スポンサーリンク

東野幸治『鎌倉殿の13人』最終回を語る

宇多丸と宇垣美里『鎌倉殿の13日』最終回を語る 東野幸治のホンモノラジオ

東野幸治さんが2022年12月23日放送のABCラジオ『東野幸治のホンモノラジオ』の中で大河ドラマ『鎌倉殿の13人』最終回について話していました。

(東野幸治)(ワールドカップ決勝は)それはそれで面白いんすけど、『鎌倉殿』が面白かった! いやー、とにかく最後、一体どうなるか? 全く歴史、知らなかって。あの時代の話、知らなかったんですけども。小栗旬扮する北条義時が一体どうなっていくのか? そしてお姉ちゃんの北条政子。そして嫁。そして三浦っていう、なんかもうずっと敵か味方かわからん、のらりくらりしたやつと順番に相対しながら、エンディングに向かってくる感じがものすごく面白くて! 最後は「なに、この終わり方?」みたいな感じで終わっていく。あつむくん、見ました? 見てない?

(渡辺あつむ)はい……。

(東野幸治)ようそんな、うなずくわ。仕事や。ずっとうなずいてるから「いや、たしかあつむくん、見てなかったはずやな……」ってしゃべりながら思って。「あれ? もしかして俺の日々の『鎌倉殿』のメッセージが伝わって、ついに重い腰上げてラスト5話ぐらいから見て。『鎌倉殿』の最終列車に乗り込んでくれた感じのうなずきなのかな?」って思ったら、結局聞いた俺が嫌な思いするっていう(笑)。見てなかった? そんな、よう……嘘ばっかりやな?(笑)。だから落語家、嫌いなんや(笑)。

(渡辺あつむ)なんでやねん! ひっくるめるな!(笑)。すいません。あの、お正月に全部、見ようと……。

(東野幸治)ああ、見てくれる? 嬉しいわー!

(渡辺あつむ)うわっ、この先輩、ちょろいな……(笑)。

「最後にこんな終わり方、すんねや!」(東野幸治)

(東野幸治)フハハハハハハハハッ! いやいや、めちゃくちゃ面白くて。「最後にこんな終わり方、すんねや!」っていうのと。だから元テレ東の佐久間さんのYouTubeにちょっとお邪魔して。1年に1回お邪魔してるんですよ。そこでお互い、1年間見たやつの総括みたいなんで、好きだった作品をお互いに言い合うんですけど。やっぱりその『鎌倉殿』を紹介されて。

で、その収録の時は最終回の前。まだやってない段階でのお話だったから、よくわかってなかったけど。いろいろ佐久間さんから『鎌倉殿』の裏話を聞いたりとかして。「えっ? ええっ?」と思いながら。まあ、ようこんなに人を殺せるなっていう大河ドラマで。子供たちにすすめられない大河ドラマね。僕の中での印象としては、子供たちにすすめられへんぐらい、人が死んでいく大河ドラマで。

だから最後、どのようにして小栗旬くんが……最初はだから田舎の青年が、どんどんどんどん権力の上に上に上に上に登っていって。どんどんどんどん目つき悪くなっていって。どんどんどんどん意固地になって、どんどん孤立して。どんどん家族からも評判悪くなって、1人ぼっちになって。さあ、一体どうなるか?っていうお話で考えたら、最後本当に悲しい感じの終わり方で。お見事! 嬉しい!っていう感じもあるし。

(東野幸治)上手にその最終回、これはネタばらしになりますけど。一番最初に来年の大河ドラマ、徳川家康。松潤が徳川家康をするんですけども。上手に出てくるんですよ。ほんで、いい具合の番宣もあって……っていうこれ、お見事な『鎌倉殿』でした。

東野幸治エンタメ報告会2022

<書き起こしおわり>

松村邦洋『鎌倉殿の13人』最終回 徳川家康登場予想と三谷幸喜からの口止めを語る
松村邦洋さんが2022年12月23日放送のニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』の中で大河ドラマ『鎌倉殿の13人』最終回についてトーク。10月に自身のYouTubeで「最終回に徳川家康が登場するのでは?」と予想していたこと、そして三谷幸喜さんから電話で口止めされたことを話していました。
宇多丸と宇垣美里『鎌倉殿の13人』最終回を語る
宇多丸さんと宇垣美里さんが2022年12月20日放送のTBSラジオ『アフター6ジャンクション』の中でNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』最終回について話していました。
岡室美奈子『鎌倉殿の13人』を語る
早稲田大学・演劇博物館館長の岡室美奈子さんが2022年12月14日放送のTBSラジオ『アフター6ジャンクション』の中で2022年の日本ドラマベストを紹介。『鎌倉殿の13人』を選出し、話していました。
タイトルとURLをコピーしました