Creepy Nuts 髪の毛を切る頻度と髪型のオーダーを語る

Creepy Nutsとトータス松本 楽曲制作方法を語る FM COCORO

Creepy NutsのR-指定さん、DJ松永さんが2022年7月24日放送のFM COCORO『Got You OSAKA』にゲスト出演。トータス松本さんと髪の毛を切る頻度や髪型のオーダー方法などについて話していました。

(トータス松本)今日はCreepy Nutsの2人が来てくれてワイワイしゃべってますけど。メールです。「ステレス豆鉄砲」さん。「トータスさん、Creepy Nutsのお二人、こんにちは。Creepy Nutsのお二人に質問です。ずっと気になっていたんですが、お二人はどれぐらいのペースで髪を切られていますか? また、どうやって髪型を注文していますか?」。じゃあ、松永くんから行こうか。どれぐらいのペースで髪を切ってるの?

(DJ松永)これはね、俺は3週間に1回です。

(トータス松本)決めてるの?

(DJ松永)これはしかも俺、髪周りのことを全然わからないんですよ。

(トータス松本)わかんない?

(DJ松永)髪の色も染めたこともないし、なんかパーマとかもかけたことないんですけど。俺はメイクさんに全頼りにしてて。メイクさんが「そろそろ髪、切り行きますか?」って言って。メイクさんが用意してくれた美容院に連れて行かれて。メイクさんから美容師さんに「ここをしてください」って指示してもらって、俺は寝ているだけ。

(トータス松本)フハハハハハハハハッ! トリミングやん?(笑)。猫のトリミングやん!

(DJ松永)猫のトリミングなんですよ。で、メイクさんとその美容室の店長さんが2人でずっとしゃべっていて。俺は……。

(トータス松本)トリミングされてるんや(笑)。

(DJ松永)そう。寝て、起きたらもう完全な髪型が出来上がってるっていう。

(トータス松本)3週間に1回。それが毎回。

3週間に1回、猫のトリミングのように髪を切られる(松永)

(DJ松永)で、メイクさんに「そろそろ行きますか?」「はい!」とかって言って。で、予約も全部、メイクさんが取ってくれるっていう。もう全部、メイクさんがやってくれるっていう。俺はただ生きてるだけ。生きてるだけで3週間に1回、髪が整えられるっていう。

(トータス松本)頓着はないわけやな。言ったら。「これ、伸びてきて耳にかかって嫌やな」とか、そういうのはないの?

(DJ松永)あるんですけど、どのぐらいのタイミングで切ったらいいかわかんないし。なんか自分の美容室選びも、美容室っていっぱいあって、わかんないじゃないですか。で、メイクさんはメイクさんで「こういう髪型がメイクしやすい」みたいなのがやっぱりあるみたいで。それも俺が普段、たとえば前髪が長くなりすぎたら目に入ってなかなか私生活、大変じゃないですか。で、そこらへんもちゃんと気にしてくださって。それもクリアができて、しかもメイクをしやすい髪型に全部やってくれてる。で、俺は生きてるだけ。

(トータス松本)そんな話でしたよ。

(DJ松永)楽勝ですよ! これは本当、この仕事をしててよかった。勝手に髪型が整えられる。

(トータス松本)Rくんは?

(R-指定)俺もそのメイクさんに髪の毛、切ってもらってます(笑)。

(DJ松永)Rは俺よりひどくて。Rはメイクさんに直接切ってもらっているんすよ。

(R-指定)そうなんすよ。俺は美容室に行かせてもらうとかでもなく、メイクさんの手で切ってもらうんすよ。俺も、もうほんまに髪の毛を別に染めたこともないし。俺はだから伸ばしてるから、くくったりとかほどいたりぐらいはあるんすけど。でもなんか、自分のこのロン毛を上手に扱ってくれる美容室ってすごいたぶんハードル高いなと俺、思っちゃってて。

で、昔伸ばし始めた時はもう勢いで伸ばしたんで、ずっとほったらかしやったんです。で、メイクをしてもらえるようになって、そのメイクさんがいい感じにこのロン毛を整えてくれて。もう、他はいけない。で、一番形作りやすい感じに俺も切ってもらう。で、その美容師さんとかではなく直接、そのメイクさんに。

(トータス松本)そのメイクさんの目線で、ちょっと裾が長くなってきたなと思ったら、チョキチョキって整えるっていう感じなんや?

メイクさんに直接切ってもらう(R-指定)

(R-指定)なんか、そのメイクさんにやってもらう前までは、床屋さんとか普通に行ったりとかしていたんすよ。で、なんとかロン毛のまんまで切ってもらって……とか、注文してたんすけど。行くたびにそのメイクさんがなんか「チッ……この人、下手くそっすね。なんか違うな……」って。「これ、このロン毛にしたいんだったら後ろはそのまま多さを残しとかなあかんのよ。ボリュームを……」とか言うから。「じゃあもう、絶対メイクさんにやってもらった方がいい」と思って。「お願いします!」って。

(トータス松本)まあ、それが一番ね。

(R-指定)一番わかってくれてるから。

(トータス松本)たしかに、俺も聞いたことあるな。メイクさんが散髪屋の切った髪を見て「なんでハサミの角度、こう入れるかな?」とか。俺も聞いたことあるのよ。

(R-指定)そうそうそう(笑)。やっぱりその最終形を作るのはメイクさんやから。「じゃあ、もう絶対にやってもらう方がいい」って思って。

(トータス松本)その方がいいよね。そんな話やって。ステレス豆鉄砲? ずっと聞きたかったことの割には答えが……。

(DJ松永)本人の意思が全く……(笑)。

(R-指定)だから俺ら2人はそのメイクさんがいなくなったらもう、どうすんの?

(DJ松永)いや、怖いよ。怖い怖い。

(トータス松本)20歳の男の子やから、彼ももうそういう自分のね、行きつけをたぶん見つけた方がいいんよ。じゃあ。そういう参考にはなったんじゃない?

(R-指定)そうっすね。もうこの人に頼んどけばばっちりっていう。

(DJ松永)そういう人がいると、本当に楽なんですよね。

(トータス松本)楽よ、楽。

(DJ松永)本当に。息を吸って吐いているだけで髪型が整うんだから。

(トータス松本)じゃあ別に髪型を変えたいとかはないの? 「ちょっとなんか飽きてきたな。1回、短くバッサリ切っちゃおうかな」とか、ないの?

(R-指定)俺、たぶん10年ぐらいロン毛をやってるから、切りどころと、あと切った時に「何かあったんちゃうか?」と思われるの、めっちゃ嫌じゃないですか。その「失恋した」とか思われそうなのがめっちゃ嫌で……。

(トータス松本)そんなん、思うか?

(DJ松永)お前に思わねえよ(笑)。

(R-指定)切ったことによってなんかちょっとそれが……だからもう、やめ時を失ったんですよ。ロン毛のやめ時を。

(トータス松本)いや、だからロン毛は逆に自由で。ロン毛の人って切っても「ああ、なんかちょっと気分が変わったんかな?」ぐらい思うけど、松永くんがたとえばピンクに染めたりとかしたら、そらびっくりすると思うよ。

(DJ松永)ああ、そっちの方が大事件っすね。

(トータス松本)そう。だから松永くんが変える方が絶対にみんなびっくりする。Rくんは何してもそんなにないと思うけどね。そのロン毛にする10年前はどんな髪型なん?

(R-指定)俺はだからずっと短かったんすよ。ちっちゃい頃から。もう坊主、スポーツ刈り。で、中学生ぐらいでちょっと伸ばして……。

(トータス松本)スポーツ刈りの時期があったんや?

(R-指定)ありました、ありました。小学校ぐらいの時。スポーツ刈りってあれ、なにが良かったの?

(トータス松本)ちょっと前が残ってな。

(R-指定)あれのなにが良かったの?

(DJ松永)俺も意味がわかんなくて。

(R-指定)でも、大流行したよな?

(DJ松永)大流行したよ。小学校の時、全員スポーツ刈り。

(R-指定)かっこいい髪型とされてましたよね? なにがかっこいいんやろう?(笑)。

(DJ松永)スポーツ刈りってなに?

スポーツ刈りの謎

(R-指定)なんやねん、スポーツって……ざっくりしすぎやろ? スポーツってなんやねん?

(DJ松永)フハハハハハハハハッ!

(トータス松本)でも東京オリンピックの頃の選手の映像を見たら、だいたいスポーツ刈りなんよ。

(DJ松永)マジっすか!

(トータス松本)だからたぶんあそこからスポーツ刈りっていう名前が生まれたんちゃうかな?

(R-指定)オリンピックの選手を見て「ああ、この髪型はじゃあスポーツの髪型や!」って。

(トータス松本)かっこいい髪型やねん。丸坊主でもない、ちょっとなんか残して、かっこいいみたいな。

(DJ松永)定義広すぎだろう(笑)。

<書き起こしおわり>

FM COCORO
miyearnzzlaboをフォローする
miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました