スポンサーリンク

高城れに 自分の草野球チームを作りたい話

高城れに 自分の草野球チームを作りたい話 ザ・ラジオショー

ももいろクローバーZの高城れにさんが2022年7月4日放送のニッポン放送『ナイツ ザ・ラジオショー』に出演。自分の草野球チームを作りたいと話していました。

(高城れに)先ほどもちょろっとお話に出たんですけど。私、今すごく草野球チームが作りたくて。

(土屋伸之)草野球チームを作りたい?

(高城れに)以前、そういうお話もあったんですけど。春ぐらいに。だけど、なかなか予定が合わなかったりだとかして、まだ実現できてないので。本格的に始めたくて今、仕方がないんですよ。なので、団体のところはできないにしても、なんか本格的にコーチをつけてもらって。フォームとか、きっちりちゃんと習いたいなとか。あと、1000本ノックとかもやりたいなって。

(土屋伸之)1000本ノック!?(笑)。そんな本格的にやりたいんだ。今。

スポンサーリンク

1000本ノックを受けたい

(高城れに)はい。なので、草野球チーム、どうやって作ったらちゃんと実現できるんですか?

(土屋伸之)周りにね、野球をやりたいっていう人が少なくとも9人いないといけないけど。

(高城れに)そうなんですよ。なかなか集めるのが大変で。

(塙宣之)まあ、いれば余裕で作るっていうか。もうユニフォームを作っちゃえばいいんで。だから、もうチーム名を決めちゃって、ユニフォームも作っちゃって、もう全部形だけ決めて。

(土屋伸之)一応、塙さんもね、漫才協会の草野球チームを立て直したからね。ユニフォームを作ったりとかっていうのを10何年前にやって。

(塙宣之)暇だったからね。あのね、エスピークイックっていう、池袋にちっちゃいユニフォームを作るところがあって。そこでまず「ベースのカラーを何にしますか?」って。選べるの。俺、緑が好きだったから。「オークランドアスレチックスみたいなやつがいいです」ってなって。「それにしましょう」ってなって。あと、みんなに背番号は何番がいいかって聞いて。それであと当時、まだネットとかがあんまりなかったんだけど。練馬区役所まで行って。練馬区に住んでる団体、何人か集めて。グラウンドを全部取って……みたいな。それぐらい簡単なことだから。

(高城れに)いや、簡単じゃないですよ! 塙さん(笑)。

(塙宣之)あと、ホームページ作って。

(土屋伸之)ホームページに打率とかが勝手に自動計算できるやつとかを作って、やってたんだよ。

(塙宣之)それはバイきんぐ西村くんから教わって。昔、「行くぜ!」っていう草野球のサイトを作れるところがあったのよ。で、お金を払うとバナーが出なくなるんだけど。それを俺は自分でやって。漫才協会のホームページを自分で作って。それで試合が終わるでしょう? 試合が終わったらみんな、飲みに行くんだけど。俺はそれを早く更新したいの。早く打ち込んで打率をバーン!って出して。それ、1人でやってたよ、俺。

(高城れに)ええっ? 1人で全部やってたんですか!

(塙宣之)全部1人でやってたよ。楽しかったー!

(高城れに)チーム名も自分で決めたんですか?

(塙宣之)それはもうみんなで。ヤンキースにならって「浅草マンキース」って。今もあるんだよ。で、今なんか知らないけど、おぼん師匠が監督みたいな顔してやっているんだけど。俺が監督なんだよ。でもおぼん師匠に乗っ取られていて。

浅草マンキースのホームページ
東京都練馬区 野球チーム 浅草マンキース ホームページ(行くぜ!) イ 嫌な事でも    一日過ぎりゃ  いつか忘れて  いるものさ   ロ 老化現象    論づるよりは  老化防止の   廊下拭き    ハ 早寝、早起き  歯磨き、嗽い  話す言葉は はっきりと  ニ 二世か三世か 二階のあの娘 日本の...

(高城れに)じゃあ結構試合とかも?

(塙宣之)やっているよ。月に1回、かならずやっているよ。

(高城れに)ええーっ!

(塙宣之)一緒にやろうよ。

(高城れに)いいんですか?

(土屋伸之)作ったら、ぜひ。

(高城れに)先ほど、ノラさんもやる方だっておっしゃっていたので……。

(平野ノラ)私、球技大好きなので。ぜひチームに入れてください。

(高城れに)入れてください。私もぜひ仲間に。

(塙宣之)今、3人だね。吉田沙保里さんも入れてね。

(高城れに)吉田沙保里さんとノラさんと(笑)。

(平野ノラ)れにちゃんがでもね、リーダーとして立ち上げてくれたら絶対……。

(塙宣之)ノラちゃんの旦那もいるから4人。

(高城れに)ぜひ、お願いします!

(平野ノラ)うちの旦那、全然使えないから(笑)。「死ぬ」しか言わないから(笑)。

(塙宣之)チームカラーはピンクがいいの?

(高城れに)ああ、そうですね。野球ってなるとやっぱり……紫ですかね? 私のカラーの。

チームカラーは紫

(土屋伸之)紫のチーム、なかなかないもんね。野球だとね。

(高城れに)私、社会人野球も見てるので。

(土屋伸之)社会人野球も見ているの!?

(高城れに)伯和(ビクトリーズ)さんが紫のユニフォームなので。

(塙宣之)社会人野球も見てるの?

(高城れに)高校野球も、社会人野球も。

(平野ノラ)すごいなー。

(塙宣之)じゃあ毎年、楽しみでしょう? 日本一決めるやつ。

(高城れに)そうですね、楽しいです! はい(笑)。

(土屋伸之)でも、自分もやりたいと。でも、本格的だね。だってコーチを入れるって。

(塙宣之)だからコーチの人……誰がいるかな? 知り合いとかだったら、小関竜也さんとか紹介できるけど。

(高城れに)ぜひ!

(平野ノラ)そうですね。野球関係の人、取り込んだ方がいいですね。話が早いですよね。そうだよね。

(高城れに)私は本気なので!

(土屋伸之)高城GMが本気ですから(笑)。

(高城れに)本気なので。でも全然、楽しく野球ができれば。

(平野ノラ)楽しくやりたいよね! 試合、いつかやりたいですよね。

(高城れに)やりたいです!

(塙宣之)ノラちゃん、すごいスポーツ好きだから。

(高城れに)ノラさん、もし野球の試合をやるとなったら、ポジションはどこがいいですか?

(平野ノラ)ええっ? サード。

(高城れに)ああー、わかりますー!

(土屋伸之)肩、強くないと。

(平野ノラ)私、めちゃくちゃ肩が強いんで。なので、生かしたいですね。

(塙宣之)大変なのはショートだよ。ショートが一番活躍するから。

(平野ノラ)じゃあショートは吉田沙保里さんに(笑)。

(高城れに)そうですね(笑)。

(土屋伸之)いや、すごいよ。だってあの反射神経だもん。

サード平野ノラ、ショート吉田沙保里

(塙宣之)あと、いないの? 元プロ野球選手の知り合いとか。

(高城れに)いないです。

(塙宣之)芸能人になんか友達、いるでしょう?

(高城れに)あんまりいないんですよ(笑)。お友達が本当にいなくて。

(土屋伸之)そんな人が吉田沙保里さんとバッティングセンター、行く?(笑)。

(高城れに)吉田沙保里さんはすごく仲良くしてくださるので。お友達も増やしたいですね。

高城れに 吉田沙保里とバッティングセンターに通っている話
ももいろクローバーZの高城れにさんが2022年7月4日放送のニッポン放送『ナイツ ザ・ラジオショー』に出演。自宅で佐藤輝明のバッティングフォームを練習している話や、吉田沙保里さんと一緒にバッティングセンターに通っている話などを紹介していました。

(平野ノラ)G.G.佐藤だったら連絡取れますけども。

(土屋伸之)G.G.佐藤が?

(塙宣之)そうすると、元ロッテの清田も一緒に来ちゃうから、ややこしくなっちゃうな。

(土屋伸之)それは関係ないですよ(笑)。それはじゃあ、ちょっと。

(平野ノラ)面白くなりそうだね(笑)。

(高城れに)よろしくお願いします(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました