スポンサーリンク

ラランド・サーヤ 武田鉄矢とのラジオ共演を語る

ラランド・サーヤ 武田鉄矢とのラジオ共演を語る 文化放送
スポンサーリンク

ラランド・サーヤさんが2021年11月5日放送の文化放送『ラランド・サーヤの虎視舌舌』の中で武田鉄矢さんと『もっと一緒に!ラジオde浜祭スペシャル』でラジオ共演した際の模様を話していました。

(サーヤ)ちょっとふつおたが来ているので読ませていただきたいと思います。「武田鉄矢さんとの番組、お疲れさまでした。思ったよりも普通にコンビネーションが取れていた気がします。個人的には鉄矢さんがニシダのことを『ありゃダメだ』と言ってくれたことがハイライトでした。金八も見放すニシダのクズっぷり。ある意味、お墨付きになったのでニシダの売りにした方がいいと思います」ということで。すごかったんですよ。私、すんごいもう、大変だったんですから(笑)。

(北本かつら)たしかに、僕もそばにいましたけど。大変そうでした。サーヤ氏が。

(サーヤ)あれ、まだちゃんと聞けてないんですけども。自分では。あれって、スポンサーのくだりってどうだったんですか? 使われていたのかな?

(北本かつら)あそこ、使われていましたよね?

(サーヤ)一部、カットされているんだ。

(北本かつら)一部、ちょっとカットされていましたけども。使われていましたよ。

(サーヤ)ここでは言えないようなことを言ってましたよ。ちょっと、あれですけど。なんとも言えなくて申し訳ないけども。すごかった。

(北本かつら)あれはサーヤさん、大変でしたね。

(サーヤ)だって最初、私の顔を見るなり「お前、肌ツルッツルだね。高崎のダルマじゃねえんだから」って(笑)。人生でそんな縁起のいいものにたとえられるとは思わなかったですね。高崎のダルマはでもデカいんで。もしかしたら悪口かもしれないなって思いながら。巨大なダルマとかもありますからね。高崎は(笑)。「そんなことを言うんだ?」って思いながら。びっくりしました。

「高崎のダルマじゃねえんだから」

(北本かつら)「朝はもうババアしか聞いてねえからな」って言ってましたからね(笑)。

(サーヤ)「スタッフもジジイとババアしかいねえんだよ。あんたんところはスタッフ、若いじゃない? サーヤ」って。「ニシダはね、あいつはありゃダメだね」って(笑)。もっとなんかためになることとかを言って、更生させるモードにすらならないっていう。ニシダを見て思ったって言ってくれました。

(北本かつら)「相方に恵まれてないな」って(笑)。

(サーヤ)「ありゃダメだ。おしまいだ。ありゃダメだ」ってオープニングからいきなりニシダ批判から始まってね。で、高崎のダルマでしたから。いや、すごかったですよね。ただ若いだけっていうね。いや、面白かったですよ。

(北本かつら)面白かったですね。シモネタとかも言ってましたしね。

(サーヤ)全然、だからリスナーの方からもらった相談メールに答えていくっていうので。厳しく行くモードと優しいモードで選べますよっていうのでやっていたんですけども。基本は全然厳しかったですよね?

(北本かつら)全然厳しかったです。「俺は厳しいの、苦手だ」とか言いながら。

(サーヤ)「俺ね、あんまり言えないんだよ。相談に乗ると、やっぱり気持ちが移っちゃってさ」なんて言っていたけど、めちゃくちゃ言ってましたからね。なんか高校生の柔道部の子からお便りが来て。「自分は3年から、最後の大会だから。自分が主将なのでメンバーに入りたいけども、でも俺が一番弱いんです。だから希望のある後輩を入れるべきか、自分が最後、思い出づくりに入るべきか。どうですか?」って聞いたら「武道なんかレベルがもう決まっているんだから。弱いやつは勝てるわけがないんだから」って。

(北本かつら)「ドラマみたいな逆転はねえ」って言ってましたよ(笑)。

(サーヤ)「ドラマじゃないんだよ。あれ、恥ずかしいんだよ。人前で投げられるの。俺、柔道やっていたんだよ。身を引け」って言って(笑)。すごい厳しいモードで答えていてびっくりしました。面白かったですね。

(北本かつら)いやー、変なメール……普段のこの『虎視舌舌』とはまた違うメールでしたね。双子のお姉さんのとか、独特でしたよね(笑)。

(サーヤ)女性の方で。「自分は双子なんですけども。双子の妹の方が彼氏ができて。その彼氏と会うと、(一卵性双生児なので)『こいつは私の裸も見ているんだよな』って思う。体の作りが完全に一緒だから。『こいつに自分の裸も見られているみたいで、すごい嫌だ』ってなるんです」っていう相談メールが来てね。ああ、ここはカットされている部分?(笑)。でも、すごい内容ですよね。「たしかに」って思って。

(北本かつら)独特な悩みだなって思いましたよ。

(サーヤ)そういうのも……しゃべりまくりましたもんね。結構。ああ、半分もカットしたんですか?

(北本かつら)だって1時間の番組で2時間ぐらいしゃべってましたよ。2人で。

(サーヤ)で、とにかく巻いて帰ろうとしていましたよね。鉄矢さん。ずっと……ねえ。

(北本かつら)「メールなんか2枚ありゃ十分だよ」とかって言って(笑)。

(サーヤ)ブースの方を見て「もういいでしょう? いいよね、ここも? これ、いいよね? はい、ありがとうございました。はい、ありがとうございましたー」って言って帰っていって(笑)。もう最高でしたね。

(北本かつら)まだ聞けるんじゃないですか?

(サーヤ)まだ聞けます。ぜひ皆さん、Radikoかなんかで聞いていただければと思います。すごかったです。最近は鉄矢さん、「人という字は人と人とが支え合っているわけではない」って言っているらしいですよ(笑)。ちゃんと、その漢字の由来を学者さんから聞いたら違ったので。「人と人とが支え合っている漢字ではありません」っていうTシャツを作っていました(笑)。もう大トガりです。すごいですよ。

(北本かつら)トガッてたなー。最後、しっかり自分の出している商品の宣伝もして帰りましたからね。

(サーヤ)なんかいいなって思いました。私、鉄矢さんは何回かお会いしているんですけども。1回、カラオケバトルで男女のユニットみたいなので……一緒に同じチームで男女のデュエットソングを歌うっていう対決に出て。他にもいろいろな人がコンビを組んでやるやつがあったんですけども。鉄矢さんと私が組んで『男と女のラブゲーム』を一緒に歌ったことがあるんですよ。

(北本かつら)フハハハハハハハハッ!

武田鉄矢とカラオケバトル出場

(サーヤ)「男と女のラブゲーム♪」って。で、その曲に決まって、私はその曲を知らなかったので。で、一生懸命練習して。1人でカラオケに行って毎日練習をしていたら、最後は98点ぐらい出るようになったんですよ。で、「これでやっと鉄矢さんの足を引っ張らずにちゃんとできるな」って思って。それで当日、歌ったら音程のバーが全部、きれいにぴったりなっていて。「よしよしよし! 練習通り、ぴったり行っているわ!」って思って。それで鉄矢さんの番になったら全部バーが外れて。もう歌いすぎていて、ライブバージョンの感じなんですよ。

(北本かつら)ああ、なるほど。クセを入れちゃっているやつですね。

(サーヤ)「のみすぎたぁのぉわぁ~~~ん♪」みたいな(笑)。アレンジですよね。いわゆる。まっすぐ歌うっていうよりかは……本当はたぶんすごいそれが今の鉄矢さんのベストだし。聞いていてすごいかっこいいんですけど。バーが全部ずれて。私がめっちゃきれいに合わせていて。どっちが正しいんだ、みたいな雰囲気になって(笑)。

(北本かつら)味はあるんですね?

(サーヤ)そう。味はすごくあるし。絶対に今の方がいいと思うんですけども。というのがあって。「いやいや、バーを見ろよ」って思いながら一緒に歌ったっていうことはあったんですけども。それ以来だったんで。

(北本かつら)またなんか、1年後ぐらいに特番をやってもいいかもしれないですね。

(サーヤ)そうですね。なんかもう1回、お会いしてやりたいなって。

(北本かつら)完全版を皆さんに聞かせたい。本当に2人が2時間、しゃべりまくりで面白かったんですよ。

(サーヤ)面白かった。だって他が96点とか97点とかで競っているのに、うちらは78点で敗退しましたからね。1次予選で。鉄矢とサーヤで78を出して敗退しましたから。めちゃくちゃ恥ずかしかったですよ。

(北本かつら)語呂はいいんだけどな。鉄矢サーヤで。

(サーヤ)結果だけバッと出たら絶対に私のせいだと思われるじゃないですか?

(北本かつら)思われちゃいますよね。プロの歌詞なわけだから。

(サーヤ)そう。「違うよ? 鉄矢だよ? 鉄矢がずれていったんだよ」っていうのは、はい。言いたいですけどね。本人に言うかどうか、迷いましたけども。機嫌を損ねられて1時間、潰れてもダメだなって思って。やめちゃったんですけども。そういう日もありました。

(北本かつら)意外に芸能のお笑いの話もしていましたよね。

(サーヤ)してましたね。関西芸人の人たちには太刀打ちできないみたいなことを。

(北本かつら)紳助さんとダウンタウンを大絶賛していましたね。

(サーヤ)「あれはテンポがさ……」とかって言って。「楽屋で自分より目立つやつがいて気に食わなかった」って。紳助さんとダウンタウンさんの話もね。これは使われているんですよね? ああ、これは使われてますね?

(北本かつら)「東野の目がムカつく」って(笑)。

(サーヤ)「目つきが嫌い」っていうシンプルな悪口ね(笑)。あんなに朝、番組をやっている方が普通の悪口を言うのはやっぱり面白いですよね。「俺、あいつの目つきが嫌いなんだよ」って(笑)。

(北本かつら)「実力があるのはわかるんだけど、目つきが嫌いなんだよな」って(笑)。

(サーヤ)いいですよね。鉄矢さんの悪口って本当にただの悪口でいいですよね。気を使ってなくて。聞きやすいっていうか。本性だなっていう感じがしますけども。

(北本かつら)笑っちゃったなー(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
文化放送
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました