 大森靖子とZOCを語る SHOWROOM
スポンサーリンク

矢口真里さんが2020年2月25日放送の『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんと大森靖子さんやZOCについて話していました。

(吉田豪)(コメントを読む)「大森靖子さんとの思い出を」。

(矢口真里)そうですね……。

(吉田豪)最初、結構ぼんやりモードでしたよ。ZOCの時、印象的だったのが「えっ、大森ちゃんって曲作れるの?」って言ってて(笑)。

「えっ、大森ちゃんって曲作れるの?」

(矢口真里)そう。だから私、それで本当、ファンの人に怒られたんですけども。

(吉田豪)普通にアイドルメンバーぐらいの?(笑)。

(矢口真里)あの、世の中全員が知ってることじゃないんですよって思うんですけど。でも、たしかに有名っていうのは有名で。

(吉田豪)ハロオタとしてね。

(矢口真里)それはちゃんと存じておりましたけれども。大森ちゃん自体が作詞・作曲っていうのはまあ、有名な話なんですけど。私は知らなかったんです。で、すごいいろんな人に楽曲を提供してて。道重が一番多いのかな? で、道重のファンですもんね。

(吉田豪)大ファンです。

(矢口真里)だからそれも踏まえて、あの番組で出会ってから大森ちゃんっていう存在を詳しくなったというか。調べるし、あとはインスタとかもフォローして。「ああ、今こんなことやってるんだ」とか。あと、やっぱり彼女の受け答えって独特なんで。質問返しとかもすごく、ちょっとディープな返しがすごくツボだったりとかするんで。「ああ、カリスマ性がすごい人なんだ!」っていうので。もう本当にTHE NIGHTで覚えました。

(吉田豪)ZOC回もまたね、本当に説明がなきゃ分からないような状態でやっていましたからね。あの戦慄かなのが目を隠して登場みたいな。

(矢口真里)ああ、そうそうそうそう! 最初戦慄ちゃん、ヤバかった!

(吉田豪)あれがちょうどメンバーが抜けるだなんだっていうことがあって。それで泣いていたから目が腫れていて。だからあれを付けてるみたいな、そういう伏線も何も知らずに会うわけじゃないですか。

(矢口真里)そうそうそう。顔を見せてくんないんすよ。戦慄ちゃん。

目を隠して戦慄かなの登場

(吉田豪)フフフ、「何だ、これ?」っていう。

(矢口真里)で、しかも少年院にいた時の話をし始めるっていう。

(吉田豪)「これ、どこまでいいんだっけ?」っていう(笑)。

(矢口真里)「いやいや、生放送ですけど?」みたいなのでびっくりして。あと、西井が……生ハムと焼うどんの時に来てたニッシーがいるっていう。

(吉田豪)生ハムと焼うどんの時代からガツガツと来てた子が。1回、僕回でもね、APOKALIPPPS枠で。

どこにでもいる西井万理那

(矢口真里)そう。で、またそっちにもいるっていうので。「どこにでもいるな、ニッシーは」って思いながら。でも西井もちょっと天才肌な部分があるので。曲になると人が変わるし。しゃべると変で。だからみんな注目するっていうのではあの子、結構すごいなって感じているんですけども。で、人懐っこいからグイグイ来てくれるのが嬉しくて。しゃべれない子より、私はしゃべってくれる子の方が好きだから。やっぱり西井はかわいいなとかって思いながら見てますね。だからZOCの世界観はやっぱりライブに行かないと、もしかしたら最終的には感じられないのかなとか思いますけどね。

(吉田豪)女子率の高さが異常ですからね。

(矢口真里)ああ、そうなんだ。やっぱりそこに救われてる感みたいなのもありますよね、きっとね。よりディープというか。アイドル界でもかなりディープなアイドルなんじゃないかな?って思いましたね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHOWROOM
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました