スポンサーリンク

藤本美貴 交際発覚でモーニング娘。リーダーを25日で辞任した話

藤本美貴 ハードな家庭環境で培われた鋼のメンタルを語る SHOWROOM

藤本美貴さんが2022年9月13日放送の『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』の中でモーニング娘。のリーダーに就任した直後、写真週刊誌で庄司智春さんとの交際が報じられ、就任から25日で辞任・脱退した話をしていました。

(吉田豪)画期的でしたよね。リーダーになってからの活動期間の短さ。

(藤本美貴)25日間(笑)。1ヶ月にも満たないっていう。私も衝撃的でしたよ。

(吉田豪)コンサートすらやってないっていう。

(藤本美貴)やってない。だって矢口さんが最短のリーダーで。1年経たずに脱退してるんですけど。それを全然、もう超えてるっていう(笑)。1ヶ月、経ってないっていう。衝撃ですよね。だから本当に「がんばっていきまっしょい!」ってやつもやったことがなくって。それこそみんな、結婚とかして。OGとかで集まった時に初めて「しょい」をやらせてもらいました。「やりなよ」「いいの!?」みたいな(笑)。「はじめてやるわ!」みたいな。ありましたね。

(吉田豪)その、恋愛のYouTubeとかでも話してますけど。「記事が載る」って聞いた瞬間はどんな感じだったんですか?

(藤本美貴)「ああ、もう死んだな」って思いました(笑)。「どうしよう?」っていうよりも「ああ、もう終わったな」しかないっていうか。水曜日ぐらいには言われるんですよ。

(吉田豪)はいはい、金曜日発売だから。

スポンサーリンク

「ああ、もう終わったな」

(藤本美貴)そうですね。だから水曜日ぐらいには「これ、載りますよ」って言われて。もう別に消すとか、違うのに替えるとかじゃなくて、「載ります」っていう、お知らせです(笑)。

(吉田豪)「写真、撮り直しますよ」とか、そういうんじゃなくじゃなくて。

(藤本美貴)ちょっと早めにその記事が見れるっていうだけで。事務所に呼ばれて、見せられて。「間違いはないですか?」って言われて「間違いありません」って(笑)。そうですよ。

(吉田豪)言い逃れは一切せず?

(藤本美貴)そうですね。怖かったー。今、思ったら。

(吉田豪)当時、写真週刊誌がターゲットにしてましたからね。

(藤本美貴)そうですよねー。ねえ。今ね、結果結婚して。とりあえず幸せに過ごしてるので。だから「よかった」って言っちゃあれですけど(笑)。結果ね、よかったのかなとは思いますけど。いや本当に、大変でした。

(吉田豪)GAMのツアーは最後までやりきりましたね。

(藤本美貴)そうそうそう。だからGAMのツアーのが土曜日からで、その前の日の金曜日にフライデーが出たので。

(吉田豪)地獄ですね。

(藤本美貴)そうです。だから「明日か……」みたいな。亜弥ちゃんにも「なんかごめんね」って言って(笑)。そうそうそう。

(吉田豪)声援とかも……。

(藤本美貴)でもね、意外にすごい皆さん、温かくて。それこそチケット、払い戻しもなくて。なんか声援も「庄司!」って言われました(笑)。

(吉田豪)「なにを受け入れてるんだよ?」っていう(笑)。

(藤本美貴)そうそうそう(笑)。だから「なんだよー!」とか、怖い野次が飛ぶのかなって思っていたんですけど、それも意外になくて。不思議な感じでした。

(吉田豪)もうちょっと後に庄司さんが初めてハローの現場に来た話、あったじゃないですか。コンサートに。

(藤本美貴)「見に来る」っていうやつですか? はいはいはい。

(吉田豪)それもウェルカムな感じがすごくて、感動したみたいな。

10周年ライブで「庄司」コール

(藤本美貴)ああ、10周年かな? 私の10周年でライブをやって。ひっそり、なんか関係者席みたいなところで見てたら、アンコールが「庄司! 庄司!」って。「ええっ? ちょっと待って? 私を呼んでくれない?」みたいな感じでしたね。そうそう。だからすごい、それも嬉しかったですね。なんかあの時、あれだけご迷惑もかけたし。ファンの人ももちろん「ええっ?」ってなったし。それで離れていった人もいっぱいいるし。それでも、なんか「同じ女を愛した男だから」みたいなので丸く収めてくれて。

(吉田豪)オタの中では、なんだろう? 「男によっては認めてやろう」みたいな感覚があるんですよ。絶対に。

(藤本美貴)へー! あるんだ。

(吉田豪)「そいつとの交際は認めん!」みたいな。

(藤本美貴)なにそれ?(笑)。

(吉田豪)「あいつなら、よしとしよう」みたいな。

(藤本美貴)へー! その……どこがどうなんですかね?

(吉田豪)でも、職業じゃないんですよね。その相手が信用できるかどうか、みたいな。

(藤本美貴)ああ、人間性みたいな?

(吉田豪)「芸人なら全員アウト」みたいな話じゃなくて。「庄司さんなら、よしとしよう」とかはあるんですよ。

(藤本美貴)へー! 面白いなー。「なんでミキティ、庄司なんだ?」って最初、ずっと言われて。そこからの10周年だったので。すごいなんか不思議な感じでしたね。うんうん。

(吉田豪)その後、だってしばらく仕事がなくなるわけですよね?

(藤本美貴)そうです。フライデーされて、GAMのツアーを全部やって。その後、半年間ぐらいですかね。ガッタスだけあるんですよ。で、ガッタスだけは「行くな」とか、別に何も言われなかったので、行ってましたね。半年間ぐらい。

(吉田豪)本業フットサルの時期が(笑)。

(藤本美貴)そうそうそう(笑)。

藤本美貴 芸能人女子フットサルを語る
藤本美貴さんが2022年9月13日放送の『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』の中で芸能人女子フットサルについて話していました。

(吉田豪)そういう時は、いつもよりも燃えたりするんですか?

(藤本美貴)フットサル、燃えますよ。「絶対に結果を出さなきゃ!」って。そこも結果を出さないといけないっていう。

(吉田豪)「私にはこれしかないんだから」って。

(藤本美貴)そうそう。っていう感じでしたね。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました