スポンサーリンク

オードリー若林『100カメ』星野源スタッフの明るさを語る

オードリー若林『100カメ』星野源スタッフの明るさを語る オードリーのオールナイトニッポン
スポンサーリンク

オードリー若林さんが2021年11月5日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中でNHK『100カメ』を見た感想をトーク。星野源さんの現場スタッフの明るい雰囲気について話していました。

(若林正恭)で、『100カメ』ね。あれ、だから星野源さんのチームでナイス判断だよね。チーム感、あるじゃん? 源さんのラジオって。スタッフさんと。

(春日俊彰)もうずっと、それを見てたのよね。佐藤ミツと。さっき来て、佐藤ミツとずっと「いやー、いいチームだな……」って。ずっと。なんか当てつけかのようにずっと、「いやー、もう最高。いやー、この雰囲気がやっぱり放送に出るんだな。いやー、羨ましいな。いいチームだ!」って。ずーっと言っていて(笑)。「もう、無理だよ。うちのチームは」って思ってさ(笑)。

(若林正恭)で、俺はぼた餅ね。中村ね。ぼた餅がかなりNHKで撮った時にかなり使われてなかったのを知ってるわけじゃん? で、目の前でぼた餅が見てたのよ。前室で、ヅカと。それでなんか「ぼた餅、使われてねえのかわいそうだな。どんな気持ちで見てんのかな?」と思って見てたんだけどね。で、それでぼた餅、キャッチフレーズっていうか性格をさ、『100カメ』のスタッフさんがさ、人物相関図にして書いてくれるじゃん? フナサキさんのところは「明るい。元気」とかさ。

(春日俊彰)「○年目」とかね。

(若林正恭)で、ぼた餅のところには「ぼんやり屋さん」みたいに書いてあって。落合のところには「天然」って書いてあって。「ぼんやりと天然でやってんのか?」みたいな感じになるじゃない? でも、ぼた餅はオードリー、カリスマだから。学生時代から聞いてて。だから、でも俺たちってやっぱりおじさんだから、なんかわかるのよ。ぼた餅がその「殻を破る」っていう言葉があるけど。薄い殻に包まれてる人と、そうじゃない人って分かるじゃん。ぼた餅は殻を破っていないのを俺たち、お前とそんなに深い話をしてないけどわかるのよ。だからお前と酒飲むのは怖えなって俺、思っているのよ(笑)。破るから。たぶん(笑)。

オールナイトニッポンスタッフ相関図

(春日俊彰)なるへそ。で、その殻はそもそも破っていいものなのか?っていうのもあるしね。

(若林正恭)ぼた餅は破っていいと思う。で、破る時が来るのももうわかるから。そしたらガンガンね、「早く次に行ってください」って。どんどんどんどん石井ちゃん化していくっていうか(笑)。宗岡化、石井化していくっていうのがわかるから。

(春日俊彰)それはそうよ。時間の問題ではあるよ。

(中略)

(若林正恭)俺、だからバイトを若手……20代の時に7、8個やったけど。だから星野さんの現場、いいなってサトミツが言ってたんでしょう?

(春日俊彰)ずっと言ってたよ。

(若林正恭)あれね、星野さんのねチームってね、『激レアさん』に来ていただいた時もそうだけどね。あれね、スタイリストさんとかなのかな? みんな、明るいのよ。

(春日俊彰)ああ、じゃあラジオのスタッフだけじゃなくて? 星野さん周りのスタッフさんがみんなっていうこと?

(若林正恭)そう。で、『YELLOW MAGAZINE』っていうので対談してた時も、明るいの。なんかカメラマンさんも、スタイリストさんとかも。弾んで仕事してるの。で、俺はバイトを20代の時にいくつかやって。今、若くてバイト先の空気で悩んでる子がいたらあれだけどね。それはね、店長の空気だから。

(春日俊彰)なるへそ。

(若林正恭)店長がクソだとバイトってクソだからな!

(春日俊彰)フハハハハハハハハッ! やっぱりその中でのトップというか、中心の人が作るんだ。その場の雰囲気っていうのは。

(若林正恭)俺、その店長がすごいいいバイト……映画館のバイトの時に支配人がすごいなんか朗らかで明るくて。そのバイト、映画館のが一番長いんだけど。すごくね、楽しかったの。で、何のバイトとは言わないけど。「俺って何でこんなにダメなのかな?」って思っていたバイトがあったけど。あれは店長がクソだったね!

(春日俊彰)なるへそ(笑)。

(若林正恭)なんかね、店長がクソだった。クソの店長のところでバイトして、「自分のせいかも?」って悩むなよ。なあ、お前たち!

(春日俊彰)いいねえ(笑)。いいアニキラジオ、やってるじゃない(笑)。

(若林正恭)でも、ということはだよ、だからアライちゃんも「最悪だ」と思ってるかもしれない(笑)。

(春日俊彰)フハハハハハハハハッ! まあ、そうだね。私についてくれているマネージャーのチャンアライね。たしかに。

場の雰囲気は中心の人が作る

(若林正恭)ということは、俺たちも現場で……っていうのはあるかもしれない。だから、悪い方でやってたりするかもしれないよな。朗らかかどうかって言ったら、俺と春日は朗らかじゃないからな。どう考えても。

(春日俊彰)まあ、そうだね。それはだから、我々が作ってるっていうね。

(若林正恭)そうそうそう。

(春日俊彰)あるんだろうね。雰囲気、発しているものが。

(若林正恭)あるんじゃない? だからあれ、驚いたもんな。俺、だから本当に『ヒルナンデス』になじんだのがここ2、3年かな? だから、たぶん松本明子さんのスーパーでのモノマネに不合格を出し続けたあたりからなじんでるのよ。だから6、7年かかってると思うんだよね。

(春日俊彰)まあ、たしかにね。結構経ってるかもしれないね。あのスーパーのロケは。

(若林正恭)だから『あちこちオードリー』でも、先に話しちゃまずいんだけど。関根さんと『いいとも!』で3人で増刊号をやってた時があるのよ。アルタの屋上で。

(春日俊彰)そうよ。金曜日だったからね。我々。金曜日の生放送が終わった後、そのまま上に行って増刊号の収録を。

(若林正恭)真夏。直射日光の下で関根さんと3人で他の曜日の映像を見てしゃべるっていうの。あれ、すごいよな!

(春日俊彰)すごいことだよ。あれ、2009とか10ぐらいでしょう?

(若林正恭)で、あれよ。だからオンエアーを見てほしいけど。それで俺と春日って当時、関根さんと一緒だった曜日があって。なんかこうちょっとした大喜利っぽくなる時とかってあるじゃないですか。『いいとも!』で。で、マジで1回も滑ってるの見たことないねっていう話……コメントでも。それを春日とした覚えがあるんだよ。31、2の時に。で、それを関根さんに聞いたんだよね。で、『いいとも!』最長なんじゃなかったかな? 関根さんがね。

(春日俊彰)レギュラーをやられていたのがね。そうだね。20何年とかだよ。たしか。

(若林正恭)それで「何年目ぐらいからなじみ始めたんですか?」って聞いたら、驚きの答えだったよね! あれ、オンエアーを見てほしいね。

(春日俊彰)「ああ、そうなんですか!」って。

(若林正恭)「そうなんすか!」ってなったよね?

(春日俊彰)ねえ。いろいろと試行錯誤っていうか。

(若林正恭)でも、そう。俺は無理だな。だから現場を明るくする……南原さんがみんながリラックスしてできる空気を作ってくれてるっていうことだよな?

(春日俊彰)本当、そうよ。トップの人の空気だから。

(若林正恭)だから、そうなんだよな。月金をそういう風にやってるってことだもんな。

(春日俊彰)そうよ。チームが全部違うし、演者も違うしね。スタッフさんも丸ごと違うでしょう?

(若林正恭)だからお前なんかただ乗り、フリーライダーだよ。も一言もしゃべんねえでさ、Vにもあんまりコメントしねえしさ。とんでもないフリーライダー。『ヒルナンデス』のフリーライダー!

(春日俊彰)あんだよ、フリーライダーって?

(若林正恭)フハハハハハハハハッ!

(春日俊彰)まあね、たしかにね。乗らせてもらっているだけですよ。私なんかは。

(若林正恭)いやー、やらなきゃダメだよな。若い子は気難しいおじさんだと思って見る歳だから。俺らのことなんて。だからぼた餅も、「言わせてもらえば……」かもしれない。「オードリーさんがその空気で入るからですよ?」っていう。俺たちってほら、ブースに入る時に「トーク、練り上げてきました……」っていう感じで入ってくるじゃん?

(春日俊彰)そうね。「ああ、じゃあ今週もやろうか?」って(笑)。

(若林正恭)「やろうか? 林ちゃん、落合ちゃん、いいのね? 準備ね」。

(春日俊彰)「ああ、たのむね。じゃあ、行こうか」。

(若林正恭)「ああ……行くよ、今週も?」っていう感じで。ガウン着て入ってくるからさ(笑)。フードかぶってガウン着て……「いや、言わしてもらえばオードリーさんの空気ですよ?」かもしれない。星野さんを見てると。

(春日俊彰)まあ、たしかに。そうだね。うん。我々の責任も、それはやっぱりあるわ。

(若林正恭)で、お前はなんか部屋に1人でとじこもって。暗くしてさ、スマホのライトをスタンドに立ってて、そのライトだけでトークを考えてるじゃん。お前、正直。それ、よくないよ。あんなの。『いいとも!』にゲストで来た時のアヴリル・ラヴィーンか、お前?(笑)。

(春日俊彰)フハハハハハハハハッ!

(若林正恭)俺、びっくりしたよ。今、考えるとアヴリル・ラヴィーンに本番前、挨拶に行く必要ないんだけど。俺はアヴリル・ラヴィーンに挨拶しに行ったのよ。本番前に。そしたら真っ暗な部屋で瞑想してたんだから(笑)。アヴリル・ラヴィーンが座禅みたいなのを組んで(笑)。

(春日俊彰)あったねー(笑)。ねえ。ゲストで来た時、あったな。

(若林正恭)あったでしょう?

(春日俊彰)アヴリル・ラヴィーン、なんか聞いたなー。

アヴリル・ラヴィーン兼フリーライダー

(若林正恭)お前はニッポン放送のアヴリル・ラヴィーンであり、『ヒルナンデス』のフリーライダーなんだよ!(笑)。

(春日俊彰)なんだよ、そいつ(笑)。

(若林正恭)メディアのね。ちょっと俺らもなんか、朗らかにしていきましょうね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オードリーのオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました