スポンサーリンク

R-指定 神門『ツイート』を語る

R-指定 神門『ツイート』を語る Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

R-指定さんが2021年11月2日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』の中で神門さんの『ツイート』を紹介していました。

(R-指定)それでは、楽曲紹介。日本語ラップ紹介をしましょうか。ちょっと今回はね、神戸のラッパーの神門さんっていう。何曲かこのラジオでも書けましたけども。

(DJ松永)素晴らしいラッパーですよ。

(R-指定)そう。新しいアルバム『半袖』というのがすごくて……。

(DJ松永)いつ出たの?

(R-指定)これはね、今年。しかも最近です。

(DJ松永)結構さ、毎アルバム、ボリュームっていうか、作品の重さ、半端じゃないけども。結構なペースで出ているよね。

(R-指定)いや、すごいし。日常を切り取ることでこんなにすごい作品になるんやっていうのを神門さんは毎回見せてくれるし。今回も「えっ、それをテーマに扱って1曲にできるんや!」って。たとえば、『L1歩行』っていう。これなんかは道端ですれ違う人がお互いに道を譲ろうとしてディフェンスし合うみたいになるっていう。それだけで1曲、作るのよ。

(DJ松永)ええっ!

神門『L1歩行』

(R-指定)そこの……だから普通にアーティストとしての葛藤とかの曲もあるけど、日常を「ああ、こんな視点で切り取るんや」っていうことで日々が豊かに見えてくる。それが最近の神門さんの作品の特徴で。

(DJ松永)それってさ、もう作詞能力が要はクソエグいっていうことだよね?

(R-指定)もうね、ちょっと飛び抜けてますね。「作詞」っていう面では。「ラッパーってこんだけのトピックを扱えるんや」っていう。で、俺は、結構ラッパーがTwitterでなんか言うのはもったいないなって思う派なんですよ。「それ、リリックで聞きたかった」みたいな。ただ、「ああ、そっちの考えっていうのもあるんや」って思った曲があるんで。ちょっと聞いてほしいんですけども。神門さんのまさしく『ツイート』っていう曲なんですよ。

(DJ松永)へー!

(R-指定)そのツイートに関しても1曲、そのツイートで曲を作るんや、みたいな。その、「ラッパーがツイートでなんか言うな」とか「Twitterしている暇があったら……」っていう1ラインで収めるんじゃなくて、そこにラッパーとTwitter。ひいては人間とTwitterとの付き合い方とかっていうのを「そこまで多角的に見て1曲にできるの?」みたいな。で、その中で出てくるフレーズとかが今のいろんな価値観をアップデートさせていかなあかん。いろいろと世の中が変わっていくことに対しても神門さんの視点で言っていて。結構俺は「ああ、そういういろんな角度から見てやっとこの言葉にできるんやな」っていうのを思いましたね。ちょっと聞いてほしいです。神門さんで『ツイート』

神門『ツイート』

(R-指定)という楽曲なんですけども。

(DJ松永)なるほどね。そういうことか。

(R-指定)なんか『ツイート』とは言っているけども、1個の表現への意思表示やったりっていうことをこんだけ、すごい大切に扱っている人やからこそ、そんだけのいろんな目線から見れるっていうか。そうですね。「アップデートにかかる時間は許容しない」とかそういうラインとか。「傷つかない世の中はは傷つくことを忘れる」とか。こういうひとつの出来事を……変わっていくことの良さと、でもその変わっていく先にあるものみたいなところまで見て。

全楽曲がそういう目線でつづられているんですよね。だからすごい日常の小さいところからこういう風に広げていって1枚のアルバムにするというこの手腕。その目線の豊富さ。だからどれがいいとは言わず、とにかくいろんな角度からひとつのものを見て歌う。これは、こういう人がいると背筋が伸びますよね。

(DJ松永)たしかにな。ずっと曲が作れるんだろうな。こういう人は。

(R-指定)神門さんの『ツイート』でした。

<書き起こしおわり>

R-指定 神門『半袖』を語る
R-指定さんが2021年11月2日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』ミクチャ限定アフタートークの中で神門さんのアルバム『半袖』について話していました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました