スポンサーリンク

安住紳一郎 後輩・蓮見孝之を語る

安住紳一郎 後輩・蓮見孝之を語る 安住紳一郎の日曜天国
スポンサーリンク
スポンサーリンク

安住紳一郎さんがTBSラジオ『日曜天国』の中で後輩アナウンサーの蓮見孝之さんについてトーク。「あずみ・はすみ」で名字が似ている問題について話していました。

(安住紳一郎)私も働いているここの放送センターには、私は「安住(あずみ)」なんですけども、他に「蓮見(はすみ)」くんっていう子とそれから「阿隅(あすみ)」さんっていう人がいるんですよね。なので、「はすみ、あずみ、あすみ」さんがいて。阿隅さんは報道部の記者の方かな。優秀な方なんですけどもね。あと、当然「泉(いずみ)」さんもいますからね。たくさんいますね。泉さんは。なので「あずみ、あすみ、はすみ、いずみ」さんがいて。ちょっと出先で間違われることもあったりして。

(中澤有美子)ああ、そうですか。

(安住紳一郎)他の方がお邪魔した地方のスナックのママからお礼のメールが私のところに届いちゃったりして。まあ、それは誰が行ったのかは知らないですけども。ええ。「あら? 俺、行ってないのにな……」ってね。「またお越しの際はぜひお待ちしています」なんて。俺も返信を書いていいのかな? なんて。いろいろね、郵便物が間違ってきたりね。

(中澤有美子)そうですねー。

(安住紳一郎)あと、蓮見くんが出先で仕事をしたりして。それで普段はね、「いや、それは蓮見です。私は安住ですから違いますよ」みたいなことを言ったりするんだけど、たまーに蓮見くんが……たまにじゃないな。失礼しました。

(中澤有美子)フフフ(笑)。

(安住紳一郎)蓮見くんがちょっとね、いい仕事をした時。「TBSの蓮見ですけども」みたいな音声が結構映像とかに残っていたりして。それをパッと聞いた人が「ああ、安住はこんなこともやっていたのか」ってお褒めの言葉を各所から頂戴いたしまして。「安住、なに? あれ、よかったよ」なんて言われて。「それ、蓮見なんだけど……」って思ったんだけど、一応その時だけは「はい、あれは僕ですね。ありがとうございます」って……(笑)。

(中澤有美子)「いただき!」(笑)。

(安住紳一郎)いただき!って(笑)。それだけはね、いただいちゃって。すいませんね……っていう。

(中澤有美子)フフフ(笑)。「すいやせーん」(笑)。

(安住紳一郎)すいません。「土曜日の朝、やってるんだって? 聞いてるよ。あれ、いいよ」なんて。「そうなんですよ。僕、ちょっと土日やってるんですよ」って。

(中澤有美子)アハハハハッ!

(安住紳一郎)蓮見孝之さん。土曜日の朝にやっていますからね。

スポンサーリンク

『蓮見孝之 まとめて!土曜日』

(中澤有美子)あら、まあ。それは大胆ですね(笑)。

(安住紳一郎)ちょっと大胆に。面白かった時ね。うん。

(中澤有美子)そんな……(笑)。

(安住紳一郎)……そろそろ蓮見くんも俺に言いたいこと、あるだろうね。

(中澤有美子)アハハハハッ!

(安住紳一郎)たぶん、そろそろあるはず。相当押し込めている。

(中澤有美子)ちょっとたまってきたかな?

(安住紳一郎)ちょっとたまってきてるよね。もう笑い話の域を超えているもんね。

(中澤有美子)アハハハハッ! いい時だけ。

(安住紳一郎)いい時だけ。そう。まあね、一応迷惑を被った時期もあるんだよ。「ええっ、あんな……あれはおかしくない?」「違うんですよ。よく聞いてくださいよ。あれは”はすみ”です。私がそんなことするわけないじゃないですか。違いますよー」って。

(中澤有美子)きっちりと言っていた(笑)。

(安住紳一郎)すごくよかった時だけね、「それ、俺ですね」って。ひどいだろうっていうことでございます(笑)。

(中澤有美子)アハハハハッ!

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました