スポンサーリンク

ヤマザキマリ 山下達郎『Softly』肖像画を書いた話

安住紳一郎 山下達郎をラジオゲストに迎える緊張感を語る 安住紳一郎の日曜天国
スポンサーリンク

ヤマザキマリさんが2022年6月19日放送のTBSラジオ『日曜天国』の中で山下達郎さんのアルバム『Softly』のジャケット用に達郎さんの肖像画を書いた話をしていました。

(安住紳一郎)先週、ゲストが山下達郎さんだったんですけども。山下達郎さんの新しいアルバムのジャケットをお書きになったということで。ネットニュースなどにも巷間、いろいろ言われておりますけれども。本職は、こちらなんですよね?

(ヤマザキマリ)本当はだから油絵なんですよ、私は。本当は「画家」と名乗りたいんですけども、もう絵描きじゃ生きていけないですよ。お金にならないんでね。しかも私の専門っていうのは肖像画で、しかも14世紀後半から15世紀半ばまでのスタイルの肖像画っていうのが決まってるんですね。私の場合は。そうするとなんか皆さん、り日本の方には馴染みのない、ちょっと怖い感じの肖像画になってしまって。実はそこからレオナルド・ダ・ヴィンチのモナリザの微笑みだったりとか、そういう風に流れていくんですよね。その起源となったものですよね。

(安住紳一郎)当時、やっぱり肖像画のスタイルって決まってて。後ろが黒で、右側を向いていて……みたいな。

(ヤマザキマリ)様式はだいたいありますよね。その北方ルネサンスってところで始まったものを今度、イタリア人の画家がそれを真似をして……っていう。それがずっと流行ってたんですよ。でも私はそれがすごく好きで、ずっとその模写ばっかりやってて。先生からも「こういうのを専門でやれ」って言われて。ところが、そういう肖像画っていうのはそんなに需要がないんですよね。なかなか、こっちを見てニヤッと笑っているような顔を果たしてどれだけの人が飾りたいか?っていうのもあったんですけども。でも達郎さんは「そういうのがほしい」とおっしゃったんで「じゃあ、描きましょう」ということになったわけですけど。

(安住紳一郎)そうですか。

山下達郎との不思議な縁

(ヤマザキマリ)はい。そうなんです。でも山下さんとは本当に不思議なご縁というか、何というか、ございまして。山下さんって私、「いつから聞き始めてるんですか?」って聞かれた時に、これも嘘みたいに聞こえるんですが。私、小学校の時から聞いてるんですよね。私が10歳の時に当時、暮らしてた団地に、そこにうちの母が音楽家なので、タンノイっていうイギリスの立派なスピーカーが……なぜか団地であるにも関わらず、そういった音楽関係はお金がかかっていたんですよ。で、その「自分の持ってるレコードをそのスピーカーで聞かせてほしい」って言って、上に住んでる大学生はいつもいつもレコードを持って来るんですよ。そこに。

で、たぶん東京の人間だったと思うんですけど。帰ってくるたびにレコードを抱えて持ってきて。その中にシュガー・ベイブがが入ってたんですよ。それとか、あとはAOR系のものが好きだったんですけど。いっぱいそれがドサッと入っていて。で、私は当時、クラシック音楽でピアノもバイオリンもやっていたんですけど。割と軽音楽が好きだったんで。その時、聞いてたその達郎さんの音楽がその後、テレビでカバーされてるのを聞いて。「ああ、これはあの人の曲じゃない?」っていうのがあったんですね。

(安住紳一郎)へー! それで、今度はイタリアに行く時に飛行機の中で聞いていたのが?

(ヤマザキマリ)ああ、そうそう。その時は私、御茶ノ水の前にウィーンっていうクラシック音楽喫茶があって。そこでずっとアルバイトをしてて。で、出発するのが7月1日だったんですね。で、その前の日にお給料をもらいに行ったら、隣のレコード屋さんにズラッと『BIG WAVE』が並んでいて。「ああ、山下さんの新譜、出たんだ」ってそれを買って。それをカセットウォークマンに入れて。それでアエロフロートロシア航空でモスクワ経由でローマに入る時、ずっとその『BIG WAVE』を聞いていたんですよ。あのカリフォルニアとハワイの音楽を聞きながら、モスクワ経由でローマに行ったんですよ。で、ずっと私、ローマの遺跡をね、さっきも言ったように行きたくて行った場所でもないんで。もう涙が出るぐらい、ちょっと怖くて不安だったんだけど。あの『BIG WAVE』のテーマを聞いてるけど、なんか勇気が出てくるんですよ。「これから来るかもしれない大きな波を私は広い海原で1人待つ……これは私のことだ!」みたいな。そうなんです。そういうご縁がありまして。

(安住紳一郎)そんなご縁があるんですね。

(ヤマザキマリ)不思議ですね。

(安住紳一郎)それでは、その聞きながらモスクワ経由で行ったという、山下達郎さんの『THE THEME FROM BIG WAVE』をお聞きいただきましょう。

山下達郎『THE THEME FROM BIG WAVE』

<書き起こしおわり>

山下達郎『SOFTLY』肖像画をヤマザキマリに書いてもらった話
山下達郎さんが2022年6月12日放送のTBSラジオ『安住紳一郎の日曜天国』にゲスト出演。アルバム『SOFTLY』のジャケットに自身の肖像画をヤマザキマリさんに書いてもらった話をしていました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
安住紳一郎の日曜天国
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました