スポンサーリンク

ハライチ岩井『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』を語る

ハライチ岩井『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』を語る ハライチのターン
スポンサーリンク

ハライチ岩井さんが2021年9月30日放送のTBSラジオ『ハライチのターン!』の中で『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』を見た感想を話していました。

(岩井勇気)収録日の今日、午前中に『ノンストップ!』に出まして。生放送。もう俺なんかがね、午前中のあんな爽やかな番組に出れるなんてね。もう、設楽さんがいてこそだよね。本当にね。バナナマンさんは俺を呼んでくれるからね。あの人たちは。だからもう感謝、感謝なんですけども。またVTRでね、俺は一応エッセイの宣伝みたいな感じで行かせてもらったみたいなところもあるんだけども。「岩井のことを知ったゲスト」みたいなVTRでまた坂下千里子さんに……。

(澤部佑)ああ、出た! 千里子さん!

(岩井勇気)恩人、坂下千里子さんがね。

(澤部佑)なるほど。嬉しいね!

(岩井勇気)嬉しいよ。岩井を……もう本当に昔から「尖った部分がいい」ってずっと言ってくれていた俺の恩人。「俺の芸能生活は坂下千里子さんのためにある」って思ってますけどもね。

(澤部佑)まあ、そんなことはないと思いますけどね(笑)。

(岩井勇気)そしたら千里さんがさ、VTRでね、「岩井くんはすごい昔からよくて」って言ってくれる。また。「ただ本当、最近なんですけど。岩井くん、テレビ向けの顔になっちゃって……もっと尖った顔でいてほしい」って言うの。もう本当にメジャーになっていくのを阻むファンね(笑)。

(澤部佑)そうね(笑)。

(岩井勇気)「よくないファンだな!」って思ったね(笑)。

(澤部佑)感謝しているんじゃないのかよ! ええっ?

(岩井勇気)それで設楽さんもCM中にさ、「岩井って本当、悪魔の顔してるからさ。本当、お昼向きじゃないんだけどね」って言うわけ。でもよく見たら、設楽さんもそうだからね(笑)。

(澤部佑)設楽さんも言ったらそうだからね。たしかにね。

(岩井勇気)悪魔みたいな人だからさ。それで、言ったの。「設楽さんもそうじゃないですか」って。そしたら設楽さん。「俺は本当にただのラッキーだから。めちゃくちゃラッキーなだけだから」って言ってたよ。なんか。

(澤部佑)そういう意味では。その観点ではそうなのか。

(岩井勇気)でね、それが終わってさ、フジテレビですよ。それで次が『おはスタ』のロケがあったの。俺、仕事的では。

(澤部佑)フジテレビ、お台場で終わって。

(岩井勇気)そう。テレ東の『おはスタ』のロケがあって。それが夕方からだったんだよ。で、それもまたお台場だったの。だから「お台場でちょっと空くな。どうしようかな?」って思ったんだけども、とりあえずお台場のアクアシティに行きまして。で、なんかアクアシティの中の地図を見てたら、なんか行くところもないから。なんかスタバがあって。レインボーブリッジが見えるような感じのところに。

で、パソコンを持ってたから、「ちょっと作業をするか。なんか書くやつをやるか」みたいな感じでさ、スタバに行って。で、コーヒーを買って。テラス席が空いていたからさ、テラス席で。そこもレインボーブリッジが見えるんだけど。それで最近、カメラを買ったんだよ。トイカメラ。

(澤部佑)なによ? トイカメラって。

(岩井勇気)おもちゃ。タカラトミーから出てるカメラなんだよ。液晶とか何にもないんだけど。チェキのフィルムを入れて撮って。回すところがついてて、グリグリ回すとそれが出てきて印刷されてるみたいな感じの、本当に簡易的な3000円ちょっとぐらいのカメラなんだけども。それ、なんかネットで見てていいなと思って買って。買ったばっかりでカバンに入っていたから「そうだ!」って思って。

「ちょっとレインボーブリッジを撮ってみよう」と思って撮ってみたんだよ。で、その場でグリグリやったら写真が出るんだけども。それをテーブルに置いて、そしたら浮かび上がってくるじゃないですか。で、それを見てたら本当にテラス席でコーヒーを飲んでパソコンを叩いててさ。で、カメラでレインボーブリッジを撮って……なんか、ヤベえなって思ってさ(笑)。

(澤部佑)ヤベえな! みんな、じっとりと感じてはいたけども。「ヤバいな」って。

(岩井勇気)「ああ、なんかヤバいな」って思ってね。急になんか冷めちゃって(笑)。

(澤部佑)カメラを持つ資格、ないよ!

(岩井勇気)俺、カメラを持つ資格、ないんだろうな。こんなところに気づいちゃうやつは。ダメなんだよね。で、テラス席にまた座ってたんだけど。斜め前の席で女の人がまたパソコンをやってたんだよ。で、なんかイヤホンをしながらZOOM会議みたいなのをやっていて、しゃべっていて。で、なんかしゃべってると気になっちゃうじゃん? で、「ああ、なんかしゃべっているな」って思いながらコーヒーを飲んでいたら、そのパッと目に入った画面。ZOOM会議みたいなやつ。そこでその女の人の自分の方向の画像が映っていたんだけど、確実に俺が画角に入っちゃってるのよ(笑)。

(澤部佑)ああ、なるほど。そんなこともなるか。

他人のZOOM会議の画角に入り込む

(岩井勇気)普通に俺、画角に入っているなって思って。気になっちゃうじゃん? 人のZOOM会議の画角に入っちゃっているなんて。嫌じゃん?

(澤部佑)嫌だよ。もしかしたら、気づかれている可能性もあるでしょ? 会議の他の人に。

(岩井勇気)もう会議に参加させられちゃって。「意見、求められたらどうしよう?」って(笑)。「岩井さん、いかがですか?」なんて言われて(笑)。

(澤部佑)「あの奥の岩井さん……?」って(笑)。

(岩井勇気)嫌じゃん、なんか。人のZOOM会議の画角に入るの。「嫌だな」って思って。すごい気になっちゃってさ。で、途中で気になりすぎちゃって。「これは落ち着かないわ」って思って。で、お店を出ようと思ってね。それでスタバを出たんですよ。「どこに行こうかな?」って思ったんだけど。「ああ、そうだ。アクアシティって映画館があるわ! 行ってみよう」って思って行ったんだけど。そしたら、何がやっているか、書いてあるじゃないですか。「なにを見ようかな?」なんて思って。一番いい時間、そこに行ってすぐ入れるような時間で『クレヨンしんちゃん』がやってたんだよね。映画の。「これだ!」と思って。好きだし。アニメだし。ちょっと見ようかなって。『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』っていうので。これがね、めちゃくちゃよかったんだよね!

(澤部佑)ああ、そう?

(岩井勇気)これはもう本当、澤部さんには見てもらいたい。

(澤部佑)ああ、本当ですか?

(岩井勇気)澤部さんの家、男の子が生まれましたし。で、もう幼稚園でしょう? これはもう、見てもらいたいね。めちゃくちゃいいんでね。

(澤部佑)『クレヨンしんちゃん』、好きだしな。

(岩井勇気)で、キャラメルポップコーンのLとジュースを買って。

(澤部佑)えっ、お前、キャラメルポップコーンのLを食うの? 女、連れている? 1人で?

(岩井勇気)言っておきますけど、お腹パンパンになっちゃうからね?(笑)。

(澤部佑)Lは行かないわー。

(岩井勇気)L、行っちゃってね。Lコンボみたいなのがあって。

(澤部佑)飲み物もLだ。

(岩井勇気)そうだよ。Lコンボだよ。

(澤部佑)腹パンパンになるな。

(岩井勇気)腹パンパンだよ。なんで俺、半分半分のやつにしなかったんだろうって思ったもん。塩のやつと。

(澤部佑)ああ、そうね。味ね。

(岩井勇気)で、その『謎メキ!花の天カス学園』ね。そのあらすじが私立天下統一カスカベ学園っていう、それで天カス学園って略す学校があるんだけども。小中一貫の全寮制のエリート学園なんだけど。そこにしんちゃん、風間くん、マサオくん、ボーちゃん、ネネちゃん。このいつもの5人が1週間、体験入学をするみたいな感じなの。まだ幼稚園生だからね。で、今回の話がまた風間くんフィーチャー回なわけ。風間くん回。

(澤部佑)ああ、たまにあるね。風間くん回。

風間くんフィーチャー回

(岩井勇気)これがね、本当に泣いちゃうわけ。で、しんちゃんたちは幼稚園生じゃん? で、これまたこの後、小学生になっていくわけ。しんちゃんたちっていうのは。で、途中でね、しんちゃんのママのみさえがスーパーに行くんだよ。そしたら風間くんのママと会うの。そしたら風間くんのママが「お受験する」みたいな話をみさえにするわけ。そうしたらみさえが「じゃあ小学校は別々ね」みたいな話になるのよ。その時になんかもう、テレビシリーズでさ、すっごいいつも楽しくさ、『クレヨンしんちゃん』って見ているじゃない? 俺らが小学生の頃からやっているじゃん。でも急に、「これが永遠に続くわけじゃないんだ」ってなんか思っちゃうんだよね。あれを見ると。

(澤部佑)ああ、昔から触れていたからね。

(岩井勇気)そこでもう胸がキューッてなってさ。本当にあの、なんか幼稚園の3年間なんてひと時の3年間なんだって思って。でさ、風間くんもそれに思うところがあるっぽいのよ。映画では。で、話が進んでいくんだけど。本編にこれ、あるわけじゃないんだけど。親からしてみたらさ、幼稚園で息子とか娘の同級生。仲のいい同級生と小学校でバラバラになるみたいなのってさ、途中でわかるわけじゃん。たぶん。

(澤部佑)そうね。

(岩井勇気)で、めちゃくちゃ仲いい子と小学校が離れ離れになっちゃう時って、なんか遊んでるのを見てやっぱり切なくなるわけ? これって。

(澤部佑)ああ、気になった? なるなる! 「この子と今、すごいしゃべってるけど、違うところ、離れ離れになるんだな」とかは思うよ。

(岩井勇気)それさ、なんか俺たちもさ、絶対にあったじゃん。離れ離れになった子だっているしさ。仲良かった子だっているし。でも別にさ、小学校の友達とかと仲良くなったらそんなにあんまり覚えてないわけじゃない? なんかそれを見て、その幼稚園のさ、子供とかを見た時ってどういう気持ちになるの?

(澤部佑)気になった? その感情を(笑)。

(岩井勇気)やっぱり、切ない?

(澤部佑)切ない。あとはだから自分たちはさ、覚えてないじゃん? で、小学校に行ったら忘れて小学校の友達と遊んでるけど。いざ今、娘とかを見ると、別れる時には手紙を渡したりとかさ。ある程度のなんかイベントというか、ちゃんと行われてるんだよね。だからやっぱり悲しさんももちろんあるんだろうな。

(岩井勇気)親から見たらめっちゃ切ないだろうなって思っちゃってさ。で、風間くんもさ、だから言ったらこのまま私立に行くとするでしょう? 風間くんが。で、エリートの子たちとさ、やっぱりたぶんみんな上品な子たちだから。一緒に遊んでる時にさ、なんかめちゃくちゃな遊びを昔、してたしんちゃんたちのことを思い出してすんのかなって思っちゃってね。風間くんが。

(澤部佑)ああー、あるね。

(岩井勇気)で、これ、テレビシリーズであるんだよね。風間くんの回が。「オラの心はエリートだゾ」みたいな回があるんだけども。それが、風間くんが学習塾に通っているの。で、その学習塾の子なんてさ、進学する子たちだから。やっぱりエリートの子たちなわけですよ。で、そのエリートな子たちと風間くんもエリートぶって一緒にいるんだよね。そうしている時に、しんちゃんが来るんだよ。で、風間くんはなんか、「あんまり友達と思われたくないな。しんちゃんと」みたいな気持ちが芽生えるの。

(澤部佑)周りの目もあるし。

(岩井勇気)でも、アイスかなんかを食いすぎて、風間くんが学習塾でウンチを漏らしちゃうわけ。それで「なんか臭いな?」みたいな感じになって。「うわっ、こいつ、ウンチ漏らしてるよ!」みたいな感じですごいいじられちゃって。もうなんか地位がガタ落ちしちゃうところにしんちゃんが来るんだよ。で、「なんか風間くん、ウンチ臭いぞ?」みたいになって。で、みさえも一緒にいるんだけども。そしたらみさえがパッと気付いて。もう何も言わずに「うちに寄っていきなさい」みたいな。で、しんちゃんの家に一緒に行ってお風呂に入れてあげたりするっていう回があるんだけども。それ、めちゃくちゃ感動するのね。

(澤部佑)いいねえ! これはお前の口から聞いただけでいいもん(笑)。もうすでにね。

案の定、ボロボロ泣く

(岩井勇気)で、その映画も案の定、やっぱりボロボロ泣いちゃって。最後、めちゃくちゃいいんだよ、これが! 本当に見てもらいたいんだけども。このしんちゃんと風間くんの関係性の最後の感じがすごくよくて。もう、途中から思うの。「こうなったら泣くだろうな」っていう感じになるから。「やっぱりなっちゃったじゃん!」って。

(澤部佑)もう今、ウルウルしてるじゃん。

(岩井勇気)泣いちゃってね。で、本当に泣きながら映画館を出て。で、『おはスタ』のロケに行ってね。サイボーグ戦士イワーイっていうキャラクターで。サイボーグなのに目を腫らしながら出て(笑)。

(澤部佑)感情を持ちまくっちゃって(笑)。AI発達しまくってる(笑)。

(岩井勇気)腫れた目のサイボーグがロケしていて(笑)。

(澤部佑)ちょっt感情がね。

(岩井勇気)「ああ、泣いちゃったな」って(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハライチのターン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました