スポンサーリンク

オードリー若林 練習中に水を飲んではいけない風習を終わらせた人物を語る

オードリー若林 練習中に水を飲んではいけない風習を終わらせた人物を語る オードリーのオールナイトニッポン

オードリー若林さんが2022年8月20日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中で「練習中に水を飲んではいけない」など、かつて存在した部活動の理不尽な風習についてトーク。それらの風習がある人物の登場によって決定的に終わりを迎えたのではないかと話していました。

(若林正恭)俺たち、部活で水が飲めなかったギリギリの世代じゃん? あれ、なんだったんだろうな?

(春日俊彰)なんだよ?

(若林正恭)あれ、なんだったんだろうな?

(春日俊彰)でも、やっぱり根性とか。飲まないで頑張るっていう。

(若林正恭)でも、試合中は飲めるんだよな。

(春日俊彰)試合中は飲めるね。いろいろとあったよ。1年の時はショルダーがさ。

(若林正恭)あと、タコスパな。スパイク、ゴムじゃないといけないんだよ。

(春日俊彰)普通のスパイクは鉄のやつで、自分でネジではめたりして。しっかりしてるんだけど。1年生はなんかね、プラスチックみたいなやつでね。靴とつながってるみたいなやつで。もうすぐにツルツルになってね、足がかけなくなるのよ。

(若林正恭)そうそう。あれじゃなきゃいけなかったんだよね。なんでなんだろうな? 手袋もメーカー、ナイキはダメだったんだよね。

(春日俊彰)ダメ。

(若林正恭)でも俺、高1からつけてたよね。

スポンサーリンク

1年生は使ってはいけない用具があった

(春日俊彰)絶対そっちの方がチームとしても強くなるじゃない? だって。1年生の装備が完璧な方がさ。でもたぶんなんか「まだ1年だから。そういう道具とかじゃなくて」みたいな。

(若林正恭)白い手袋じゃなきゃいけなかったじゃない? 白いメッシュに……まあ全身白じゃなきゃいけなかった。で、白手袋じゃなきゃいけなかったけど、俺はナイキの黒と赤のをしていた。すごい、先輩に毎日言われてた。

(春日俊彰)そっちの方がボールをさ、ピタッと……そうよ。白手袋っていうか、軍手じゃなきゃダメだったよ。

(若林正恭)ああ、そうだそうだ。最初は。

(春日俊彰)「1年生は軍手じゃなきゃダメ」って……冬とか寒くて。あんなの、絶対にグローブの方がいいじゃない?

(若林正恭)でも今も「1年は白」は残ってるんじゃないの?

(春日俊彰)ああ、ジャージが?

(若林正恭)日大二高も。

(春日俊彰)それぐらいはあるのかもね。一応、パッと見でわかるとか。

(若林正恭)デカく名前、書くんだよな。「若林」とか「春日」とか。

(春日俊彰)白いあれに「春日」とか書いて。で、先輩はカラフルなやつで。でも1年は着ちゃいけないのよ。

(若林正恭)で、ヘルメットも塗っちゃいけないんだよね。真っ白にして。何月からか、赤く塗っていいんだよね。で、みんなでスプレーを買って。あれ、何だったんだろうな? 白じゃなきゃいけないって。

(春日俊彰)でもやっぱり伝統というか。そうなんじゃない? 「一番下だから」とか、あったんじゃない? でも絶対に完璧な装備の方が強くなるしな。チーム全体で考えればね。でも、そういうのが……だから今はないんじゃない? 水を飲んじゃいけないとか。

(若林正恭)水を飲んじゃいけないっていうのを変えてくれたのって、中田ヒデでしょう? あれ。いや、知らないけど。

(春日俊彰)ヒデかなー? ヒデが変えてくれたの? 言ってまわったっていうこと?

(若林正恭)ヒデがさ、全部縦の感じとかを壊したじゃん? 飛行場から出てくる時の格好とかさ。

(春日俊彰)ああ、先輩も後輩もないってね。先輩にも結構キラーなパス出したりとかね。厳し目のね。

(若林正恭)だからあれ、水を飲んでよくなったの、ヒデでのおかげじゃないの?(笑)。

(春日俊彰)ヒデだ! スポーツで言ったらヒデが全部変えたんだ。ヒデ前、ヒデ後だね。

中田ヒデ前、ヒデ後で大きく変わった?

(若林正恭)うさぎ跳びはさ、ギリなくなってたよな? 小学校の時まであったよな?

(春日俊彰)あったかも。

(若林正恭)膝を悪くするとか、そんな理由なんだよね。うさぎ跳びって実際に膝、悪くすんの?

(春日俊彰)そんな理由じゃなかったっけ? でも、そんなのいろいろと変わってきたよね。

(若林正恭)アキレス腱を伸ばすのもさ、小学校の時とかは弾みをつけてたじゃん? あれ、つけちゃいけなくなったよね? 弾みをつけるとアキレス腱が危ないっていうことで。

(春日俊彰)今とはだいぶ違ってると思うよ。体育座りたくもないんだっけ? あれ、腰が悪くなるだなんだって言うでしょう? あと、座高を測るやつがないっつって。「意味がない」っつって(笑)。

(若林正恭)あれ、なんだったの? 座高を測るのって。

(春日俊彰)座高を測るのは意味がないっていうのでなくなったよね。たしかね。測っていたじゃん? 座ってさ。

(若林正恭)測っていた。で、誰もなにも言わなかった。座高が高い、低いに関して。

(春日俊彰)そう(笑)。身長はあるんだけどさ。誰に勝ったとか、負けたとか。座高はね。だからそういう風に変わっていってるんですよ。おそらく。

(若林正恭)そのいうのはどんどん変わっていくんだな。

(春日俊彰)それをちゃんと知っておかないと。

(若林正恭)たしかに。そうだよな。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました