スポンサーリンク

オードリー若林 コロナ禍開始直後のパチンコ屋叩きを語る

オードリー若林 コロナ禍開始直後のパチンコ屋叩きを語る オードリーのオールナイトニッポン

オードリー若林さんが2022年8月20日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中で新型コロナウイルスの流行が始まった当初、パチンコ屋が槍玉に挙げられ、メディアなどでバッシングされていた件を振り返っていました。

(若林正恭)1回、なんか一番ディスタンスを取る時期の時にさ、漫才をするのでもどえらい離れて画面だけくっつけてオンエアーしてた時、あったよな。

(春日俊彰)ああ、あったかもね。

(若林正恭)あったなー。なんかその時は、そうだ。あれだってさ、ご時勢になりたての頃さ、人がパチンコ屋さんに入ってくところをさ、カメラを置いてさ、ワイドショーでさ、「入ってきました! 入ってきました!」みたいな。で、お店にモザイクをバーッてかけてさ。で、人が出てきたところをさ、「出てきました! 出てきました!」とか言ってさ。「なんでこのご時世なのにパチンコ、行ってるんですか?」みたいに聞いてたけどさ。パチンコなんでさ、縦で。絶対にほぼ……まあ、友達と行ったら会話するかもしれないけど。ほぼ1人で来てて。会話しないでマスクもしていてたら……だから、よっぽどメシを食う時の方があれだよな。

(春日俊彰)ああ、そうだね。いや、たしかに当初はね。

スポンサーリンク

なんでパチンコ屋が叩かれていたのか?

(若林正恭)なんであれ、狙われてたんだろうな? まだわかってなかったんだろうな。今、パチンコ屋さんに行っても……でも飲み会に行ってる芸能人とかも記者に激写されてさ。週刊誌とか、載せられてたもんな。でも今は別に、なあ。

(春日俊彰)まあ緊急事態宣言がなかなくなったみたいなこともあるからなんだろうね。

(若林正恭)だから結局さ、客観的な事実、医学、科学、というよりは「みんなが我慢していることをやってることが許せない」っていうことなんだろうな。

(春日俊彰)なるへそ。

(若林正恭)ごめんね。ちょっとアカデミックにお送りしちゃって。守備範囲が幅広いのよ(笑)。

(春日俊彰)いいねえ。そういうのも扱っていかないと。

(若林正恭)この後、キン消しの話するから(笑)。

(春日俊彰)で、バランスを取るから。プラマイゼロでしょう?(笑)。

(若林正恭)あったよな。もうちょっとで変わったよな。

(春日俊彰)いつの間にかパチンコ屋さんの話題、なくなったよな。あれ、なんだったんだろうね?

(若林正恭)なんでパチンコ屋さん、ピンポイントで狙われていたんだろうな?

(春日俊彰)「パチンコ屋さんはもうOKです」みたいなこともなかったよね?

(若林正恭)「パチンコ屋さんがもう大変な場所なんだ」みたいな時、あったよな?

(春日俊彰)温床みたいなね。でもなんか、「パチンコ屋さんは大丈夫でした」っていうあれもなかったじゃない? いつの間にか……。

(若林正恭)そう。で、俺が怖いのがさ、なんか「すいませんでした」って誰も言わないしさ。あと本当にさ、こういうご時世になってからさ、それが数ヶ月前のことだったりするじゃん? もう全くみんなの価値観が違うことが。これ、怖いよな。何を信じていいのか、全くわかんないし。

(春日俊彰)いつの間にか「それはOKです」ってなっているじゃない?

(若林正恭)そうだね。で、逆に……もうなんか今、最近のニュースは逆になってるよな。

(春日俊彰)逆?

(若林正恭)「海外はマスクもしないし、検査人数も出してないんです」みたいな。で、マスクをしない人をあれだけ……「あっ、マスク! マスクをしていません!」みたいにバーッてモザイクかかっていて。「あなたは……」みたいな感じでジョギングしている人たちに聞いてたりしたじゃない? あんなの、最近は逆に「海外はマスク、外してまっせ」みたいなのが主流になってきてない?

(春日俊彰)まあ、そうだね(笑)。

(若林正恭)で、誰も何も言わないのが怖いのよ。その、落とし前をつけるやつがいないから。

誰も落とし前をつけていない

(春日俊彰)うん。いないし、なんとなく移っているじゃない? 「もう、大丈夫ですっ!」みたいにドーン!って言って、区切りをつける人も、区切りをつけるきっかけみたいなのもないじゃない? だから、よく見ておかないと自分が遅れてる可能性があるからね。「えっ、これ、もう?」って。

(若林正恭)で、「遅れてる」って言っても、本当に遅れてるかどうか、わからないよ? 今、そっちが主流だけど……でも、だから主流じゃないことをするやつが言われるだけなんだよ。「そんなの、根拠あるの?」っていう話になったら、実はその根拠がなかったりしたじゃない? 全部、ここのところ。それを思い知ったよな。

(春日俊彰)主流がなにか、よく覚えておかないとね。で、主流が変わってきてることもちゃんと覚えてないと。こっちが古い主流でやってる可能性があるよね。危ないよ。

(若林正恭)俺たち、部活で水が飲めなかったギリギリの世代じゃん? あれ、なんだったんだろうな?

(春日俊彰)なんだよ!

(若林正恭)あれ、なんだったんだろうな?

(春日俊彰)でも、やっぱり根性とか。飲まないで頑張るっていう。

(若林正恭)でも、試合中は飲めるんだよな。

(春日俊彰)試合中は飲めるね。いろいろとあったよ。

<書き起こしおわり>

オードリー若林 練習中に水を飲んではいけない風習を終わらせた人物を語る
オードリー若林さんが2022年8月20日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中で「練習中に水を飲んではいけない」など、かつて存在した部活動の理不尽な風習についてトーク。それらの風習がある人物の登場によって決定的に終わりを迎えたのではないかと話していました。
タイトルとURLをコピーしました