スポンサーリンク

オードリー若林 山里亮太の三色ショッピング「何色の何」のルールがよくわからない話

オードリー若林 山里亮太の三色ショッピング「何色の何」のルールがよくわからない話 オードリーのオールナイトニッポン

オードリー若林さんが2022年7月9日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中で山里亮太さんが『ヒルナンデス!』でやっている三色ショッピング「何色の何」のルールがよくわかっていないという話をしていました。

(若林正恭)でも俺と山ちゃん、どっちが日テレのイメージあるか?っつったら、絶対に山ちゃんだよね。

(春日俊彰)まあまあ、そうだね。

(若林正恭)それで結構、あの『午前0時の森』の放送の後からいろんなスタッフさんと「同じことを思っていた」っていう話になってたけどさ。「何色の何?」っていうの、やってたじゃん。『ヒルナンデス!』で。あれさ、春日さ、ルール、わかる?

(春日俊彰)ええっ? 色みなんかこう、かぶったら……みたいなやつだよね? なんか、洋服を買いに行って。それでかぶったら、何かがダメみたいな……「残念!」みたいなことを言ってるから、何かがダメなんだろうね。

(若林正恭)でもテレビでさ、山ちゃんがやってんのは何度も見たことあるでしょう?

(春日俊彰)もちろん、もちろん。

(若林正恭)でもさ、「ちゃんとルール説明して。どうやったら勝つの?」って言われたらさ、説明できなくない?

(春日俊彰)ああ、できないね。何をもって勝ちなんだろう?

(若林正恭)で、俺、山ちゃんに聞いたのよ。「今、聞くことじゃないけど……三色ショッピングの『何色の何』ってあれ、どういうルールなの?」って聞いたの。そしたらね、「今、聞くことじゃねえな!」って言ってた(笑)。

(春日俊彰)それはそうだ(笑)。フハハハハハハハハッ!

(若林正恭)フハハハハハハハハッ! あれ、何年もやってるけどさ、言われるとわかんなくない?

(春日俊彰)わかんないね。

(若林正恭)で、テレビマンの人で何人か、「いや、俺もいっぱい見たし、面白かったんだけど……そういえば、わかってなかったわ」っていう人が結構いたのよ。

(春日俊彰)何をもって「勝ち」なんだろう? ゴールは……何を目指してやってんのかね?

スポンサーリンク

テレビマンの人もよくわかっていない

(若林正恭)それで聞いたら……CM中もずっと話してて。なんか順番が……1番だったら、かぶってなくていいんだよね? 何もかぶらないんだよね。でも、2番目以降、緑とか赤とかが決まっていて。かぶっちゃうと、もうやめなきゃいけないんだよね。それを選ぶと。

(春日俊彰)ああ、前の人と? それ、選ぶ順番はどうやって決まるの?

(若林正恭)たぶんくじだよね。

(春日俊彰)ああ、最初の?

(若林正恭)ほら。「選ぶ順番」って聞かれたら、わかんないでしょう?

(春日俊彰)そしたら、1番が圧倒的に有利じゃない?

(若林正恭)俺も同じことを言ってたよ(笑)。

(春日俊彰)3番とかだと、もう絶対無理じゃん?

(若林正恭)それで俺も言ったの。「そんな、モデルさんとか、ファッションに詳しい人が来てるんだから、本当のファッションの勝負が見たい」って(笑)。

(春日俊彰)フフフ(笑)。そうだね。その色の制限とかなくてね。

(若林正恭)そしたら「それだったらショーになんねえだろうがよ!」って言われて(笑)。

(春日俊彰)ああ、たしかにそうだ(笑)。

(若林正恭)それで今、やっとルールがわかるだろう?

(春日俊彰)ああ、そういうことなんだね。

(若林正恭)そうそうそう。もう1回、見たいよな?

(春日俊彰)見たいね。そしたら、さらに面白いだろうな。ルールがわかって見たら。

(若林正恭)で、なんかスタッフさんが言ってたけど。それで、それが終わって。(ためを作って)「何色の、何!?」って山ちゃんが聞いてるイメージ、あるじゃん? でも、あれってだんだんと、何年もかけて(ためを作って)「何色の何?」ってなっていったんだって。で、最初の1ヶ月目ぐらいのVをなんかで見たら山ちゃん、「あなたが選んだのは何色の何?」って(あっさりと)聞いていたんだって。

(春日俊彰)ああ、手を抜いているみたいな。

(若林正恭)いや、手を抜いているんじゃないのよ(笑)。

(春日俊彰)そんな、片手間でやってたのかな? 最初は。そう思うぐらいだね(笑)。

(若林正恭)いや、片手間じゃないんだけども。でも、そうだよね。言われると、そうだよね。

(春日俊彰)ああ、そう? へー!

(若林正恭)でもなんか、楽しくて見てて。でもまあ、そんなもんだったりするよね。なんか昔、子供の時に見てたのって。

(春日俊彰)うんうん。なんか面白いけど……っていう。そういうことだったんだね。

(若林正恭)俺、だからあれがわかんないもん。春日が出ているさ、ボールを当てたら負ける『逃走中』のさ……。

(春日俊彰)ああ、『戦闘中』?

(若林正恭)いや、鬼の……。

(春日俊彰)ああ、『鬼タイジ』の方?

(若林正恭)そのルールがあんまりわからなくて。

(春日俊彰)とりあえず、全部混ざっているから。界隈が全部。

『逃走中』『戦闘中』『鬼タイジ』の違い

(若林正恭)出てるよね?

(春日俊彰)『鬼タイジ』ね。TBSの方はね。出てるって言っても、レギュラーとかじゃないけど。

(若林正恭)お台場も出てるよね?

(春日俊彰)お台場の方もたまに呼んでいただいたりしてるかな? そうよ。全然違うから。あれは。

(若林正恭)いや、全然違うと思ってるよ。

(春日俊彰)そうよ。鬼を退治するんだから。銃で。全然違うんだから。

(若林正恭)全然違うと思ってるよ。

(春日俊彰)『戦闘中』はなんかプレイヤー同士でこう、やり合って。『逃走中』は逃げるっていう。

(若林正恭)ちょっと、どうしたの?

(春日俊彰)「どうした」じゃないよ。

(若林正恭)いや、全然違うと思ってるよ。だから言ってるんじゃん。

(春日俊彰)全然違うよ。だから、全く違うものだから。「野球とサッカー、同じでしょ?」って言ってるみたいなもんだから。それはもう、こうなるでしょう? 「違うよ、それは!」って。

(若林正恭)いや、俺は何もしゃべってないのよ。

(春日俊彰)全然違うから。ねえ。気をつけてもらいたいよ。

(若林正恭)いや、こっちのセリフですけど。本当に(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました