スポンサーリンク

オードリー若林 DJ松永・パンサー向井とのおしゃれピクニックロケを語る

オードリー若林 DJ松永・パンサー向井とのおしゃれピクニックロケを語る オードリーのオールナイトニッポン
スポンサーリンク

オードリー若林さんが2021年12月25日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中でDJ松永さん、パンサー向井さん、春日さんと『ヒルナンデス』のロケで行ったおしゃれピクニックについて話していました。

(若林正恭)どう? たとえば『検索ちゃん』が昨日あったけど。家で見てる時、やっぱり反省しかないでしょう?

(春日俊彰)うーん……まあねえ。

(若林正恭)嘘つくなよ、お前! お前、もしかして笑ってんじゃないだろうな? ネタを見ながら。

(春日俊彰)ああー……笑っちゃうよね? ネタは特に笑っちゃう。他の自分のオンエアーも笑ってるらしいよ。どうやら。クミさんが「また笑ってるよ」って隣で言ってる。

(若林正恭)自分で?(笑)。

(春日俊彰)うん。「かぁーっ!」とか「しょうがねえな」とか言いながら見てるからさ。とか、気付いてないけど、顔がもうニヤニヤしながら見てるんだって。自分のオンエアーを。だからネタなんか、特にそうだよね(笑)。普通のオンエアー、ロケとかでもニヤニヤしているから。

(若林正恭)『検索ちゃん』を見てさ、「あそこはもっと、こうだったな」とか、そういうことはあんまり思わない? 正直。

(春日俊彰)正直、あんまり思わないね。それもあの場のあれだから。それはね、「もうちょっと……」とか、あるだろうけど。あの場の、その舞台前の感じとか、行く時のあれで春日はやっているんだなってあんまり思わないね。だから映画なんか、もし我々のをやったら、普通に笑っちゃうだろうしね。自分の漫才で(笑)。お客さんと一緒のところで。

(若林正恭)ああ、本当? でも、うちの奥さんが行った(『明日のたりないふたり』上映会の)会場は、漫才が終わった後にもう拍手が起きていたんだって。自然に。でも、俺の会場は起きてなくて。

(春日俊彰)ああ、会場によって違うんだ。そのお客さんのテンションが。

(若林正恭)それを聞いた後、俺が見た会場のお客さんに腹立ってきて(笑)。

(春日俊彰)いやいや、それはもう、どうにもできないじゃん。お客さんのテンション……なんかね、土地柄とかもあるだろうし。県民性みたいなのもあるって言うじゃない? 営業とかによく行く人とかに聞くと。

(若林正恭)不思議だよな。

(春日俊彰)うん。「○○県の人たちはすごく笑ってくれる」とか「ちょっと重い」とかさ。それはあるじゃないですか?

(若林正恭)あれは謎だよな。ショーパブのキサラも月曜日ってウケないんだよね。

(春日俊彰)ああ、曜日ね!

(若林正恭)月曜日ってウケない。やっぱり金曜ってウケるんだよな。

(春日俊彰)そうだね。休み前だとか、そういうことなのかね? 解放感というか。そうなると、月曜日に来る人って何なんだろうね?(笑)。笑う気満々で来てるわけじゃないの? 「明日、火曜。水曜……まだあるか」と思いながら来てるのかな? それはそれでだけど……あるね。曜日によってね、たしかに。時間帯とか。

(若林正恭)うんうん。なるほどな。そうだよな。でも、『バチェラー』を見ていても思ったけど、やっぱり家族ってすごいその人を作るのに重要なんだろうな、あれ。

(春日俊彰)そうだろうね。

(若林正恭)だから平子さんがさ、『あちこちオードリー』で言ってたじゃん? 平子さんの両親も仲がよくて、奥さんの両親も仲がいいから。「だからうちは仲いい夫婦のサラブレッドなんだ」って言っていて。

(春日俊彰)はいはい。それが当たり前っていうことだもんね。

アルピー平子はサラブレッド

(若林正恭)当たり前なんだっていう。あれ? お母さんとお父さんって、2人で出かけてたりした?

(春日俊彰)春日家の? いや、出掛けたりはしてないけど、今はすごい行ってるね。私が実家に住んでいた時、学生の時とかはそんなに見たことないけど。もうしょっちゅう、年に何回も2人で旅行に行ったり、バスツアーに行ったりさ。

(若林正恭)ああ、ああいうはとバス的な?

(春日俊彰)そうそう。それで、送られてくるのよ。なんかよく分かんない滝の前でさ、母親がさ……それで絶対に母親のポーズが「トゥース」なのよ。父親に強要されてるのか、わからないけど。顔はもう、全然無表情なんだけど。

(若林正恭)父親が強要してんの? 父親はどのポーズ? じゃあ、鬼瓦?

(春日俊彰)いや、なんでよ?(笑)。父親は写真を撮る側で……。

(若林正恭)だから閻魔瓦になるよな。鬼のお父さんだから。

(春日俊彰)鬼よりもちょっと位が高いから(笑)。いや、そんなことはないけども。母親が1人で写っている写真。

(若林正恭)それ、お父さんが言っているわけじゃないんじゃない? お母さんが自然にトゥースポーズしているんじゃないの?

(春日俊彰)でも、無表情なんだよ? なんだったら……。

(若林正恭)指を立てているだけ?

(春日俊彰)指立てて、こうやって。滝とかの上で。「○○の滝」みたいな看板の上で。

(若林正恭)笑顔じゃなくて?

(春日俊彰)笑顔じゃなくて。サングラスかけてさ。なんかショルダーバックみたいなのをかけてさ、こうやって。

(若林正恭)それは、なに? SAKURAIみたいなサングラスをかけているの? ギターを持っているの? 今のジェスチャーで言うと。

(春日俊彰)それはもう、SAKURAIのコスプレじゃん? だったらギターをこうやって持ってないといけないよ。指なんか立てている場合じゃないよ。

(若林正恭)で、そのクソみてえなLINEになんて書いて返しているの?

(春日俊彰)なんだ、その「クソみてえな」って? 足すなよ、なんか!

(若林正恭)うちはね、そういう夫婦の旅行との写真は送られてこない。おやじが他界してるから。

(春日俊彰)まあまあまあ……そうね、うん……何が目的だ? うん?

(若林正恭)なにがよ?

(春日俊彰)もう愉快犯よ(笑)。

(若林正恭)どういうことよ? いや、「春日のターンだな」と思って、待っていたのよ?

(春日俊彰)いやいやいや! その間じゃなかったもん! そんなもん、どうしたらいいのよ? 神妙になるっていうのもあれだしさ。

(若林正恭)この間、すごかったな。あの、家族写真を撮るロケに行ったんだよな?

(春日俊彰)『ヒルナンデス』でね(笑)。

(若林正恭)そう。『ヒルナンデス』で家族写真を撮るスタジオのロケに行ったの。三世代にわたっての家族写真を……プロのカメラマンさんが来て、「この方が撮った家族写真です」って。三世代の家族写真があって。

(春日俊彰)めちゃくちゃいい写真!

(若林正恭)あるじゃん? なんかみんな白シャツとジーパンで三世代全員合わせて家族写真みたいなの、撮るじゃん? たまに。

(春日俊彰)すごいみんな楽しそうなね、いい写真。

(若林正恭)それを見て「ああ、すごいみんな笑顔をですね。どうやったらこんな笑顔を引き出せるんですか?」みたいなロケをしてたんだよ。で、俺が言ったの。「うちはね、これ撮れないんですよ。おやじが他界してますから……」って言ったら、シーン……って。

(春日俊彰)いや、そりゃそうだって(笑)。どうしていいか、わかんないのよ。「じゃあ、撮れないっすよね!」とは言えないじゃん?(笑)。

(若林正恭)で、春日が言うんですよ。シーン……ってした後に一拍置いて、「なにが目的だ?」って。そしたらもう、技術さん、めちゃめちゃ笑ってたよ?(笑)。

(春日俊彰)いや、みんなの気持ちよ。「この人は何を目的でカメラに?」っていう(笑)。

(若林正恭)あんなロケ、ないんだろうな。

(春日俊彰)いや、ないでしょう?(笑)。

(若林正恭)あれ、ぜひオンエアーしてほしいけどね。

(春日俊彰)いやー、難しいな(笑)。

(若林正恭)スタジオで、どうなるかな?(笑)。

(春日俊彰)スタジオでまた南原さんが困るよ。「何を言っているんだ?」って。

(若林正恭)でも俺もさ、怖怖やっているんだよ? びっくりしたよ。でもさ、向井くんとDJ松永と春日と俺でロケで回ったじゃない?

(春日俊彰)ああ、新宿ね。

(若林正恭)あれ、ピクニックっていうんだっけ?

(春日俊彰)「おしゃピク」。

公園でおしゃピクロケ

(若林正恭)ああ、おしゃれピクニック。でもさ、夢みたいなロケだったよね。「もしも1日、休みがもらえたら……」のロケだったわ。俺にとって。向井くんとDJ松永と春日とおしゃピクするなんて。でもさ、あれ、びっくりしたよな。「おしゃピクなんて本当に流行ってんのかよ?」とかなんか言いながら、みんなで歩いてたらさ、公園に行ったらおしゃピクやってる若い子、いっぱいいたんだよね(笑)。おしゃピクやってる子だらけで、俺が「話しかけていい?」って言ったらみんな、逃げていったけどね(笑)。

(春日俊彰)やっぱりおしゃピク中だからね。おしゃれじゃないやつが来られたらさ、「わーっ!」って逃げるよ。おしゃれ中なんだから。

(若林正恭)でもさ、『地獄が呼んでいる』のデスゴリラじゃないんだから、逃げることないじゃない?

(春日俊彰)いや、ちょっと分かんない。申し訳ない。

(若林正恭)見ろよ、お前?(笑)。

(春日俊彰)いいね。最新のたとえだね。わからんかったな。

(若林正恭)なんかさ、それでおしゃピクの話よ。俺とDJ松永と向井くんと春日でさ、いろいろ回っていた時に、お子さんのグッズを見る時に、まさか使われると思わないよ。『ヒルナンデス』だよ? 家族向けの番組だよ? それで子供のグッズとか見ながら「そういえばさ、春日のガキはさ、こういうのに興味あるんじゃない?」みたいな。もう、オンエアーされていたよな?

(春日俊彰)してたよな? なにをオンエアーしてんだよ?(笑)。

(若林正恭)それで俺、「ヤベえ!」って。もう終わった瞬間に「若林 ガキ」でエゴサーチしちゃった。「さすがに叩かれてるだろう」と思って。

(春日俊彰)どうでした?

(若林正恭)1件もなかった。

「若林 ガキ」でエゴサーチ

(春日俊彰)フハハハハハハハハッ! 叩いてほしいなー。何件か、叩いてほしかったなー。「ひどい! いくら相方の子供でも……」って。

(若林正恭)でも、ほら。2人のあれがあるじゃん? 俺、「言わされてる感」があるからさ。

(春日俊彰)どういうことよ? 私が誘ったってこと? その「ガキ」発言を?

(若林正恭)うん。

(春日俊彰)言わせてないよ。あれ、お店かなんかに入る前だから。

(若林正恭)コンビも長くなってくると……あんまりこれ、芸人が裏を言うのもよくないと思うんですけどね。春日、お尻をポンッて叩くんですよ。

(春日俊彰)いやいや(笑)。

(若林正恭)なんか子供のものを見てたりする時に、それがなんか、その「ガキ」ワードのサインなんですよ(笑)。

(春日俊彰)そんなこと、ないよ(笑)。そんな、出たての若手のひな壇じゃないんだから。ちょっと合図を出して、「行け!」みたいな。だとしても、その「ガキ」発動はさせないよ。たしかにね、放送されていたよな。

(若林正恭)びっくりしたよな。油断できないね。ロケもね。

(春日俊彰)いや、本当にそうよ。あんなのどこを……まあ、ありがたいけどね。いろんな部分を使ってもらえるのは。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オードリーのオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました