スポンサーリンク

和田アキ子と千鳥『相席食堂』を語る

和田アキ子と千鳥『相席食堂』を語る ニッポン放送
スポンサーリンク

千鳥のお二人が2022年4月23日放送のニッポン放送『ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回』に出演。和田アキ子さんと『相席食堂』に和田さんが出演した際の模様を話していました。

(和田アキ子)『相席食堂』、『相席食堂』!

(ノブ)じゃあ『相席食堂』の話、しますか(笑)。

(垣花正)ちょっとノブさん、顔が曇ってますよ?(笑)。

(ノブ)いやいや、アッコさんに出ていただいて……。

(大悟)まず、もう出ていただいてありがとうございますですよね。

(和田アキ子)「まず出ていただいてありがとうございます」って、そんなコメントやなかったよ? 私が映りました。「和田!」言うたで? 自分、大悟。

(大悟)いや、それはアッコさん、そっちの方が、なんていうんですかね?

(ノブ)あのね、あの番組のコンセプトは「千鳥2人が食堂のテレビをぼやきながら見る」という……。

(和田アキ子)いや、コンセプトはわかってますよ?

(ノブ)あの……はい。だから、我々も素人に戻っているんですよ。

(大悟)アッコさんが出た瞬間に「うわっ、和田アキ子様!」って言いたいんですよ。気持ちは。でも、それを言うと視聴者の方たちが「ああ、千鳥はアッコさんを怖がってる。アッコさんっていうのは怖い人なのかな?」って思ってしまう。それではダメだなって思って出たのが……。

(和田アキ子)ああ、申し訳ないけどそんな意図は全然感じられない。素直に……。

(垣花正)食堂にいる2人がテレビを見てるなら、やっぱり忖度があってはおかしいですよね?

(ノブ)そういうことです。

(和田アキ子)それはわかるけど、誰が出ても「さん」をつけたりね。本当に。もうね、「ありの、ままの♪」って歌った子……。

(ノブ)May J.。

(和田アキ子)そう。あの子なんかめちゃ褒めちゃって。「May J.ちゃん、いいねえ!」とか。「八代亜紀さん、さすが! これがスターよ!」とかさ。

(ノブ)めちゃくちゃ見てくれてる(笑)。

(和田アキ子)私の時は「和田!」って。

(大悟)インパクトが……そのドーン!って出てきた瞬間のインパクトですよ。

(和田アキ子)だって私、あんまりしないんだもん。そういうロケは。

(ノブ)ああ、初ロケですよね。1人でロケは初めてだって。貴重な回を……。

(和田アキ子)それを大悟が「和田!」とかって言って。「ちょっと待って! 止めて!」って言うて。大悟が「和田!」とかって。ほんなら、だいたいノブが止めるやんか。「ギャラ、ナンボ払うてん!?」って。なんや、その話? 給料制じゃ!

(大悟)「給料制じゃ」(笑)。関係ないと。

(ノブ)めちゃめちゃ覚えてくれている。嬉しいです!

(和田アキ子)ただ、1回言おうと思ったけど、なかなか会わなかったから。で、他の人を見たらまだ人がおるところに行ってんのよ。私、おったの馬だけやで?

(垣花正)千葉県のいすみ市ですもんね。

(ノブ)電車に乗って、馬を見に行って終わりましたもんね。

(和田アキ子)終わった。雨の日。

電車に乗って馬を見に行って終了

(大悟)大変なロケを。ありがとうございます。

(和田アキ子)で、「美味しいお店がある」って行ったら「取材は拒否です」って。ホンマやで?

(大悟)行き当たりばったりで本当にやるんでね。

(和田アキ子)そうそうそう。私はそれしかなくて。あとはまあ、テレビで見てて。あれ、まあおもしろいのがおるなって。私、かまいたちとかやってんのあるやんか。華丸ちゃんとか。なんか決めたら100万円もらえるっていう。

(ノブ)はいはい。『華大千鳥』。

(和田アキ子)あれがもうめっちゃくちゃ、大悟と山内の掛け合いがもう大好きやねん。

(ノブ)そうですか。嬉しい。じゃあ、そちらの方にもまた……。

(和田アキ子)なんでやねん! なんでやねん!

(ノブ)あかんって。6連単にアッコさん……(笑)。

(大悟)ワシはええよ。ワシはまだちゃんとできるから。山内がもう、潰される!

(和田アキ子)フハハハハハハハハッ!

(大悟)引きずり回される(笑)。あいつはたしかに、限度を知らんから(笑)。

(和田アキ子)山内と濱家、私はあいつらに言うててんけども。全然、本当に売れてない頃。「この子、誰?」っていう時にNHKのBSでなんかご飯を食べに行くのよ。で、陰で言ってたんやけど山内が辛いもん嫌いなのに、行く家、行く家にスパイス効いたのがあって。それを無理やり食べてんの見てて。で、その時に「君らは頑張ってるな。そういうことから積み重ねで、いつか君らのご飯を味見する若手が出てくるで」とかって言って。そしたら、楽屋に挨拶に来てくれて。2人揃って。珍しく。それからずっと応援してるのよ。だから濱家が進行するのもすごい好きやん。

(ノブ)はいはいはい。ああ、じゃあ、もう決まりだ。

(大悟)わしらも『相席食堂』、すぐにでもな、挨拶に行きたかったのにな。

(ノブ)本当に!

(和田アキ子)目、見て話せ(笑)。

(大悟)なんか、いろんな大人たちがやっぱり遠ざけていくわけなんですよ(笑)。

(ノブ)俺らの気持ちはもう……。

(大悟)楽屋まで行ってました。

(ノブ)ホリプロの方まで行ってましたけど……。

(大悟)当然、当然。

(和田アキ子)長かったな(笑)。

(ノブ)長かったです。本当に。

番組後、すぐにでも挨拶に行きたかった

(垣花正)でもあの番組は本当にロケでしか出演しないから。なかなかトークができないのが難しかったですね。

(ノブ)しかも僕ら、結構言っちゃうから。ボロクソに言うので本当はご挨拶したいんですけど……。

(和田アキ子)いやいや、そうじゃなくても。だいたいそうじゃなくても、まあ最近はこのコロナもあるからやけど。あんまり会ってないよね。でも。

(ノブ)そうですね。僕ら、『アッコにおまかせ!』も出たことないですし。そうなんですよね。

(大悟)だから本当にその大阪の1回……。

(ノブ)あとあれ、覚えてないですか? アッコさん。日テレの音楽番組で一緒になったんですよ。加藤浩次さんと東野さんが司会した番組で。僕らがスタジオにいたんですよ。で、アッコさんゲストでトークしに来られて、そこで結構しゃべったんですけど。それも覚えてないですか?

(和田アキ子)ああ、なんとなく思い出してきたな。ああ、君ら、いた?

(ノブ)僕ら、スタジオいました。

(垣花正)アッコさん、C&Kさんが『愛の光』を歌って……っていう。

(和田アキ子)ああ、なるほど、なるほど、。C&K。2人組ね。はいはいはい。で、生で歌って。彼ら、1回間違って。そう。思い出した、思い出した。

(ノブ)言わなくていいんですよ(笑)。でも、ありました、ありました。そうだ。アッコさんは歌わずに、その曲を提供しに来たっていう。

(和田アキ子)だって彼らのあの高いキーで歌うと、すごいいい歌で。私が歌うより。いやー、なんかもっと会いたかったね。

(ノブ)その後に『相席食堂』に出てくださって。

(大悟)アッコさん、『ダウンタウンDX』でも会いましたよ?

(和田アキ子)嘘? どんな話、した?

(大悟)でもアッコさんも僕らも普通に話をして。志村さんの話かなんかになって。

(和田アキ子)本当?

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニッポン放送
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました