スポンサーリンク

ナイツ・中川家・サンドウィッチマン『M-1 2021』錦鯉を語る

ナイツ・中川家・サンドウィッチマン『M-1 2021』錦鯉を語る ニッポン放送
スポンサーリンク

ナイツ・中川家・サンドウィッチマンの皆さんが2021年12月21日放送のニッポン放送『漫才サミットのオールナイトニッポン』の中で、M-1グランプリ2021を振り返り。錦鯉のネタについて、それぞれの採点をもとに話していました。

(中川礼二)そんな感じもしますね。さあ、錦鯉。僕は96。塙さん94。富澤さん94。

(伊達みきお)高得点。

(富澤たけし)面白かったですね。

(塙宣之)優勝してますからね。

(伊達みきお)礼二さんがオズワルドと同じ得点ですね。

(中川礼二)これ、だいぶ迷ったんですけどね。でも、やっぱわかりやすさっていう。見た目のわかりやすさ。で、まあおじさんがコンパに行く。世代間ギャップ。もう一番わかりやすい。入りやすいかなと思ったんですけどね。

(富澤たけし)後半、結構盛り返してきてね。

(塙宣之)前半がやっぱりちょっとあんまりウケてなかったんですよ。もしかして、回転式(のせり上がり)だったから三半規管がやられてたのかなって。

(一同)フハハハハハハハハッ!

(富澤たけし)登場をする時にね。

(中川礼二)まさのりさんも50って言うけど、俺らも50やから(笑)。ものすごいおじいちゃん扱いしてるけど(笑)。

(富澤たけし)50であんだけ殴られてますからね(笑)。ビッタンビッタン殴られてますから。

(中川剛)湿った音で痛そうに……(笑)。

(塙宣之)あの「こーんにーちはー!」「こんばんはだろ!」もあれ、バカだから「こんにちは」のままでいいんですよね(笑)。そこも含めてバカだから、別にね。「こんばんは」じゃなくてもいいんですけどね。

(中川剛)バカなおじさんでいいですね。

(中川礼二)剛さんは何点?

(中川剛)僕は89ですね。

(塙宣之)低い! おおっ、出ました、色! この色がほしかった! いいですね。

(伊達みきお)なんでですか?

中川剛の採点:89点

(中川剛)いや、ちょっと最初の設定がほら、よくある設定やから。ありがちな。もう、さっき言ったように前半、ちょっと苦しそうやったんで。

(塙宣之)独特の点数ですね。モグライダー95からどんどん下がっていって(笑)。

(中川剛)いや、モグライダーはほら、トップバッターやから。ちょっと上乗せしてるところがあるから。

(塙宣之)それ、自分たちがトップバッターで優勝してるから、なんかあるんですかね。どこか(笑)。

(富澤たけし)トップバッターへの思いが(笑)。

(中川礼二)でもトップはホンマに条件が不利やからね。

(中川礼二)俺らの時なんてもう「ああ、かわいそうや」っていろんなところから聞こえてきたからね。審査員が言ってたから。「ああ、かわいそうや」って。聞こえるねん。

(塙宣之)89? 錦鯉? すごい。伊達さんは?

(伊達みきお)僕は97です。

(塙宣之)97、来た! ここで差が開きましたね。

(伊達みきお)まあ、テレビ的にもすごくハネてたし。いや、面白かったですね。

(塙宣之)やっぱり笑っちゃいました?

(伊達みきお)笑った。

(富澤たけし)「ヒーザッ!」って言ってましたからね(笑)。

(伊達みきお)いやー、面白かった(笑)。

(塙宣之)どっちかって言うと、系譜的には東京ダイナマイトとかサンドイッチマンさんとかと同じツッコミの系譜の感じしますよね。

(伊達みきお)渡辺くんが『実力刃』に来た時にもね、ハチミツ二郎さんとか僕の突っ込み方をちょっと勉強したみたいなことを言ってくれてたんで。

(富澤たけし)冷静に突っ込むっていうね。

(伊達みきお)そういう意味でも渡辺のツッコミは、いいね。

渡辺隆のツッコミ

(塙宣之)まさのりさんはまさのりさんで対象物がこっちの合コンの対象者でやるけど。隆さんは隆さんのままだから、やっぱりあのツッコミのままで行けるじゃないですか。2人ともコントに入っちゃうとなかなか難しいですよね。だからあれ、よかったですよね。

(伊達みきお)まあツッコミの間もよかったし。やっぱりそういうところを見ちゃうよね。ツッコミはね。

(土屋伸之)上手いですよね。なんかこう、長めの突っ込みを入れながら叩くタイミングとかも全部変えているんですよね。「○○だろ!(バンッ!)」っていう時と「(バンッ!)○○だろ!」っていう時とか。全部、ワンパターンにならないようにしてるんだなって。

(伊達みきお)ちょっと、あんまりラジオで机を叩かれると……聞いている人にね。

(土屋伸之)すいません(笑)。

(中川礼二)せっかくやっと乗ってきたのに……(笑)。

(塙宣之)『半沢直樹』を思い出すっていう。

(中川礼二)誰も思い出せへんわ。今から(笑)。

(塙宣之)点数、聞いてない?

(伊達みきお)ツッチー何点?

(土屋伸之)95点ですね。これ、最高得点になりました。

(塙宣之)オズワルドを抜いてね。

(土屋伸之)オズワルドを抜いて。感動がありましたね。やっぱり面白かった。腹がよじれるほど笑いましたよ、やっぱり。

(塙宣之)で、インディアンスとももは無しということで。

(土屋伸之)省略するなよ(笑)。

(伊達みきお)やろうよ、せっかくだから(笑)。

(塙宣之)時間的に、もうね(笑)。

(中川礼二)やりましょうよ、最後まで(笑)。

(伊達みきお)せっかくですからね(笑)。

ナイツ・中川家・サンドウィッチマン『M-1 2021』インディアンスを語る
ナイツ・中川家・サンドウィッチマンの皆さんが2021年12月21日放送のニッポン放送『漫才サミットのオールナイトニッポン』の中で、M-1グランプリ2021を振り返り。インディアンスのネタについて、それぞれの採点をもとに話していました。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニッポン放送
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました