スポンサーリンク

星野源とシソンヌじろう ハードロックとギターヒーローを語る

星野源とシソンヌじろう ハードロックとギターヒーローを語る 星野源のオールナイトニッポン

シソンヌのお二人が2021年12月14日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』に出演。リスナーからの質問「普段、聞いている音楽は?」について回答する中で、じろうさんが普段聞いているハードロックやメタルについてトーク。ギターヒーローについて話していました。

(星野源)(普段、聞いている音楽について)じろうさんは?

(じろう)僕はなんでも聞くんですけども……なにが多いかっていうと、やっぱりハードロック。メタルとかハードロックが……。

(星野源)ああ、そうなんですよね。人間椅子とかですよね。

(じろう)人間椅子とか、メタリカとか。

(星野源)ああ、メタリカが好きなんですね? あの、うちのディレクターの野上っていうのが元々、学生お笑い出身で。コンビを組んでて。そのコンビ名が「メタリカ」っていう、絶対につけちゃいけないやつで。

(長谷川忍)まんまちゃうやつですね? 普通はちょっともじるんですけどね。

(星野源)そうなんですよ。でも、全くもじらずに……なんていうか、グループの名前ってダメですよね? グランジとか、そういうのはわかるけどね。

(長谷川忍)まんまつけてたんですね?

(星野源)そうなんですよ(笑)。

(長谷川忍)すごいな。それは、あれですか? 周りの学生をバカにしてる感じだったんですか? 「メタリカなんて知らねえだろ?」っていう……そういうんじゃなくて?

(星野源)フハハハハハハハハッ! いや、純粋な気持ちでつけたっていう(笑)。

(長谷川忍)そこまで入っていたら恐いなって思って、今。はい。

(星野源)あと、割とハードロックの方ですか? メタリカっていうと。

(じろう)そうですね。ハードロックですね。学生時代、ギターを持ってないのに『YOUNG GUITAR』とかを買ってたんで。

(星野源)アハハハハハハハハッ! イングヴェイ・マルムスティーンとか?(笑)。

(じろう)イングヴェイ・マルムスティーンとか(笑)。で、当時から今も『BURRN!』とか『YOUNG GUITAR』とかあるんですけど。あの当時から表紙になる人が変わってないんですよ。ハードロック界って。「えっ、まだイングヴェイが表紙やってんの?」とか。

(星野源)フハハハハハハハハッ! わかるぅ~!

(じろう)それが、すごい好きなんですよね。なんか。

(星野源)いつ見ても、変わらないですよね。あのチリチリの髪の毛で。

(じろう)スタイル、変わらないですよね(笑)。

(星野源)もう永久に変わらないですよね。そうか、なるほどー(笑)。

いまだに表紙のイングヴェイ・マルムスティーン

(長谷川忍)そのシステム、おもろいな(笑)。

(じろう)その当時から、僕も進歩していないですけども。あれを超えるギタリストって今、出てきていないんですかね? あの人たちを超えるような……。

(星野源)たしかに。そのギターヒーローみたいな人って全然、生まれにくいですよね。なかなか、たしかに。

(長谷川忍)俺も、そうですね。レッチリぐらいで止まってますもん。ロックの。

(星野源)ヌーノ・ベッテンコートとか(笑)。

(長谷川忍)ぐらいで止まってますもん(笑)。

(じろう)今でも見ますもん。ヌーノの1人弾きのやつ。もう、ドキドキするんですよね。すごすぎて。

(星野源)すごいですよね(笑)。

(長谷川忍)速弾き、好きなやついたなー(笑)。

(星野源)練習したなー(笑)。俺、そのちょうどミスター・ビッグとかエクストリームとかが高1の時に……そのちょっと前に出ていて。普通にスコアとかでも全然出ているみたいな。だからそれが買えたし。みんなで回し見して、頑張って「トゥルトゥッ、トゥルトゥッ……♪」みたいにやって。

(長谷川忍)あのサイレンみたいな、なんなんですかね(笑)。

(星野源)もう全然できないっていう(笑)。

(じろう)僕もだからギターを持ってないのに、ポール・ギルバートの譜面、持っていましたから。

(星野源)アハハハハハハハハッ!

(長谷川忍)でも、読めないんでしょう?

ギターを持ってないのに譜面は持っていた

(星野源)読めない。意味もわかんないですよね。タブ譜とかも番号が振ってあるけど、みたいな。

(長谷川忍)ギター、持てばよかったじゃん。なんでギター、持ってなかったの?

(じろう)いや、ギターは買わなかったっす。なのに譜面だけかって。ポール・ギルバートの。

(長谷川忍)青森で。変なやつだな(笑)。

(じろう)「これがあの速弾きか」って(笑)。

(星野源)アハハハハハハハハッ! やっぱり世代的にも非常に……でも、なんかやっぱりそういうギターとか、ちょっと特殊な形だったりとか。なんかいろいろ不思議な色してたりとかして。なんかすっごいほしかったですもん。真紫のとか。

(長谷川忍)流行ってましたよね。それこそ、フライングVとかもすげえみんな好きで。フライングVっていう響きだけよく聞いてましたもん。速弾きがすごい好きなやつがいて。そいつ、すげえダサかったやつなんですけど、でもギターだけは大好きで。ミスター・ビッグとか、それこそ貸してくれるんですよ。CDを。だからそっちのロックなんかはちょこちょこは聞いてたんで多少、わかりはするんですけど。だから、いろんなのが学校にはいましたね。ヒップホップのやつも、ダンスのやつもいれば、ロックのやつもいて。僕らの場合はメロコアっていうのも流行りだしていて。

(星野源)ああ、そうですね。ちょうど、完全にそうですね。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました