スポンサーリンク
スポンサーリンク

いとうせいこう ユースケ・サンタマリアを語る

いとうせいこう ユースケ・サンタマリアを語る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

いとうせいこうさんが2020年7月7日放送のSHOWROOM『豪の部屋』に出演。吉田豪さんとユースケ・サンタマリアさんについて話していました。

(吉田豪)(コメントを読む)「ユースケさんの話が聞きたいです」。

(いとうせいこう)今日も誰かとユースケの話になったんだよな。で、まあとにかくあんな病的な人間がね、テレビに出ていられるっていうこと自体が「芸能界ってまだまだ捨てたもんじゃないな」って俺は……(笑)。

(吉田豪)フフフ(笑)。

(いとうせいこう)かつての芸能界はあんなのだらけだったと思うんですよ。なんかもう一癖も二癖も三癖もあって。

(吉田豪)危なっかしい人たちも平気で出していて。いろんな意味で。

(いとうせいこう)そう。だから面白かったと思う。で、本当にあいつは危険なことばかり言うし。まあMVAってういスペシャのこんな生放送だから、あんまり言っちゃいけないところでも結構なギリギリのところまで攻めてくるんですよね。で、それ自体が何でそれをやるか?っていうことは、この長い付き合いの僕でもよくわからないのね。

ヒヤヒヤしたくてやってるわけじゃなくて、まあそれこそ子ザル(中井りか)みたいなもんで。ものすごい何かの闇が噴き上がっていて。それをちょっとでも出さないと自分の内発的に爆発してしまうから仕方なくやっているみたいな。あの温泉の源泉かけ流しみたいな闇なんだよね、それは。それをものすごく、やっぱり僕は興味があるし。それを普段を押さえてるんだとしたら、そんな温泉ってないじゃんと思うから。

源泉かけ流しの闇

(いとうせいこう)「俺はお前のそのかけ流しに入りたいけど?」っていう気持ちでひとつひとつの爆弾を処理していく。爆弾を処理して、一応なんとなく成立するようにしていくことはものすごく好きだったからあの番組もすごく僕はやりがいがありましたね。僕はだから誰かとまず会って、うまいこと引き出すというよりは今日も、「あいつを何とかする」っていう目的で出かけていたみたいなもんだから。

(吉田豪)うんうん。

(いとうせいこう)どうしてるんだろう? 番組が終わった後も一応声をかけて2人で……あれ、どうしたんだっけな? 違うか。番組のなんかをやったのかな? 何かちょっと会ったりして。「やっぱりたまに会った方がいいよね」とか言ってるんだけど、あいつから連絡があったことはないね。

(吉田豪)何気にあれですよね。2人で杉作さんの映画に出てるんですよね?

(いとうせいこう)ああ、そうそう。出てる、出てる。ちゃんと出てるよ。「ちゃんと」かな?(笑)。

(吉田豪)まだね、完成はしていないけど……っていう。

(いとうせいこう)まあ、『チョコレート・デリンジャー』には出ています。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHOWROOM
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました