スポンサーリンク

星野源 YOASOBIに武道館公演・空中浮遊時の注意点を伝える

星野源 YOASOBIに武道館公演・空中浮遊時の注意点を伝える 星野源のオールナイトニッポン

星野源さんが2021年11月30日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中で武道館公演を控えるYOASOBIのお二人に武道館での空中浮遊時の注意点を話していました。

(星野源)そして、あれですよ。武道館ですよね。初武道館?

(Ayase)はい。初武道館だし、初有観客ライブですね。

(星野源)いやー、そうですか。どんな気持ちなんだい? 初有観客ライブで武道館だっていうのは? なんか、見に行ったりしたことはあるんでしょう?

(ikura)はい。もちろんありますね。でも、やっぱり初めてお客さんの前で……それぞれ、ソロで活動しているライブ活動というのはしたことがあったので。お客さんを前にして歌ったことはもちろんあるんですけども。やっぱりYOASOBIとして、YOASOBIの曲をやるっていうのは……。

(Ayase)そしてこの規模のね。初めて。

(ikura)初めてなので、どんな風になるのか、やってみないとわからないところは……。

(Ayase)でも結構、めちゃめちゃ楽しみが強いかもしれないね。なんかこの2年ぐらいの活動でずっと「会えない、会えない」って。それでオンラインライブっていうのがあったので。ついに!

(ikura)もう待ちに待ったっていう感じで。

(Ayase)実際にファンの皆さんと会える!っていう感じなので、楽しみですね。

(星野源)そうだね。だって絶対、お客さんを前にしたら自然とテンション上がるもんね。

(Ayase)いやー、そう。自分たちがどうなるか、わからない。とんでもないことになっちゃうかもしれない。

(Ayase)「うわーっ!」ってなっちゃうかも……。

(星野源)「とんでもない」って(笑)。新たな(ikuraの)伝説が増えるかもしれない。たしかに(笑)。

(ikura)アハハハハハハハハッ! ちょっと気をつけないと……(笑)。

(星野源)もしもね、僕のリスナーの中で見に行く人がいたら、伝説を教えてください。ネタバレにならない範囲でね。

(ikura)皆さん、お手柔らかにお願いします(笑)。

(星野源)武道館はでもさ、そのステージをどう作るのか、わかんないけど。すごいお客さんが近く感じると思うので。ぜひ、その「遠くに飛ばさなきゃ」みたいな気持ちはそんなになく、楽しんでできるのではと思います。

(ikura)これ、本番前にこの言葉を聞けてよかったです。ありがとうございます!

(Ayase)僕らのゲストに来ていただいた時にもそういうお話、あったもんね。

(ikura)ねえ。そんなお話をしていただいて。

星野源 ライブで歌う際に意識することを語る
星野源さんが2021年6月15日放送のニッポン放送『YOASOBIのオールナイトニッポンX』に出演。YOASOBI・ikuraさんからに質問に対して、ライブで歌う際に意識していることを話していました。

(星野源)あと、僕じゃないんだけども。ニセ明さんっていう人が武道館公演でね、吊るされて。すごい高いところまで上がったんですよ。それがね、「死ぬほど怖かった」って言ったんで。フライングだけはやめておいた方がいいと思います。

(Ayase)怖いのと、あれは痛かったりもされたんですかね? ニセさんは。

(星野源)あ、そうだね。股が締め付けられる感じはすごいあったんで。そうなんです。

死ぬほど怖い武道館フライング

(中略)

(星野源)なのでぜひ、フライングはやめといた方が……っていう。なんていうか、フライングするとね、上の照明がすごい近くて。

(ikura)ああ、怖そう!

(星野源)横浜アリーナとかでのフライングとか、さいたまスーパーアリーナとかでは、本当にただただお客さんの上をファーッと飛んでる感じになるんですけど。武道館ってお客さんの上に行けないらしくて。ただステージ上で上にあがるだけで。それで横に移動したっていう。それで、照明が激近で怖かったんで。

(ikura)しかも、国旗がありますよね?

(星野源)でもそれは真ん中かな? だからそこはあんまり近くなかったんだけど。そうそうそう。なので、そこは大丈夫です。

(Ayase)ニセさんはいろんなことをされているんですね。

(星野源)でも、Ayaseくんが人知れず飛んでるところは見てみたいね(笑)。キーボードと一緒にガーッて飛んでいくのはちょっと見たいですけどもね(笑)。

(Ayase)めちゃくちゃ面白いな(笑)。

(ikura)ちょっと武道館、お楽しみにっていう感じですね。もしかしたらAyaseが飛ぶかもしれない。

(Ayase)まだ、時間はあるから。全然調整は効くからね。

(星野源)アハハハハハハハハッ! もうダメでしょ? タイミング的には(笑)。

(ikura)オープニングでバンッ!って。

Ayaseフライング案

(Ayase)この話を聞いてね、舞台監督の人とかがね、「それがあったか!」ってなるかもしれない。

(星野源)いやいや、ちょっともうやめてください。怖い、怖い(笑)。俺のせいになっちゃう。本当に普通にやってください(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました